« 脱皮するダンゴムシ | トップページ | 海産ワラジムシ目 »

2012年4月26日 (木)

ダンゴムシのうんち

ダンゴムシを飼っているといろんなことに気づく。

オカダンゴムシとコシビロダンゴムシは糞の形が違う。



オカダンゴムシのふん

Imgp1277
オカダンゴムシ


Imgp1064
正方形に近い長方形

にんじんを食べても糞は茶色。

触るとボロボロくずれる。




コシビロダンゴムシのふん

Photo
日本在来のダンゴムシ。オカダンゴムシより珍しい。


Imgp1066
はっきりとした長方形



Imgp2269
糞が出そうなコシビロダンゴムシ



大人でも子どもでも傾向は同じ。(オカダンゴムシとコシビロの子どものふん、ダンゴムシの糞食について: だんだんダンゴムシ




対馬列島のコシビロダンゴムシのふん

Imgp1133
大きさはオカとセグロの間ぐらいかな。



ダンゴムシのうんこは、種が違うと、縦と横の比率が少し違う。




ワラジムシのふん

Imgp1572
わかりにくいけど、オカダンゴムシのような正方形に近い長方形




チョウセンヒメフナムシのふん

2
はっきりと四角い長方形

体長の割に小さい



オカダンゴムシとワラジムシは、正方形に近い長方形。

コシビロダンゴムシとヒメフナムシは、細長い長方形。





ダンゴムシのうんちのうんちく

よく見ると、腸には消化中の食べ物が詰まっている。

これが、ところてんのように少しずつ押し出され、消化管の肛門直腸にたまる。

いっぱいになると、直腸と中腸の間で内容物が途切れて、直腸の部分がふんとなって出る。

ふんの短い辺の長さは、消化管の幅で、長い辺は、肛門の長さ、となっているのかもしれない。



実は、ダンゴムシの糞はダンゴムシ自身の貴重な食料にもなっている。

枯れ葉を食べ、消化できなかった部分は糞として外に出し、微生物で発酵させて、再び食べている。

オカダンゴムシとコシビロの子どものふん、ダンゴムシの糞食について: だんだんダンゴムシ

|

« 脱皮するダンゴムシ | トップページ | 海産ワラジムシ目 »

オカダンゴムシ」カテゴリの記事

コシビロダンゴムシ」カテゴリの記事

フナムシ、ヒメフナムシ」カテゴリの記事

外来種のワラジムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンゴムシのうんち:

« 脱皮するダンゴムシ | トップページ | 海産ワラジムシ目 »