« コシビロダンゴムシの脚の数も増える(ダンゴムシの裏側の写真がたくさん載ってます) | トップページ | ダンゴムシが子ども→大人のとき脚を増やす理由? »

2012年9月 5日 (水)

ヒメフナムシの脚の数の変化

ヒメフナムシの脚の数も、子供から大人になるとき増えるようだ。

栃木県日光市でヒメフナムシを捕まえた。



子どものヒメフナムシ
Photo
脚は6対12本



卵を抱えたヒメフナムシ
Imgp1904
大人は7対14本



12   →   14
という形質は、ダンゴムシ、ワラジムシ、フナムシを含むグループ、ワラジムシ目に共通する。

ダイオウグソクムシも同じ。



調べたら、「海洋と生物」という雑誌に

>等脚類は…育房で孵化したばかりの幼生はマンカ(manca)とよばれ、第7胸脚をもたない。

とあった。






上の写真のヒメフナムシが死んでいるのは私が殺したからではなく、死んでしまった。

顕微鏡を見たところ、死体に線虫がいた。

Imgp19052
線虫



ダンゴムシを殺す捕食性の線虫がいるらしいから、この線虫がヒメフナムシを殺した?

もしくは、腐食性の線虫もいるので、死体を食べていたのかもしれない。

昨日全員生きていて、今日ケースの中にいた約10匹が全滅しているので、殺虫能力があるとすればとても高いと言えるかもしれない。



ヒメフナムシは飼うの難しいから、単に飼育に失敗しただけかも…

|

« コシビロダンゴムシの脚の数も増える(ダンゴムシの裏側の写真がたくさん載ってます) | トップページ | ダンゴムシが子ども→大人のとき脚を増やす理由? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメフナムシの脚の数の変化:

« コシビロダンゴムシの脚の数も増える(ダンゴムシの裏側の写真がたくさん載ってます) | トップページ | ダンゴムシが子ども→大人のとき脚を増やす理由? »