2019年1月24日 (木)

フチゾリネッタイコシビロダンゴムシ

ダンゴムシのガチャの第3弾の予約が始まっている。

オカダンゴムシとフチゾリネッタイコシビロダンゴムシが出るらしい。



フチゾリネッタイコシビロダンゴムシの名前の変更

フチゾリネッタイコシビロダンゴムシはイリオモテコシビロダンゴムシの俗称?

Imgp2257日本産土壌動物第一版



現在の名前は、ネッタイコシビロダンゴムシ Cubaris murina のようである。

西表島から新種として報告されたイリオモテコシビロダンゴムシが、実はすでに知られるネッタイコシビロダンゴムシであったと以下に書いてある。

唐沢重考. (2012). Cubaris iriomotensis は, 汎熱帯種 Cubaris murina (Crustacea: Isopoda: Oniscidea) の新参異名. Edaphologia, (91), 21-30.

異名とは、同じ動物につけられてしまった違う学名のこと。




ネッタイコシビロダンゴムシ

ネッタイコシビロダンゴムシは世界中の熱帯、亜熱帯から記録がある。

日本は沖縄本島、石垣島、西表島にいる。

唐沢重考. (2017). 沖縄島からのネッタイコシビロダンゴムシ (軟甲綱: ワラジムシ目: コシビロダンゴムシ科) の初報告. Fauna Ryukyuana, 37, 3-5.



DNA配列はほぼ同じだった。

3つの島にいるネッタイコシビロダンゴムシは同種だろう。



この論文では、日本のネッタイコシビロダンゴムシが外来種である可能性を唱えている。

人の近くにいて、3島でDNA配列が同じなのであり得そう。

在来のコシビロダンゴムシを脅かすかもしれない。





ガチャでネッタイコシビロダンゴムシがどこまで再現できているか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

ダンゴムシガチャ第2弾

ガチャの第2弾
Imgp2259


Imgp2260
伊予柑



第1弾からの改良点7つ

Imgp2263
眼が複眼


Imgp2262
第1胸脚が第1胸節から生えている

脚の位置が正しくなった


Imgp2261
脚を内向きにしなくても丸くなる

腹側の部品が甲羅の形に


Imgp2265
腹肢がリアル

偽気管は再現されず


Imgp2267
節の縁取りがリアル


Imgp2266
尾肢内肢

オカダンゴムシの尾肢の裏側が再現されていた



オカダンゴムシの尾肢
Ws000465
オカダンゴムシの尾肢内肢(U en)と尾肢原節(U pr)

オカダンゴムシとコシビロダンゴムシのおしり。尾肢: だんだんダンゴムシ






Imgp2269_3
だんごむし新聞第2号



>ヘッドシールドとも言います

文脈が変?この単語使う?

頭部は胸節が融合しているので、「頭胸部」と言った方が正確かもしれない。



「触覚」ではなく「触角」

ダンゴムシは第2触角も匂いを感じているようにも見える。



おしりから水を飲むらしい。

口から飲むところしか見たことがないから見たい。




ダンゴムシの豆知識は交替性転向反応、おしりから水、ときたので、

次は、脱皮を前後に分ける、外来種、オカダンゴムシとコシビロダンゴムシは親戚ではない、とか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

海水浴客が多いとスナホリムシが少ない

ニュースで、海水浴客が減少傾向だと読んだ。

海水浴客は減少傾向 レジャー多様化で

スナホリムシにとっては吉報かもしれない。



スナホリムシは浅い海にいるダンゴムシの仲間

ヒメスナホリムシ
Photo_2



海水浴場にもいて、皮膚を噛んでくることがある。

浜辺で足をかじってくるスナホリムシ: だんだんダンゴムシ




海水浴客の数とブラジルヒメスナホリムシの数

ブラジルに Excirolana braziliensis (ブラジルヒメスナホリムシ?)がいる。

Veloso, V. G., Neves, G., & de Almeida Capper, L. (2011). Sensitivity of a cirolanid isopod to human pressure. Ecological Indicators, 11(3), 782-788.

