« ダンゴムシの子ども | トップページ | 鹿島神宮のでかいダンゴムシ »

2012年5月 3日 (木)

sphaeromatidea(コツブムシ科)の一種の写真

コツブムシの仲間は日本の海岸に普通にいる。


海藻についていた。

大きさ5mmほど。見た目はダンゴムシっぽい
Ws000009
腹尾節とヒレの形と甲羅の模様が独特。


Ws000010
それなりに泳げる。

尾節の内側に腹肢があり、常に動かして呼吸している。

エサは海水中や岩表面の有機物を食べてるのかな?


コツブムシも脱皮するとき、半分ずつ殻を脱ぐ。どこまでもダンゴムシそっくり。


Imgp1389
海藻の仮根とそこにつく石灰藻?

甲羅の模様は、こんなふうなものを真似ているのかな?

|

« ダンゴムシの子ども | トップページ | 鹿島神宮のでかいダンゴムシ »

海のダンゴムシ:コツブムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sphaeromatidea(コツブムシ科)の一種の写真:

« ダンゴムシの子ども | トップページ | 鹿島神宮のでかいダンゴムシ »