2017年4月26日 (水)

飼育しているオオグソクムシがまた脱皮した

昔、ペットのオオグソクムシの脱皮がうまく行かなかったと書いた

オオグソクムシの脱皮失敗?: だんだんダンゴムシ

結局、ちゃんと外れたようだ。




またペットのオオグソクムシが脱皮した。そして、また失敗した。

Imgp0888

今度も、頭と第1胸節の殻が脱げていない。

2匹いるので、前のページと同じ子かどうかわからない。





こういう生き物なの?

それともストレスが溜まってる?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

ワラジムシ目のCOI遺伝子の塩基置換率。

全ての真核生物にミトコンドリアがあり、核とは違う独自のDNAを持っている。

もちろんダンゴムシにも、核DNAとミトコンドリアDNAがある。




ミトコンドリアDNAにある遺伝子のうち、COI(シーオーワン)(またはCOX1、コックスワン)遺伝子は系統の推定や分類によく使われる領域。

遺伝子配列が大きく違えば遠縁、あまり違わなければ近縁。

甲殻類のCOI遺伝子の場合、経験的に、10~15%ぐらい違うと別種とされる。(Lefébure et al. 2006)




5%とか微妙なレベルだと、どうするんだろうか。





過去の進化の流れを探る系統解析のとき、分岐年代推定も行うことがある。

2つの系統がいつ頃交流がなくなったかということ。(あー、そうじゃないけど、そんなイメージ。)





分岐年代推定には、塩基置換率を知っておく必要がある。

ワラジムシ目のCOI遺伝子の置換率を推定した研究は2つある。





ハヤシワラジムシ科 Agnaridae の一種 Orthometopon 属で、0.0156-0.0172/100万年 (Poulakakis & Sfenthourakis 2008)

ミズムシ亜目の一種 Stenasellus 属で、0.0125/100万年 (Ketmaier et al. 2003)





ワラジムシ目のCOI遺伝子は、100万年経つと1%ちょっと変異する。

どこもこんなものかな。







Lefébure, T., Douady, C. J., Gouy, M., & Gibert, J. (2006). Relationship between morphological taxonomy and molecular divergence within Crustacea: proposal of a molecular threshold to help species delimitation. Molecular phylogenetics and evolution, 40(2), 435-447.

Poulakakis, N., & Sfenthourakis, S. (2008). Molecular phylogeny and phylogeography of the Greek populations of the genus Orthometopon (Isopoda, Oniscidea) based on mitochondrial DNA sequences. Zoological Journal of the Linnean Society, 152(4), 707-715.

Ketmaier, V., Argano, R., & Caccone, A. (2003). Phylogeography and molecular rates of subterranean aquatic Stenasellid Isopods with a peri‐Tyrrhenian distribution. Molecular Ecology, 12(2), 547-555.

こういうふうに参考文献を書くと、すごくプロっぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウオノエがでている漫画「ガタガール」を買った

干潟を舞台にした漫画がある。

ガタガールという。




ウオノエが書かれていると聞いて買った。

しかし、
Imgp08912
104ページ

モザイクかかってたー

担当に止められたと書いてある。




「メインヒロイン」をモザイク処理されたので、2巻を買うか迷う。




(追記)
これを見て友達も買った。






干潟にいるワラジムシ目(等脚類)

しょうがないので、干潟にいるダンゴムシの仲間を亜目ごとに書く。




ミズムシ亜目

水域ならどこにでもいる。
P1010111
ミズムシの一種

サイズは1mm。知らないと気づかない。知ってても気づけない。





ウオノエ亜目

ウオノエ亜目に属する種類は多種多様。

タイノエだけでなく、ウミクワガタやダイオウグソクムシなどもここ。


Photo_2
ヒメスナホリムシ。普段は砂の中に隠れている。ときどき出てきて泳ぐ。


Imgp1415
ウミナナフシの一種

干潟の泥に穴を掘ってすむムロミスナウミナナフシは絶滅危惧種。






キクイムシ亜目

キクイムシ亜目には、尾肢がないウミナナフシのような種類がいる。


2
Lynseia annae

Cookson, L. J., & Poore, G. C. B. (1994). New species of Lynseia and transfer of the genus to Limnoriidae (Crustacea: Isopoda). Memoirs of the Museum of Victoria, 54, 179-189. の図を参考

海草が生える砂底にいる。

リンセイア Lynseia 属は、オーストラリアだけから見つかる珍しい種。

日本で見つけたら大発見です。私に連絡下さい。





ふつうのキクイムシは、海水中を漂う木材を食べる。

Imgp6851
打ちあがった木材の中に逃げ遅れたやつが残っていることがある。

いつもは、それを一網打尽にしている。







コツブムシ亜目

Imgp5079
イソコツブムシ?

干潟にいるというよりも、どこにでもいる。

牡蠣殻やフジツボの殻のすき間に隠れていることが多い。










ワラジムシ亜目

ダンゴムシ、ワラジムシ、フナムシ。

唯一陸上に生息する種からなる亜目。

他の亜目と違って、水の中では生きられない。

Photo_3
フナムシ

どこの海岸でもいる。




日本にはフナムシ、キタフナムシ、リュウキュウフナムシの3種がいるとされるが、

ミトコンドリアDNAの遺伝子解析により、さらに細かく分けられることが示唆されている。

(場所によって形が微妙に違うから、今の分類がおかしいことは予想されていたんだけどね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

ヒメフナムシのえびぞり

ヒメフナムシを水につけたときの腹肢のパタパタを撮影したときに気づいたこと。





Imgp0871
フナムシに水をかけると、体を反らせて、おしりを上にあげる行動をする。




こうすることで、呼吸器である腹肢が空気中に出る状態になる。

腹肢を空気に曝して、呼吸しやすくしていると思われる。






エビぞりをしているように見える。

背筋?すごい(・o・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

深海のコツブムシをもらった

ある友人からコツブムシの一種の標本をもらった。


Imgp0876メス
日本の沖合の深海から採集されたもの。




Imgp0880
脚が鎌状。

寄生性?口はふつうだ。




Imgp0882
丸くなれる。

ダンゴムシに比べて、きれいな円じゃない。どらやきみたい。





Imgp0875
眼が白い。

もらったときから、体の色も白かった。

採集時はどうだったか聞くのを忘れた…今度聞こう。も白かったらしい。

ということは深海性ということだろう。





Imgp0885

第4?胸節の底板が出っ張る

腹節が3つしかない?

ワラジムシ目の腹節は5つであり、融合して数が少ない種類はコツブムシ亜目に多く見られる。





Imgp0879

腹尾節の隆起があり、鰓室ができているので、コツブムシ亜目でしょう。

コツブムシ亜目は種類が多くてよくわからない。

勉強したいが、未だに手を出さずにいる。





Photo
おしり。

腹尾節に特に模様はない。




いっぱいもらった。うれしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

オカダンゴムシとコシビロダンゴムシのおしり。尾肢

前のページの続き



尾肢 uropod の構造

尾肢は、尾肢原節 protopod 、尾肢外肢 exopod 、尾肢内肢 endopod に分けられる。

フナムシがわかりやすい。

Imgp9786

体から原節が生え、原節から外肢と内肢が生える。





ハマダンゴムシの尾肢

ハマダンゴムシは尾肢が背中から見えない。
3

ハマダンゴムシの腹部と尾肢。

左, 背中から見た第3腹節~第5腹節、腹尾節

真ん中, 腹側から見た第1腹節~第5腹節、腹尾節、尾肢

右, 左の尾肢の拡大。(原節が大きく、先端に内肢と外肢があるのかな?)




Lewis, F. (1991). A new species of Tylos Audouin (Isopoda: Oniscidea: Tylidae) from Western Australia. Records of the Western Australian Museum, 15(1), 109-116. のハマダンゴムシの一種 Tylos tantabiddyi の図を参考にして作成。詳しくはこの論文を見て下さい。





オカダンゴムシとコシビロダンゴムシの尾肢(見えるのは尾肢原節か尾肢外肢か?)

前のページで出したとおり、どちらも尾肢の一部が背中側から見える。

腹節と腹尾節の間から見える。

で、尾肢のどの部分が見えているのか、重要となっている





オカダンゴムシの尾肢

オカダンゴムシは、第5腹節と腹尾節のすき間から、尾肢外肢が見えている。
Ws000456

数字:腹節、plt:腹尾節、U ex:尾肢外肢

原節と内肢は腹尾節に隠れて見えない。





Ws000465
オカダンゴムシの尾肢を裏から見た構造。U pr:尾肢原節、U en:尾肢内肢

構造的にはフナムシと同じだが、形は全く違う。



詳しくは、
http://lanwebs.lander.edu/faculty/rsfox/invertebrates/armadillidium.html
を見て下さい。オカダンゴムシの外骨格について大変詳しく書いてある。






コシビロダンゴムシの尾肢

コシビロダンゴムシで見えるのは外肢ではなく、原節であり、外肢がその中にある。

Ws000458
内肢は腹尾節に隠れて見えない。





Ws000462
オーストラリアのコシビロダンゴムシ科の一種 Stigmops odontotergina の第5腹節、腹尾節、尾肢の電顕写真。

わかりやすい。関係ないが、Stigmops 属の見た目がヤバい。ヨツコブツノゼミと戦えるレベル。

Lillemets, B. I. R. G. I. T. T. A., & Wilson, G. D. (2002). Armadillidae (Crustacea: Isopoda) from Lord Howe Island: new taxa and biogeography. RECORDS-AUSTRALIAN MUSEUM, 54(1), 71-98.より引用。







4_2
コシビロダンゴムシの尾肢の全体。

下に向かって毛が生えた節のうち、右が内肢、左が外肢、それ以外が原節。

影の部分は腹尾節で隠れている部分。

Schmalfuss, H., & Ferrara, F. (1983). Terrestrial Isopods from West Africa: Part 3: Family Armadillidae Verhoeff, 1917. Monitore Zoologico Italiano. Supplemento, 18(1), 111-157.のコシビロダンゴムシの一種 Ethelumoris setosus の右の尾肢の図を参考にした





コシビロダンゴムシ科では、尾肢原節の中に尾肢外肢が埋め込まれているのが、大きな特徴となっている。(これ重要。)

つまり、第5腹節と腹尾節のすき間を埋めているのが、オカダンゴムシ科は外肢、コシビロダンゴムシ科は原節である。






トウキョウコシビロダンゴムシをよく見ると、

Imgp0868
原節の中に、とても小さい外肢が埋め込まれている。

日本のコシビロダンゴムシの外肢は目立たないが、海外では飛び出る種類もいる。





エラそーに書いたが、最近まで私も知らなかった。

先生のおかげです。





このブログは、もっと易しくするつもりだった。

でも、色々書きたくて、だんだん専門的になっている。

ある人から、「よくわからんけど見てるよ」と言われた。





まぁ、私もよくわかっていないんだけどね ・・・(^ω^;)

ダンゴムシの体の構造は複雑すぎて、面倒で、これでもかなり端折っている。

いつか胸脚、胸節、腹肢、口器について熱く語りたい。





実際にダンゴムシの標本を解剖して、顕微鏡で見ると良いです。

ちゃんと上記のような構造になってます。










どうでもいい話

このブログのアクセス数を見ると、自分がおもしろいと思うページが見られてるわけではないことがわかってきた。



例えば、

丸くなるワラジムシ: だんだんダンゴムシ

ダンゴムシの移動できる距離が長すぎる: だんだんダンゴムシ

おもしろいと思ってたが、一か月のアクセス数は5回以下





ダンゴムシやワラジムシがブラックリストに載るかも: だんだんダンゴムシ

たいしたことを書いてないのに、30以上ある





Googleで上位になるのが原因らしい。

このページはおもしろいと思って書いた。上位に表示されるといいな。






Googleと関係なく、ときどきアクセス数が跳ね上がることがある。

原因を突き止めるのは至難の業だけど、稀に2チャンネルのまとめサイトのせいらしいことがわかる。




大艦巨砲主義(自分の知ってる雑学を自由に書いていくスレ : 大艦巨砲主義!)や哲学ニュース(ちょっと驚く雑学挙げてけ:哲学ニュースnwk)の作成の直後で、ダンゴムシが外来種だと書いたページのアクセスが増えた。




まとめサイトって影響力すごいみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

オカダンゴムシとコシビロダンゴムシのおしり。腹尾節

Imgp6980
コシビロダンゴムシの後ろ




ダンゴムシのおしりはきれいな曲線を描いていて、大きくて、ワラジムシより美しい。





おしりの写真

日本のダンゴムシは、オカダンゴムシ科 Armadillidiidae 、コシビロダンゴムシ科 Armadillidae 、ハマダンゴムシ科 Tylidae に分けられる。

Imgp70332
オカダンゴムシ

Imgp0845
セグロコシビロダンゴムシ

Imgp4844_2

ハマダンゴムシ






腹節、尾肢の構造

ダンゴムシが属するワラジムシ亜目のおしりの節は、第1腹節~第5腹節、腹尾節、尾肢、からなる。


Imgp2320_2
タテジマコシビロダンゴムシの一種


節の説明
12
黄色:第1腹節~第5腹節
オレンジ:腹尾節 pleotelson
緑・水色:尾肢 uropod



このように、一番うしろの節は、腹尾節 pleotelson と呼ばれる。

(ふくびせつ、プレオテルソンと読むのだろうか?)