海水浴場で、1年間スナホリムシの数を調べて、客の数と比較している調査があった。



客の数:Alvorada>Recreio>>>Reserva

スナホリムシの数:Alvorada≒Recreio<Reserva



自然保護区は密度が高いが、人の多い場所は低い。

ヒメスナホリムシの密度と客の数に負の相関がある結果に。

産む卵の数や死亡率への悪影響は見つからなかったが、成熟が遅れる傾向があるとしている。



原因はヒトの蹄圧や生息地の分断の悪影響と推測している。

教科書的には、保護区は連続的であると良いと聞いたことがある。

ヒメスナホリムシにも重要?



丸まったヒメスナホリムシ
Photo





教科書と言えば、学校の教科書には消費税は逆進性があると書いてあったが、証明されていないと最近聞いて驚いた。

むしろ否定的な見方が強いらしい。

教科書であっても内容は絶対じゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

エサによって消化酵素を調節するヘラムシ

ヘラムシは海にいるワラジムシ目。

海藻を食べる種類と動物を食べる種類がある。


Imgp8137
海草にいたオホーツクヘラムシ?




海藻を食べるバルチックヘラムシ Idotea balthica

大西洋には、バルチックヘラムシという海藻を食べるヘラムシがいる。

このヘラムシの消化管の酵素をトランスクリプトーム解析した研究があった。

De Wit, P., Yamada, K., Panova, M., André, C., & Johannesson, K. (2018). Diet-dependent gene expression highlights the importance of Cytochrome P450 in detoxification of algal secondary metabolites in a marine isopod. Scientific Reports, 8(1), 16824.



褐藻にはフロロタンニン、アオサにはジメチルスルホニオプロピオナートやアクリン酸などの毒がある。

解毒酵素として知られるチトクロームP450ファミリー2の配列と量を見て、違いがあるかを見ている。

ヒバマタよりアオサを食べさせたときで、分泌するチトクロームP450の量が多かったらしい。



木材を食べるキクイムシが持つリグノセルロース分解酵素は全く検出されなかったと書いてある。



陸上のダンゴムシも解毒酵素を持っているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月25日 (火)

ソコウオノエ

前のページの続き
Imgp2244

このウオノエがシマアジノエではないかとのことで検討した。



シマアジノエ Ceratothoa trigonocephala

Hadfield, K. A., Bruce, N. L., & Smit, N. J. (2014). Review of the fish parasitic genus Ceratothoa Dana, 1852 (Crustacea, Isopoda, Cymothoidae) from South Africa, including the description of two new species. ZooKeys, (400), 1.

頭部が三角形、第1-4胸節はほぼ同じ長さ、第1胸節の中心背面に隆起、第1胸節の前方外側は短くはっきりと円い、尾肢が腹尾節後端を通り越していない。

ことで同定できると書いてある。

合っているような気もするが、違うような。



歌魚風月
様はソコウオノエの可能性にも触れていたので、こちらも確認した。




ソコウオノエ Ceratothoa oxyrrhynchaena

Martin, M. B., Bruce, N. L., & Nowak, B. F. (2013). Redescription of Ceratothoa carinata (Bianconi, 1869) and Ceratothoa oxyrrhynchaena Koelbel, 1878 (Crustacea: Isopoda:
Cymothoidae), buccal-attaching fish parasites new to Australia. Zootaxa, 3683(4), 395-410.

オーストラリア産のキダイ属の一種 Dentex spariformis の口内から捕れたソコウオノエが載っている。

節や脚の形を見たら、だいたい同じ。


Imgp2241


Imgp2235
第7胸脚



これはシマアジノエではなく、ソコウオノエの可能性が高い。

頂いた4匹全て、ソコウオノエのようです。

しかし、これで終わりではなかった。



Martin et al. (2013)はYamauchi (2009)に触れていた。

Yamauchi (2009)は日本産のアカムツから捕ったソコウオノエが載っている。



そしたら、2つの論文で書いていることが違っていた。

第2触角が、7節(Yamauchi)、9節(Martin)

尾肢内肢と外肢が、違う長さ(Yamauchi)、同じ長さ(Martin)

