« オカダンゴムシとコシビロダンゴムシの腹肢の違い | トップページ | 対馬のダンゴムシ »

2012年4月20日 (金)

身近にいるいろんなワラジムシ(千葉大の西千葉キャンパス)

千葉大学にはオカダンゴムシしかいなかった。

(追記:後日コシビロダンゴムシも見つけました)



千葉大のワラジムシ

ダンゴムシの他に、ワラジムシを採集した。


触角がしましま。ホソワラジムシ Porcellionides pruinosus
Imgp1063
ヨーロッパ原産の外来種



ワラジムシ Porcellio scaber
Imgp1036
脱皮中

こちらもヨーロッパ原産



腹部の白体が5対なのでハヤシワラジムシ科。
Imgp0995
ヤマトサトワラジムシ?ハヤシワラジムシ?

最も身近な在来のワラジムシ。内臓が正中線上に透けている。



白くて小さいワラジムシもいた。

ナガワラジムシ Haplophthalmus danicus
Imgp1331

Imgp1663
拡大。ワラジムシの子どもに見えるがこれで大人。

体が細長く、触角も短い。

これも外来種だと言われている。

|

« オカダンゴムシとコシビロダンゴムシの腹肢の違い | トップページ | 対馬のダンゴムシ »

いろんな地域のダンゴムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身近にいるいろんなワラジムシ(千葉大の西千葉キャンパス):

« オカダンゴムシとコシビロダンゴムシの腹肢の違い | トップページ | 対馬のダンゴムシ »