日本のオカダンゴムシ、コシビロダンゴムシ、ハマダンゴムシのおしりの違い

これらのダンゴムシの違いとして、「腹尾節の形」は有名である。

※あくまで、日本限定です。




オカダンゴムシ科は、扇型

コシビロダンゴムシ科は、逆ひょうたん型、ビーカー型

ハマダンゴムシ科は、長方形




Imgp26122_2
オカダンゴムシ

Imgp26492_3
トウキョウコシビロダンゴムシ

Imgp5397_2
ハマダンゴムシ






他のインターネットサイトは、この「腹尾節の形が違う」だけで話を終わらせている。

しかし!おしりで重要なのは、腹尾節の形だけではないヾ( ̄0 ̄ノ

むしろダンゴムシの研究者にとっては、「尾肢が違う」ことの方が重要なのである。






嫌われ者?にも書いてある。

これを書いている人はダンゴムシの専門家なので、このブログよりずっと信頼できる。





なのでそっちに説明を投げてもいいが、このブログでもとりあえず書く。

長くなるので、次のページで。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

フナムシのおなかの白い点々

ヒメフナムシの腹肢の映像を撮っていて気付いた。

おなかに白い模様があるものがいる。

ダンゴムシやワラジムシにも、ときどきある。




Imgp0784
体の裏側に、まるい点が並ぶ。



Imgp0786
白色部がまったくない個体もいた。

このページに載せたフナムシは全て同じ場所の同じ日にちに取っている。





何匹も見て、どうやら脱皮の前兆かもしれないと予想がついた。

Imgp0780
腹部が全身白い個体。

この個体は前半分が全体的に白く、脱皮の直前であることを示していた。





おそらく、廃棄予定の古い殻が濁ってきているか何かだと思う。





もしくは、脱皮は、後ろ半分→前半分、と行うため、

後ろ半分の脱皮を終わらせたあと、前側にカルシウムなどを移動させていて、それが蓄積しているのかもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

ダンゴムシが鰓をパタパタしていた

ダンゴムシの鰓みたいな部分

ダンゴムシには、昔に海にいた名残と思われる性質が少し見られる。




ダンゴムシの呼吸は主に、腹肢と呼ばれる、スポンジ状の板のような器官で行われる。

オスでは、交尾にも使われる。


Imgp6992
黒線の部分。

体の腹部(おしりの方)の腹側にある。





陸にいるとき、腹肢をほとんど動かさない。

しかし、水に沈めるとエビのように動かし始める。

腹肢の部分を撮影した。



水の中では、パタパタさせた方が呼吸の効率が良いのかもしれない。

と言っても、そんなに水中で長い時間生きられない。




魚の鰓呼吸みたいで、鰓と書きましたが、正確には鰓じゃないです…

そもそもダンゴムシに鰓はないです。






フナムシの腹肢

ヒメフナムシも陸上にいるとき、腹肢は動かさないが、

水に沈めると、盛んに動かし始める。

動かさないときは、少し温めるとよい。







腹肢を動かす筋肉は、普段使わないはず。

それでも維持しているのは、なんでだろう?

よく水につかるから?














ダンゴムシの祖先は海の中で生きていた。

ワラジムシ目(Isopoda)はデボン紀に、さらにワラジムシ亜目(Oniscidea)は石炭紀に海で誕生したらしい。

甲殻類
┣ヨコエビ目
┣十脚目
┣ワラジムシ目
… ┣ワラジムシ亜目(陸棲)
   ┣コツブムシ亜目(水棲)
   ┣ミズムシ亜目 (水棲)
   …



ほとんどのワラジムシ目は海産であり、最初のワラジムシ亜目も海産だったと考えられている。

ワラジムシ亜目の一部は陸にあがってダンゴムシ、ワラジムシ、フナムシに進化し、

海に残ったワラジムシ亜目は絶滅したと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

ダンゴムシも卵の薄皮が好き?

ワラジムシが卵の薄皮(卵殻膜)を食べるとネットで見た。

ワラジ虫を観察している元ひよこの中の人だより




飼っている三重県のシッコクコシビロダンゴムシも食べるのかなと思って、容器に入れてみた。


Imgp0774

Imgp0781
食べた。



日に日に面積が縮小していく。

これおいしいの?

主成分はタンパク質らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«荒川戸田橋緑地のワラジムシ、ヒメフナムシ