第1腹肢内肢は、外肢と同じ長さ(Yamauchi)、外肢より小さい(Martin)

maxillipedの棘が、9本(Yamauchi)、5本(Martin)



稀によくある。

この違いの原因は、個体差、成長、地域差、可塑性、実は別種、のどれだ。



とりあえず、Martin et al. (2013)と全ての項目で合致した。

なので、頂いたウオノエの名前は、「Martinらによって2013年に発表された論文に基づくソコウオノエ」Ceratothoa oxyrhynchaena sensu Martin et al., (2013)とすべきなのかもしれない。



Imgp2233
頂いたウオノエのメス2匹のうち1匹は、第1腹肢内肢が外肢より小さい。

ただし、もう1匹は内肢と外肢のサイズが同じだった。

思ったより闇が深い。





それにしても、ウオノエは種類が多い。

なぜ魚によって違うウオノエが寄生しているんだろう?

魚の血液は種によって違う毒があって、ウオノエは種ごとに違う毒に適応している?



魚に色んな毒を注射したら、ウオノエが寄生しない魚になるのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒゲブトウオノエ属

歌魚風月様からウオノエを雌雄2匹ずついただきました。
Imgp2239
メス

Imgp2225
オス


胸脚が全て湾曲してるので、ウオノエ科です。
Imgp2229
メスの裏側



シマアジノエ Ceratothoa trigonocephala ではないかとのことでした。

まず、シマアジノエの属するヒゲブトウオノエ属に属しているのか確認しました。




ヒゲブトウオノエ属 Ceratothoa

ヒゲブトウオノエ属の形は、

頭部が三角形、触角の基部が隣接する、第1腹節が最も狭い、長さは幅の2.1-2.9倍、尾肢はほぼ同じで腹尾節の後端まで伸びる、第1胸節の前方外側がlobっている。

触角の基部が隣接する、第1胸脚が最も長い、第4-5胸節が最も幅広、尾肢の内肢と外肢の長さがほぼ同じで、同じ長さか腹尾節の後端まで伸びる、第1胸節の前方外側がlobっている。

で同定できると次のページで挙げた論文に書いてある。




触角の基部が太くて接するのが特徴で、ヒゲブトのようだ。

ウオノエ属 Cymothoa やエラヌシ属 Mothocya は第1触角の基部が著しく幅広にならないので、第1と第2触角どうしが離れている。




Imgp2230
これはヒゲブトウオノエ属でしょう。



次のページへ。





ウオノエ科の属への検索表は

Hadfield, K. A., Bruce, N. L., & Smit, N. J. (2013). Review of the fish-parasitic genus Cymothoa Fabricius, 1793 (Isopoda, Cymothoidae, Crustacea) from the southwestern Indian Ocean, including a new species from South Africa. Zootaxa, 3640(2), 152-176.

にあった。

触角の基部が太くて接するのが特徴の属は他にもあるみたい。

とりあえずここでは無視します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グソクムシ科、スナホリムシ科、スナホリムシダマシ科、ウオノエ科、ニセウオノエ科

海にいる”ダンゴムシ”型のワラジムシ目のうち、

腹尾節に鰓室がなく板状なのはウオノエ亜目である。



ワラジムシ目のウオノエ亜目は、4つの上科に分けられる。

ウオノエ亜目
┣ウミナナフシ上科 Anthuroidea
┣エビヤドリムシ上科 Bopyroidea
┣ウオノエ上科 Cymothooidea
┗カクレヤドリムシ上科 Cryptoniscoidea



ウミナナフシは体が細長い。(オニナナフシはヘラムシ亜目)

エビヤドリムシとカクレヤドリムシは甲殻類に寄生し、体の構造は単純化気味。

Imgp5109
エビヤドリムシ上科のスナモグリヤドリムシ

カクレヤドリムシは胸脚もほとんどない。



ウオノエ上科は形がダンゴムシに近い、ずんぐりむっくり。

肉食や屍肉食もいるが、魚類やエビ類に寄生する種が多い。

魚の死体を食べる種が寄生性に進化したらしい。

寄生性になると、体がツルツルになり、脚が鋭く、口器にかぎ爪のような棘ができる。



ウオノエ上科には9つの科がある。

ウオノエ上科
┣Aegidae グソクムシ科
┣Anuropidae オナシグソクムシ科
┣Barybrotidae
┣Cirolanidae スナホリムシ科
┣Corallanidae ニセウオノエ科
┣Cymothoidae ウオノエ科
┣Gnathiidae ウミクワガタ科
┣Protognathiidae
┗Tridentellidae スナホリムシダマシ科



日本にいる科は和名がついている。

BarybrotidaeとProtognathiidaeはおそらく日本におらず、種数も少ない。



ウミクワガタ科は第1胸節は頭部と融合し、第7胸脚がないので、胸脚が5対に見える。



オナシグソクムシ科

これは千葉県立中央博物館で見た。
Imgp98612
ダイオウグソクムシに次ぐ大きさを持つ。

オナシグソクムシは尾肢が腹肢のようになり、呼吸器官になっている。

クラゲの中に寄生しているので、酸欠にならないよう呼吸器官が発達しているのかも。




グソクムシ科、スナホリムシ科、ニセウオノエ科、ウオノエ科、スナホリムシダマシ科の検索表

グソクムシ科、スナホリムシ科、ニセウオノエ科、ウオノエ科、スナホリムシダマシ科は似ている。

Nob!!の勝手に甲殻類のウオノエ類の顎脚のページに顎脚 maxilliped が異なると書いてある。



Bruce, N. L. (1985). Calyptolana hancocki, a new genus and species of marine isopod (Cirolanidae) from Aruba, Netherlands Antilles, with a synopsis of Cirolanidae known from the Caribbean and Gulf of Mexico. Journal of crustacean biology, 5(4), 707-716.

ここに検索表が書いてあった。(日本語訳が怪しい)

1.全ての胸脚が太く湾曲したフック状(prehensile)━━ウオノエ科
1.少なくとも第4-7胸脚は歩行用(ambulatory)━━━━━━2
2.maxillipedの頂端に棘あり━━━グソクムシ科
2.maxillipedの頂端に棘なし━━━3
3.mandibleのincisorは広く、3歯。maxilluleの内肢は太い棘が3つ━━スナホリムシ科
3.mandibleのincisorは狭い。maxilluleの内肢は痕跡的 or 欠損━━━4
4.maxilluleが先端が徐々に尖り(styliform)、棘がある。maxillipedは薄い基節内葉がある。━━スナホリムシダマシ科
4.maxilluleがはっきりと三日月型。maxillipedに基節内葉がない━━━━━ニセウオノエ科




ウオノエ科は全ての脚がフックになっている。魚に寄生するとき確実にしがみつけるようにらしい。

歌魚風月様から頂いたウオノエ科ウオノコバン
Imgp1132



スナホリムシ科は全ての脚が歩行用や遊泳用になっている。

スナホリムシ科オオグソクムシ
2



グソクムシ科やスナホリムシダマシ科などは前方3対がフックで、後方4対がフックでない。

前がフックで、後ろが歩行用…これはディズニーランドで見た。
Capitaine Crochet
(Wikipediaより)



スナホリムシ以外を見たことがないので、maxilliped、maxilluleはよくわからない。




グソクムシ科

mandibleは可動葉片や臼歯状突起がなく、鋭利な刃物状になっている。maxilluleは先端に太く湾曲した棘がある。maxillipedが頑丈なフック状。

第1-3胸脚が著しく太くフック状。第4-7胸脚は湾曲せず歩行用で細い。


日本のグソクムシ科はNob!!の勝手に甲殻類さんに一覧がある。



スナホリムシ科

Bruce, N. L. (1986). Cirolanidae (Crustacea: Isopoda) of Australia. Australia: Australian Museum.

眼は小さい。頭楯あり。mandible は3歯、可動葉片、bladeのような臼歯状突起、鬚がある。maxillule は11-14の棘が外肢にあり、3-4の毛が内肢にある。maxillaは鬚と外肢があり、長い毛がある。maxilliped palpは5節、基節内葉あり。

第1-3胸脚は歩行用、突き出た硬い爪がある。第4-7胸脚は歩行用か遊泳用。

腹肢は面的。


オオグソクムシBathynomus doederleini やヒメスナホリムシ Excirolana chiltoni などがいる。



ニセウオノエ科

強く曲がったフック状のmaxilluleを持つ。maxillaはあるが、痕跡的なことが多い。maxillipedの基節内葉は欠ける。胸節、腹節、腹尾節は毛深い。目がスナホリムシ科より大きい。


エビノコバン Tachaea chinensis などがいる。



ウオノエ科

Brusca, R. C. (1981). A monograph on the Isopoda Cymothoidae (Crustacea) of the eastern Pacific. Zoological Journal of the Linnean Society, 73(2), 117-199.

眼は幼生時に大きく、成熟すると小さくなる。腹節は5節(例外あり)。maxillipedは2-3節。maxilliped、maxillule、maxillaの先端には太くて湾曲した棘がある。mandibleは可動葉片、毛、臼歯状突起がなく、鋭利なカッターのようになる。

第1-7胸脚が著しく太く湾曲し、フック状。

腹肢原節が発達し1肢3枚に見えることがあり、内肢はひだがあることがある。


Cancer 25号に日本のウオノエ科の一覧がある。



スナホリムシダマシ科

Delaney, P. M., & Brusca, R. C. (1985). Two new species of Tridentella Richardson, 1905 (Isopoda: Flabellifera: Tridentellidae) from California, with a rediagnosis and comments on the family, and a key to the genera of Tridentellidae and Corallanidae. Journal of Crustacean Biology, 5(4), 728-742.


maxillipedに長い底節があり、鬚の第3節を超える。maxilluleは先端が徐々に尖り、フック状の棘がある。maxillaは毛と棘が多いが、湾曲した棘やフック状の毛はない。

第1-3胸脚は太く湾曲してフック状。第4-7胸脚は歩行用。

腹肢は薄い。




ウオノエ亜目は分類の変更がよくあるらしいので、ここに書いてあることは古いかもしれない。

ワラジムシ目の変更はよくあってついていけない。










最近の遺伝子の研究で、

Zou, H., Jakovlić, I., Zhang, D., Chen, R., Mahboob, S., Al-Ghanim, K. A., ... & Wang, G. T. (2018). The complete mitochondrial genome of Cymothoa indica has a highly rearranged gene order and clusters at the very base of the Isopoda clade. PloS one, 13(9), e0203089.

変異の速いミトコンドリアの大系統だから信用しにくいけど、ウオノエ亜目が多系統になったとする論文が出ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

白いダンゴムシガチャ

秋葉原でダンゴムシのガチャを再サンプリングした。

ガチャポン会館で白のダンゴムシを手に入れた。


Imgp2188
アルビノのダンゴムシのガシャポン



脱皮ごっこ遊び

Imgp2193
脱皮したい

Imgp2191
後半分が脱皮直前

Imgp2192
脱げた

Imgp2194
前半分が脱皮直前

Imgp2195
脱げた

Imgp2201
脱皮殻を食べる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

探偵ナイトスクープ

今週の探偵ナイトスクープで、青いダンゴムシについて取り上げた。


Imgp1822
青いダンゴムシ


http://isopoda.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2018/09/18/imgp2068.jpg
きっかけの青いダンゴムシガチャ




青いダンゴムシは珍しいが、ちゃんと見つけていた。

兵庫の博物館が展示を始めた。

探偵!ナイトスクープに登場-青いダンゴムシ(ひとはくblog)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

「オオグソクムシの本」

オオグソクムシの本(森山徹 著)

オオグソクムシの体の構造(節や内臓など)や生活について詳しく解説している。


Imgp2050_2165ページの一部



体の構造については、ダンゴムシもほぼ同じなので、ダンゴムシ好きも読む価値がある。



交尾のときに起きる脱皮は、産卵脱皮というようです。

訳語がわからず、今まで生殖脱皮と書いていた…

いい加減なこと書いているブログだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ヒナカマキリがヒメフナムシを食べた