« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年1月

2013年1月25日 (金)

ワラジムシ目の亜目の特徴

「海洋と生物」という雑誌にワラジムシ目の特徴と検索表が載っていた。

下村通誉 & 布村昇. 2010. 日本産等脚目甲殻類の分類 (1). 海洋と生物, 32(1), 78-82.

日本にいる7つだけ簡単に書く。



Oniscidea ワラジムシ亜目

ダンゴムシのようにほとんどが陸棲。触角が2本にみえる。

(他の亜目は全て水棲。)



Valvifera    ヘラムシ亜目

尾肢が腹肢を覆う。
Imgp2461
ヘラムシの腹部



Asellota     ミズムシ亜目

針状の尾肢が腹尾節の一番後から出る。第2触角に鱗節状小節がある。

P1010111
後端に尾肢があるのがわかる。



Microcerberidea  スナナナフシ

針状の尾肢が体の一番後から出る。ミズムシと違い鱗節状小節がない。体が細長い?



Limnoriidea    キクイムシ亜目

板状の尾肢が腹部の横から出る。尾肢が腹尾節に内側で接する。大顎に臼歯状突起を欠く。腹部の節は癒合していない。
Imgp24452
キクイムシの腹面。尾肢が腹尾節の横から出て、内側にある。



上のグループに当てはまらないものがコツブムシ亜目とウオノエ亜目。

どちらも体形がダンゴムシに似ているものが多い。



Sphaeromatidea    コツブムシ亜目

腹節が癒合することがある。腹尾節に鰓室隆起がある。

イワホリコツブムシ
Imgp27302
鰓室隆起あり



Cymothoida    ウオノエ亜目

鰓室隆起がない。

オオグソクムシ
Imgp4774
隆起なし

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸時代に書かれたダンゴムシの絵

江戸時代のダンゴムシの絵があった。

国立国会図書館のサイトにあった「栗本丹洲」が書いた千虫譜(千蟲譜)(1811)という書物(のコピー?)に載っている。




千蟲譜の3巻[3]の27番
Ws0001053-26の一部
http://www.ndl.go.jp/nature/img_l/007/007-03-026l.html
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2576063




マメザコ(豆雑魚?)と書いてある。

鼠婦一種  (「鼠婦」は中国語でワラジムシ)
筑後栁(柳)川産
人觸(触)ル時ハ渾圓(円)
丸薬ノ如クナル

丸薬ムシ湿地ニ生ス鼠
婦ノ一種ナリ人手ニテ觸
ルレハ丸ク合目
モナキカ如シ
堅クシテ丸薬
如シ因テ名ツリ
又潮ノサス池中
ニモアリ小エビニ交ル
モノワレカラト云




テキトーな訳

ワラジムシ亜目の一種
筑後(福岡南部)の柳川地域で採取(現在の柳川市から大牟田市の北半分の当たり)
触ると丸くなる
丸薬のようだ

丸薬ムシは湿った場所に生息するワラジムシ亜目の一種である
手で触ると丸まり、隙間がない
堅く丸薬のようなので、この名前が付いた
また海水の中にもいる
小さいエビに交じるものはワレカラという




絵の色が全個体灰色で描かれ、じめじめした場所に住み、きちんと丸くなると書いてあるので、セグロコシビロダンゴムシとか?

福岡のダンゴムシは何種類もいるので、はっきりとはわからないだろう。





フナムシ

千蟲譜の3巻[2]の47番
Ws000505
フナムシ 草鞋虫ノ一種ナリ脚左右
十四アリ赤卒ニ化スト云ハ非ナリ甲ハカリ
ニシテ肉ハナシ人ヲ見レハ疾走テ石罅ニ竄ル



尾肢が長めなので、フナムシ Ligia exotica でしょう。

[1]の84番にも出てきます。筆者はフナムシ好き?




[1]の84番には、ヘラムシのような生き物も書いてあるが、

海老虫と書いてあり、違うのかも。





ワラジムシ

千蟲譜の3巻[2]の54番

Ws000506

鼠婦 ヲメムシニ云ワラジ
ムシ湿化ノ処自然ニ生
ス是赤顕微鏡ヲ以テ
写スモノナリ


今よくいる、ワラジムシ Porcellio scaber と言われる種類は外来種であり、この時代はいなかった。

灰色一色のワラジムシとは何だろう。



江戸時代にも、ちゃんとダンゴムシを見ている人がいたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンゴムシの死体

ダンゴムシは死ぬと、甲羅の色が抜けてだんだん白くなる。

Imgp2507
死んだダンゴムシ

退色して白化し始めている。

もっと時間が経つと真っ白の死体になる。



ダンゴムシの脱皮した殻も白く、死体と見間違いやすい。

死体と脱皮殻を見分けるポイントは、体全体か半分か?である。
Imgp2507
この白い物は体の半分なので脱皮殻。

ダンゴムシは体の半分ずつ脱皮するのでこうなる。ダンゴムシの仲間は2回に分けて脱皮する。:だんだんダンゴムシ



Imgp5034
死んだダンゴムシを解体するアリ



そういえば飼っていたダンゴムシが死んだとき、甲羅に土がついていることに気が付いた。
Photo
生きているときに甲羅に土や砂がくっつけているダンゴムシをみたことがない。

不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

大集団で越冬中のダンゴムシ(東京都)

1月12日に東京大学本郷キャンパスで、ダンゴムシを探した。

上野公園や小石川植物園に近いので、コシビロダンゴムシがいるかもしれないと思った。



捨てられたコンクリートの塊を持ち上げたら

Imgp2493_2
ダンゴムシが集団で越冬中だった。ムカデとワラジムシも一緒に冬眠してる。




これはすごい…

数百匹はいる。

なんで密集しているの?低温から身を守っている?落ち葉もあって暖かそう。




ほとんどオカダンゴムシ。

しかし、コシビロダンゴムシがわずかに混ざっていた。




撮った写真を後で整理していて気がついたが

Imgp2495
このなかにコシビロダンゴムシが2匹(3匹?)だけ写っている。

慣れると判別できるようになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

チリメンモンスターになったダンゴムシの仲間

チリメンモンスターに、ダンゴムシの仲間であるウオノエ亜目 Cymothoida が見られる聞き、今まで探していた。

ついにウオノエのチリモンを見つけた。

Imgp2469背中

Imgp2470_2
顔の半分以上が目

魚に寄生するウオノエかな?

Imgp2474
脚の数はダンゴムシと同じ

Imgp2490腹部
色が抜けているけど、形ははっきりしている。



ウオノエ亜目グソクムシ科Aegiochus属?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »