2022年6月30日 (木)

陸にもいるイタリアのハマダンゴムシ

ハマダンゴムシ科Tylidaeは2属に分かれる。

ハマダンゴムシ科
┣ハマダンゴムシ属Tylos
Helleria


ハマダンゴムシ属はすべて海岸にいるダンゴムシである。

Helleria属は Helleria brevicornis だけからなる属で、海岸から離れた所でも見られる珍しいハマダンゴムシである。


Helleria brevicornis はイタリアのコルシカ島、サルデーニャ島、トスカーナ群島とイタリア本土、フランス本土の一部にいる。

腐葉土の中に穴を掘って生活する。


他のダンゴムシやワラジムシと違って、ハマダンゴムシは生涯で一回だけ繁殖する、貯精嚢がないので繁殖脱皮のとき交尾しないと卵が受精しない、繁殖前ガードをするなどの特徴がある。

Helleriaの呼吸器の白体の構造はハマダンゴムシ属や他のダンゴムシと違う。


遺伝子解析によると4つのグループに分かれ、コルシカ島とサルデーニャ島は遺伝的に少し違うらしい。

本土とトスカーナ群島のHelleriaはコルシカ島の個体と遺伝的に同じなので、人為的な持ち込みの可能性があるらしい。

Gentile G, Campanaro A, Carosi M, Sbordoni V, Argano R. 2010. Phylogeography of Helleria brevicornis (Crustacea, Oniscidea): Old and recent differentiations of an ancient lineage. Molecular Phylogenetics and Evolution, 54(2), 640-646.


wikipediaがすごく詳しい。

https://en.wikipedia.org/wiki/Helleria_brevicornis

| | コメント (0)

2022年6月 9日 (木)

ヘラムシは体の色を周りと合わせるらしい

ハマダンゴムシはいろんな色があっておもしろいと常々思っている。

土と生き物というブログに、黒い砂浜に黒いハマダンゴムシがいたというページがあった。

周囲の色で自分の色を変えるのかな?



似たような話は等脚類の保護色の研究はヘラムシで見た。

ヘラムシは赤の色素カンタキサンチンと緑の色素結合タンパク質を持っていて、それぞれの色素の割合によってヘラムシの体の色が赤~茶色~緑になる。

海藻や海草にくっついて、βカロチンなどから色素を合成することで体色を変化させ周囲の海藻に合わせるらしい。

実験でも保護色により食べられにくくなることがわかっている。



そういえばNosilのナナフシの色と生態の話がとてもおもしろかった。





フナムシの腸に寄生するカビ、フナムシヤドリ

海岸にいるフナムシの腸内に寄生するカビの話を読んだ。

陶山 舞, 高木 望, 出川 洋介, 佐藤 大樹, 折原 貴道, 神奈川県におけるフナムシ腸内寄生菌フナムシヤドリ(新称)Asellaria ligiae の生息状況, 神奈川自然誌資料, 2021, 2021 巻, 42 号, p. 53-56

神奈川県のフナムシの後腸から新種の腸内寄生菌フナムシヤドリを見つけている。

Asellaria属は等脚類の腸内から採集される菌らしい。


ハマダンゴムシのHelleria属の腸内に寄生するカビもいるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2022年5月31日 (火)

日本のヒメフナムシは何十種もいるみたい

日本のヒメフナムシ属は大きいヒメフナムシ(第1胸節の後方の剛毛の束がない方)と小さいチビヒメフナムシに分けられる。

超珍しいフナムシ、チビヒメフナムシ: だんだんダンゴムシ

「日本産土壌動物 第二版: 分類のための図解検索」によると、大きいヒメフナムシは北海道、本州、四国にはニホンヒメフナムシがいて、山陰地方と九州にチョウセンヒメフナムシがいて、南西諸島にリュウキュウヒメフナムシがいて、この3種はオスの第2腹肢内肢の形で見分けられる。



しかし、日本のヒメフナムシは何種いるか調べた最近の研究がこれを修正しようとしている。

Harigai W, Saito A, Suzuki H, Yamamoto M. 2020 Genetic Diversity of Ligidium Isopods in Hokkaido and Niigata, Northern Japan, Based on Mitochondrial DNA Analysis, Zoological Science 37(5), 417-428. https://doi.org/10.2108/zs200017

