« 江戸時代に書かれたダンゴムシの絵 | トップページ | 丸くなるダンゴムシと丸まろうとするワラジムシ »

2013年1月25日 (金)

ワラジムシ目の亜目の特徴

「海洋と生物」という雑誌にワラジムシ目の特徴と検索表が載っていた。

下村通誉 & 布村昇. 2010. 日本産等脚目甲殻類の分類 (1). 海洋と生物, 32(1), 78-82.

日本にいる7つだけ簡単に書く。



Oniscidea ワラジムシ亜目

ダンゴムシのようにほとんどが陸棲。触角が2本にみえる。

(他の亜目は全て水棲。)



Valvifera    ヘラムシ亜目

尾肢が腹肢を覆う。
Imgp2461
ヘラムシの腹部



Asellota     ミズムシ亜目

針状の尾肢が腹尾節の一番後から出る。第2触角に鱗節状小節がある。

P1010111
後端に尾肢があるのがわかる。



Microcerberidea  スナナナフシ

針状の尾肢が体の一番後から出る。ミズムシと違い鱗節状小節がない。体が細長い?



Limnoriidea    キクイムシ亜目

板状の尾肢が腹部の横から出る。尾肢が腹尾節に内側で接する。大顎に臼歯状突起を欠く。腹部の節は癒合していない。
Imgp24452
キクイムシの腹面。尾肢が腹尾節の横から出て、内側にある。




上のグループに当てはまらないものがコツブムシ亜目とウオノエ亜目。

どちらも体形がダンゴムシに似ているものが多い。



Sphaeromatidea    コツブムシ亜目

腹節が癒合することがある。腹尾節に鰓室隆起がある。

イワホリコツブムシ
Imgp27302
鰓室隆起あり



Cymothoida    ウオノエ亜目

鰓室隆起がない。

オオグソクムシ
Imgp4774
隆起なし

 

 

|

« 江戸時代に書かれたダンゴムシの絵 | トップページ | 丸くなるダンゴムシと丸まろうとするワラジムシ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

海のダンゴムシ:コツブムシ」カテゴリの記事

海のダンゴムシ:キクイムシ」カテゴリの記事

海のダンゴムシ:ミズムシ」カテゴリの記事

海のダンゴムシ:オオグソクムシ、スナホリムシ」カテゴリの記事

海のダンゴムシ:ヘラムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワラジムシ目の亜目の特徴:

« 江戸時代に書かれたダンゴムシの絵 | トップページ | 丸くなるダンