« 船橋市の県民の森のフナムシ | トップページ | 徳之島のタテジマコシビロダンゴムシ »

2012年10月25日 (木)

ヒメフナムシは水の中で生きられるか?

ベントスとは水の中で生きる生物のうち底で生きる生物を指す。

千葉県の水生生物の調査のサイトを見ると、ベントスとしてヒメフナムシが載っている。


ヒメフナムシは土壌動物であり、森の土の隙間で生きている。

エサは落ち葉。

山の森林にいるフナムシ、それに似るワラジムシ



本当に水の中で生きられるか確かめるために、ヒメフナムシを8匹捕まえて水の中に入れた。

Imgp2148
5匹は数時間であっけなく死んだ。


いっぱい入れすぎて酸欠で死んだと予想し、残りは生き続けるだろうと予測して次の日の朝見たら

3匹とも死んでいた。


腹部の腹肢を盛んに動かして呼吸はしていたので、すぐに窒息はしない。

ずっと水中にはいられないようだ。

時々、水面に上がろうとする個体がいたので、空気呼吸したかったのだろう。










ベントスではないかもしれない。

それとも一部のヒメフナムシは水中に適応しているのだろうか?

エアーをいれたらどうなるかな?



ヒメフナムシを捕まえたとき一緒にいた、ヨコエビの一種(オカトビムシ?)も水中に入れた。

Imgp2198
こちらは一日経っても生き続けていたが、その後すぐ死んだ。

 

|

« 船橋市の県民の森のフナムシ | トップページ | 徳之島のタテジマコシビロダンゴムシ »

ダンゴムシの行動、生態」カテゴリの記事

フナムシ、ヒメフナムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメフナムシは水の中で生きられるか?:

« 船橋市の県民の森のフナムシ | トップページ | 徳之島のタテジマコシビロダンゴムシ »