画像の埋め込み

Yoshino H. Kubota K. 2022 Phylogeographic analysis of Ligidium japonicum (Isopoda: Ligiidae) and its allied species reveals high biodiversity and genetic differentiation in the Kanto region, Japan. Entomological Science, 25: e12501. https://doi.org/10.1111/ens.12501

画像の埋め込み

何百匹ものヒメフナムシを調べている。


2つをまとめると

・ニホンヒメフナムシの生息域は北海道と新潟(北海道から持ち込まれた国内外来種の可能性あり)で、他の地域では採集できない。

・本州にはニホンヒメフナムシの近縁種が7種いて、ほとんどが形態で見分けられない。

・他にもニホンヒメフナムシと近縁でない隠蔽種が多数いる。(2つの論文を照らし合わせていないので何種かわからない)

・これらが一地点から何種もとれる。(例:新潟県阿賀町新谷は20匹から5種、千葉県君津市鹿野山は9匹から3種)

・同じ種でも場所ごとに遺伝的に分化していることがある。(もはや別種?)



見た目が同じ別種が想像を絶するほどいるようである。

未調査の場所もかなり残っているから、日本だけでヒメフナムシは50種ぐらいいるかも?

数十キロどころか数キロ移動しただけで種が違うのは恐ろしすぎる。

しかも一ヶ所から多数の種がとれる場所が多くて、高い割合でとれる普通種と非常に低い割合でしかとれない珍種が混ざる(しかも形態で区別できない?)という魔界が広がっている。


ヤバいものを見てしまったが、海岸のフナムシの研究を見返したらこっちは闇が深くなかった。



ヨーロッパのオカダンゴムシ、ホソワラジムシ、クマワラジムシなどは遺伝子解析で種を整理する研究が進んでいる。

同じ形態のホソワラジムシの集団が遺伝的に分かれ、互いに交尾もしないという研究もあった↓

Lefebvre F, Marcadé I. 2005 New insights in the Porcellionides pruinosus complex (Isopoda, Oniscidea): biological, behavioural, and morphological approaches. Crustaceana, 465-480.



捕まえたダンゴムシやヒメフナムシを他の地域に放してはいけない、ということがよくわかる。

下手すると地域固有の種がいなくなる原因になるかもしれない。





どうでもいい話

オオグソクムシとウミクワガタの研究者の話を読んだ。おもしろかった。

http://hotozero.com/knowledge/animals_001/

http://hotozero.com/knowledge/animals_008/



筆者の職業がフリーライターとあった。

今までの人生で一切かかわった事のない職業すぎて、どういう人なんだろうとか食っていけるのかとか考えてしまう。

| | コメント (0)

2022年3月22日 (火)

ハヤシワラジムシ科3属の見分け方

以前書いた外来ワラジムシの見分け方が人気ページになっていた。

ワラジムシ、ホソワラジ、クマワラジ、オビワラジの見分け方: だんだんダンゴムシ


今回は在来種のワラジムシで一番よく見るハヤシワラジムシ科の属の見分け方について書いてみた。

ハヤシワラジムシ科は3属が日本にいる。

ハヤシワラジムシ科 Agnaridae Schmidt, 2003
┣ヒナワラジムシ属 Agnara Budde-Lund, 1908
┣オオハヤシワラジムシ属 Lucasioides Kwon, 1993
┣ヒトザトワラジムシ属 Mongoloniscus Verhoeff, 1930



ハヤシワラジムシ科とハクタイワラジムシ科は腹肢に5対の白体があるが構造に違いがある。

ハヤシワラジムシ科とハクタイワラジムシ科の違い: だんだんダンゴムシ



ハヤシワラジムシ科3科の見分け方(議論の余地あり)


ヒナワラジムシ属 Agnara

オオハヤシワラジムシ属より体が盛り上がる。胸節の側縁部にgland poreがある。頭部の前方中心は三角だが尖らず円く、側方の眼の前方は出っ張り強かったり弱かったりする。第1胸節の側縁は外側へ張り出さない。胸節のnoduli lateralesは全て側方に位置し、第1胸節から第7胸節にかけて一直線に並ぶ。オスの第1腹肢外肢の先端にへこみがない(浅いへこみがある場合あり)。
Imgp1581
千葉県の清澄山
Photo_20220507230701
軍荼利山

日本の種は他の属と比べ最大7mm程度と小さいが、外国では1cm程度の種もいる(Agnara taprobanicaなど)。


オオハヤシワラジムシ属 Lucasioides

Kwon 1993によると

他の属より体が平たく、背甲はゴツゴツ。胸節の側縁部にgland poreがない。頭部の前方中心は三角に出っ張り、側方でも眼の前方へ強く突出する出っ張りがある。第1胸節の側縁が外側へ張り出し、例外もあるが後方が曲がりくねる。胸節のnoduli lateralesは第2-4胸節ではより中心側に位置する。オスの第1腹肢外肢の先端に浅いへこみがある。
2_4
愛媛県
Photo_20220507232701
千葉県市原市

1cm程度の大型種から5mm程度の小型種まで見られる。

様々な環境に分布する。


ヒトザトワラジムシ属 Mongoloniscus

オオハヤシワラジムシ属より体が盛り上がり、背甲はゴツゴツ。胸節の側縁部にgland poreがある。頭部の前方中心は三角に出っ張るがLucasioidesほどでなく,側方の眼の前方への出っ張りも弱い。第1胸節の側縁は外側へ張り出さず後方側縁部は円い。胸節のnoduli lateralesは全て側方に位置するが、一直線に並ぶ場合と並ばない場合がある。オスの第1腹肢外肢の先端に深いへこみがある。
Imgp1986
神戸
Photo_20220507232201
千葉県夷隅川の周辺




胸脚や第2腹肢内肢に違いがあると書いてあるものもあった。

オスの第1腹肢外肢の先端のへこみ具合については難しい。

noduli lateralesの位置についても難しい。


Do Heon, K. (1995). Terrestrial Isopoda (Crustacea) from Cheju Island, Korea. Animal Systematics, Evolution and Diversity, 11(4), 509-538.

Kwon DH. 1993. Terrestrial Isopda (Crustacea), from Korea.  Animal Systematics, Evolution and Diversity, The Korean Society of Systematic Zoology 36, 133-158.

Yamaki A, Ito MT, Kikuchi T. 2009. Reassignment of Lucasioides nebulosus to Agnara (Crustacea: isopoda: oniscidea) and redescription of the species. Species Diversity, 14(3), 207-215.

ここにはMongoloniscus属全種の検索表が載っている↓

Yang, L., & An, J. (2021). A new species of the genus Mongoloniscus Verhoeff, 1930 (Crustacea: Isopoda: Agnaridae) from China. Zootaxa, 5060(2), 265-274.

| | コメント (0)

2022年2月21日 (月)

地下水性ミズムシの種類

日本全国の川や地下水からはミズムシ Asellus hilgendorfii が見られる。

日本の淡水にすむミズムシやコツブムシの研究はほとんどない。


地下の淡水には別のミズムシも棲んでいることが知られていて、日本の地下水性ミズムシは東京都衛生研究所(現東京都健康安全研究センター)の松本浩一により、1950年代から少し研究が進んでいる。

井戸水の汚れ具合の観点から生物を見ていたらしい。


twitterで地下水性ミズムシについて見たので、ここでもまとめてみた。

採集記録が少ないものばかり。

日本語でまとめられている学術論文も参考にした。

齋藤暢宏、伊谷行、布村 昇 2000 日本産等脚目甲殻類目録(予報) 富山市科学文化センター研究報告 富山市科学文化センター 23 11-107

布村昇 2015 四国産等脚目甲殻類 Kuroshio Biosphere 11: 1–40



ウミミズムシ科Janiridae


メクラミズムシモドキ属 Mackinia Matsumoto, 1956

日本、朝鮮半島、ロシアに分布する。


メクラミズムシモドキ Mackinia japonica Matsumoto, 1956

体長4mm以下の眼がなく白くて半透明なミズムシ。東京都立川市(高松町と砂川町か?)の井戸水から最初に見つけている。その後、本州、四国、九州の各地の淡水の井戸からも捕れている。

Matsumoto 1956 On the two new subterranean water isopods, Mackinia japonica gen. et sp. nov. and Asellus hubrichti, sp. nov. Bulletin of the Japanese Society for Science and Fisheries 21 1219-1225

Matsumoto 1956 the organisms found in wells and their significance as the indicators for pollution of water. annual report tokyo-to labs med sci 6 81-108

写真(pdf)https://foundation.tokyu.co.jp/environment/wp-content/uploads/2011/02/07a6ed8f7fb9061aad9377140a79da271.pdf

チョウセンメクラミズムシモドキ M. coreana Matsumoto, 1967

Matsumoto 1967 Results of the speleological survey in South Korea, 1966, VII. Isopod crustaceans from subterranean waters of South Korea. Bulletin of the National Science Museum, Tokyo 10 259-283

Matsumoto K. 1970 Isopod crustaceans found in the subterranean waters of the Islands of Tsushima. Bulletin of the National Science Museum Tokyo 13 231-239.

対馬と韓国の井戸から見つかる。


韓国にはM. coreanaM. troglodytesM. birsteiniが、ロシアにはM. continentalisがいる。



ミズムシ科Asellidae


左右の腹肢が分離している。ウミミズムシ科などは左右がくっついて1枚となり、縫合線が見える。


ニッポンミズムシ属 Nipponasellus Matsumoto, 1962

Matsumoto K. 1962 Two new genera and a new subgenus of the family Asellidae of Japan. Annotationes Zoologicae Japonenses 35 162-169

小判状の体型。

Nipponasellus aioii (Chappuis, 1955)

Chappuis 1955 Remarques générales sur le genre Asellus et description de quatres especes nouvelles. Notes Biospéléologiques 10 163-182

Matsumoto K. 1966 Studies on the subterranean Isopoda of Japan, with notes on the well-water fauna of Japan. (Part 1). Studies on the subterranean Isopoda of Japan. (No. 2). Anual Rept. Tokyo-to Lab. Med. Sci. 23 77-103

兵庫県相生市の井戸水から見つかり、高知県からも見つかる。

Nipponasellus hubrichti (Matsumoto, 1956)

東京都八王子市の井戸水から見つかる。

Nipponasellus kagaensis (Matsumoto, 1958)

Matsumoto K. 1958 A new subterranean water-isopod: Asellus kagaensis sp. nov. from the wells of Japan. Bulletin of the Biogeographical Society of Japan 20: 19-24.

Nipponasellus takefuensis (Matsumoto, 1961)

Matsumoto K. 1961 The subterranean isopods of Honshu with descriptions of four new species. Bulletin of the Biogeographical Society of Japan 22: 45-67.

Nipponasellus tonensis (Matsumoto, 1961)



ウエノミズムシ属 Uenasellus Matsumoto, 1962

一属一種。Nipponasellusよりも若干細長く、尾肢が腹尾節の真後ろ先端に2本接して生える。

Uenasellus iyoensis (Matsumoto, 1960)

Matsumoto K. 1960 Subterranean isopods of the Shikoku Distict, with the descriptions of three new species. Bulletin of the Biogeographical Society of Japan 22 1-17

1958年に愛媛県松山市東拓川町の井戸から採集されている。体長6.6mmのオスと4.6mmのメスの2匹が、メクラミズムシモドキなどと一緒にいる。



ナガミズムシ属 Phreatoasellus Matsumoto, 1962

体が細長い。腹尾節や脚も長い。

Phreatoasellus akiyoshiensis (Ueno, 1927)

Ueno 1927 Notes on some subterranccan isopods and amphipods of Japan Mem Coll. Sci Kyoto Imp. Univ. B. 3. 355-368

Matsumoto K. 1960 The subterranean-water isopod of Akiyoshi limestone area. Japanese journal of zoology 12: 603-608

1927年5月に山口県秋芳洞の琴ヶ淵の淡水から採集された。眼がないのに光に敏感と書いてある。北海道から九州の井戸から見つかる。

アワナガミズムシ Phreatoasellus awaensis Nunomura, 1914

布村昇 2014 四国産等脚目甲殻類-2 高知,徳島,香川県産標本. Bulletin of the Toyama Science Museum 38 55-94

徳島県阿波市市場町上喜来北原の井戸水から見つかる。

Phreatoasellus higoensis (Matsumoto, 1960)

Matsumoto K. 1960 Subterranean isopods of the Kyushu District, with the descriptions of three new species. Bulletin of the Biogeographical Society of Japan 22: 27-44.

Phreatoasellus iriei (Matsumoto, 1978)

Phreatoasellus joianus (Henry & Magniez, 1991)

韓国から見つかる。

ナガミズムシPhreatoasellus kawamurai (Tattersall, 1921)

Tattersall WM 1921 Mysidacea, Tanaidacea, and Isopoda. Pt. 7. In: Zoological results of a tour in the Far East. Memoires of the Asiatic Society of Bengal. 6: 403-443 (plates 15-17).

日本で最初に見つかった地下水性ミズムシ。細長く、体長は3cmを超える。細長く小さい目がある。滋賀県大津市の井戸水から最初に見つかり、近畿、中国、四国、九州の井戸水や洞窟から見つかる。日本海域研究第49号に写真がある。

Phreatoasellus minatoi (Matsumoto, 1978)

Matsumoto K. 1978 Three new species of subterranean asellids from southern Kyushu and the Kii Pensinsula, Japan. Journal of the Speleological Society of Japan. 3: 20–34.

下平の坑道から見つかる。

Phreatoasellus miurai (Chappuis, 1955)

日本

Phreatoasellus uenoi (Matsumoto, 1978)

熊本県球泉洞から見つかる。

Phreatoasellus yoshinoensis (Matsumoto, 1960)

徳島県川田町、山川町の井戸水から見つかる。



ミズムシ属 Asellus Geoffroy, 1762

Asellus amamiensis Matsumoto, 1961

Matsumoto K. 1961 Two subterranean isopods from the Amami group (Ryukyu Islands), with a description of a new species. Annotationes zoologicae Japonenses 34:208-215

Matsumoto K. 1963 Studies on the subterranean Isopoda of Japan, with notes on the well-water fauna of Japan. (Part 1). Studies on the subterranean Isopoda of Japan.(No. 1). Anual Rept. Tokyo-to Lab. Med. Sci. 13 (Suppl.): 1-77

奄美大島名瀬市の井戸から見つかる。

Asellus ezoensis Matsumoto, 1962

Matsumoto K. 1962 A new subterranean asellid from Hokkaido. Japanese journal of zoology. 13:257-265.

北海道札幌や帯広の井戸から見つかる。

Asellus hyugaensis Matsumoto, 1960

宮崎県西都市の井戸から見つかる。

Asellus kumaensis Matsumoto, 1960

熊本県人吉市下青井町の井戸から見つかる。

メクラミズムシ Asellus musashiensis Matsumoto, 1961

東京都中野区の井戸から見つかる。

Asellus shikokuensis Matsumoto, 1960

Asellus tamaensis Matsumoto, 1960



古い学会誌はオープンアクセス化してくれ~

| | コメント (0)

2022年1月18日 (火)

フナムシの呼吸と体重

フナムシの代謝速度を調べてスケーリング指数を計算している研究があった。

Ellenby C. 1951. Body size in relation to oxygen consumption and pleopod beat in Ligia oceanica L. Journal of Experimental Biology, 28(4), 492-507


オスのフナムシLigia oceanicaの、体重と酸素消費量と腹肢を1回動かす時間を数えている。

体長が変わっても、体の形、腹肢の形は変わらず、比重は一定。

体重は体長の3乗に比例。

体幅や腹肢の幅は、体長に比例する。

酸素消費量は、体重の0.726乗に比例する。(=体重1g当たりの酸素消費量は体重の-0.274乗に比例する)

腹肢を1回動かす時間は、15℃で体長の0.66乗、25℃で体長の0.59乗に比例する。(ふりこの周期は長さの0.5乗に比例する。水の抵抗が増えるはずなのに若干早くなる)



生理学の代謝スケーリング理論の中で、クライバーの法則という有名な法則があって、

様々な体重の個体の呼吸速度を測定すると、呼吸速度は体重の3/4乗に比例する値になるという法則である。

フナムシも0.726と近い値が出ていておもしろい。



3/4という数字は色んな生物を調べて経験的にはじき出された値であり、理由について論争が続いていたが、

今はフラクタルの概念を取り入れた理論的な説明が試みられている、と先生に教わった。

日本生態学会誌63巻1号ここに書いてある。

| | コメント (0)

2022年1月 9日 (日)

ダイバーを襲うウオノシラミ属

ワラジムシ目は人間に害はないと思っていたが、ダイビングする人間を襲った話を見つけた。

Garzón-Ferreira, J. (1990). An isopod, Rocinela signata (Crustacea: Isopoda: Aegidae), that attacks humans. Bulletin of marine science

1987年6月17日のコロンビアでスキューバダイビングしていたら、ウオノシラミ属のRocinela signataがたくさん攻撃してきたらしい。

被害は6月から翌年1月までずっと続き、5mm以下の子供から1cm以上の大人まで噛んでくる。

潜るとすぐ何匹もつく、強く貼り付いて殺さないと外れない、くっついてすぐ皮膚に噛み付いて吸血し、逃げるときはお腹が血で膨れていた、と書いてある。


Rocinela signataは、大西洋の西側の温帯から熱帯に生息する。

砂地やサンゴ礁の広がる浅くて綺麗な海で泳ぎ、魚のエラに寄生する。

日本にもウオノシラミ属は分布する。



グソクムシ科ウオノシラミ属の見分け方は昔に書いたが調べ直すと情報が古いみたい。

グソクムシ科、スナホリムシ科、スナホリムシダマシ科、ウオノエ科、ニセウオノエ科:だんだんダンゴムシ

修正めんどくさいなぁ…

| | コメント (0)

2021年9月14日 (火)

単為生殖のダンゴムシ、ワラジムシ

単為生殖種の一覧

ほとんどのダンゴムシやワラジムシは雌雄があり、単為生殖は珍しい。


単為生殖をするワラジムシ


Trichorhina tomentosa (Budde-Lund, 1893)

シロワラジムシ、シロホソワラジムシとして出回るが正式な和名ではないようだ。

メスのみ。オスは知られていない。

色は白く、複眼は個眼1つ。

原産地はアマゾンなどの熱帯アメリカだが、世界中の熱帯や温室に侵入している。


Platyarthrus aiasensis
Legrand, 1954
1
↓の論文の画像

Montesanto, G., Caruso, D., & Lombardo, B. M. (2008). Genetic variability in parthenogenetic and amphigonic populations of Platyarthrus aiasensis Legrand from Sicily (Isopoda, Oniscidea). In Proceedings of the International Symposium of Terrestrial Isopod Biology (Vol. 7, pp. 59-67).

オカメワラジムシ科。

メスのみの単為生殖の集団とオスがいる両性生殖の集団あり。


Trichoniscus pusillus Brandt, 1833

CHRISTENSEN, B. (1983). Genetic variation in coexisting sexual diploid and parthenogenetic triploid Trichoniscus pusillus (Isopoda, Crustacea). Hereditas, 98(2), 201-207.

イギリスなどヨーロッパ原産。アメリカなどにも拡大している。

この種も両性生殖と単為生殖があり、倍数性は前者は2n、後者は3nである。


Ocelloscia floridiana (Van Name, 1940)

Johnson, C. (1986). Parthenogenetic reproduction in the philosciid isopod, Ocelloscia floridana (Van Name, 1940). Crustaceana, 51(2), 123-132.


Nagurus cristatus (Dollfus, 1889)
Nagurus modestus


ここまで単為生殖だと確認されている


このあたりも単為生殖かも
Stenoniscus pleonalis Aubert & Dollfus, 1890
Trichoniscus coelebs



単為生殖するかもしれないダンゴムシ

Armadillidium virgo Caruso & Bouchon, 2011

イタリアのシシリー島の洞窟だけにいるオカダンゴムシ属の一種。

色が白い。

メスのみが大量に見つかるため、単為生殖かもしれないらしい。

1
Caruso, D., & Bouchon, D. (2011). Armadillidium virgo n. sp. from caves in southeastern Sicily: Is it a parthenogenetic species?(Crustacea, Isopoda, Oniscidea). Italian Journal of Zoology, 78(1), 96-100.

| | コメント (0)

2021年7月22日 (木)

ダンゴムシの病気:寄生する線虫、ヤドリバエ

新潟県でワラジムシヤドリバエが見つかったというニュースを見た。

珍しいハエ見つかる 新潟県では初 欧州などに生息 謎多き生態(投稿しようとして忘れていたらリンク切れになってた)

twitterのリンク↓

[新潟日報モア] 珍しいハエ見つかる 新潟県では初 欧州などに生息 謎多き生態

写真を見ても普通のハエにしか見えない。


ワラジムシヤドリバエはダンゴムシの体内に寄生するらしい。

いつかダンゴムシに寄生しているところを見たい。

twitterを検索したらワラジムシヤドリバエを見たという投稿があって気になる。





日本のヒメフナムシには線虫のシヘンチュウ(メルミス)が寄生する。

Yoshino, H., & Waki, T. (2021). First report on Mermithidae (Mermithida) infection in Ligidium sp.(Isopoda, Ligiidae). Parasitology International, 82, 102304.

シヘンチュウはダンゴムシやワラジムシにも寄生するらしい。

ダンゴムシの病気:シヘンチュウ:だんだんダンゴムシ


こっちもtwitterを検索したら、ワラジムシに寄生するシヘンチュウを見たという投稿があった.



ダンゴムシの生態に影響しているのだろうか?

オカダンゴムシだけを殺す殺虫剤になりそうと思ったが、実際はなかなか難しいらしい。

| | コメント (0)

2021年7月 1日 (木)

フナムシはダンゴムシの仲間ではない?

今はダンゴムシ、ワラジムシ、フナムシは一つのグループになっている。

「オカダンゴムシ科+コシビロダンゴムシ科+Eubelidae+ワラジムシ類29科+フナムシ科+ハマダンゴムシ科」で、ワラジムシ亜目Oniscideaが構成される。

ワラジムシ亜目に共通する特徴

1. 基節の腹側にある剛毛によるWCS
2. 短い腹尾節
3. 3節以下の第1触角
4. mandibular palpがない
5. 2グループの大顎の毛がある、1つはlacinia mobilisにある
6. 第2小顎の基部に1つだけ可動性の骨片がある
7. 顎脚に1つの基部片
8. 第1胸脚が亜鋏状でない
9. 第1胸脚に性的2型
10. 背板にscale-setaeがある



ワラジムシ亜目の高次系統


オカダンゴムシ科+コシビロダンゴムシ科+Eubelidae+ワラジムシ類29科を合わせてOrthogonopodaと呼ぶ。

Orthogonopodaは単系統で間違いないとされる。

OrthogonopodaはMesonicus属のみからなるMicrochetaとその他のEuoniscidaに分かれる。EuoniscidaはSynochetaとCrinochetaに分かれる。


ワラジムシ亜目のうちOrthogonopodaに入らないのは、フナムシ科とハマダンゴムシ科だが、

Orthogonopodaと近縁なのは、1:フナムシ科か、2:ハマダンゴムシ科か不明である。

1. Orthogonopoda+フナムシ科=Ligiamorpha

2. Orthogonopoda+ハマダンゴムシ科=シンセイワラジムシ下目Holoverticata

と呼び、図のようになる。
1_20201227164101


今は2のハマダンゴムシ近縁説が有力視されているようである。

その場合のフナムシ科について、単系統2-Aか側系統2-Bか、それともどちらでもないか不明である。

色々あって全てをまとめきれない。


そもそもフナムシ属がワラジムシ亜目に入るか疑問視する人もいる。

決着がつかないらしい。



ワラジムシ亜目がバラバラになるかも?


Dimitriou, A. C., Taiti, S., & Sfenthourakis, S. (2019). Genetic evidence against monophyly of Oniscidea implies a need to revise scenarios for the origin of terrestrial isopods. Scientific reports, 9(1), 1-10.

4ヶ所の遺伝子で系統樹を作っている。NAK、PEPCK、18S、28S

MLはギャップを使わないのでrRNAのインデルの情報を使えるベイズを示している。
1_20210703095201
Orthogonopodaと近縁なのはハマダンゴムシ科となっている。

ヒメフナムシ属はHoloverticataの姉妹群となる。

フナムシ科は崩れていて、ヒメフナムシ属はダンゴムシやワラジムシにくっつくが、フナムシ属はコツブムシ亜目やヘラムシ亜目に近い。


Orthogonopodaの中については形態的によく似るオカダンゴムシ科とワラジムシ科は遠縁となった。

Crinochetaは基部からウミベワラジムシ科Scyphacidae、コシビロダンゴムシ科Armadillidaeとなっている。



祖先は海に住んでいるので、もしかしたら海から陸への進化は1回だけではなかったのかもしれない。

形態で裏付けるのが難しく、おそらく多数の系統が絶滅していて、ワラジムシ亜目の起源が古すぎておそらく進化を知ることはできないかもと弱気に書いている。



ハマダンゴムシよりヒメフナムシの方が原始的だと思って良さそうかも?

海岸にいるフナムシの方は、新しい研究が出るたびにワラジムシ亜目じゃない証拠が積みあがってく気がする。

もしそうなら実際の系統が直感と合わない最たる例だと思う。



しかし、この論文は核ゲノムを見ているが、ミトコンドリアゲノムを見るとフナムシ属はワラジムシ亜目に入るらしい。

しばらくは答えが出なさそう…

| | コメント (0)

«ムニンコシビロダンゴムシは小笠原固有種でない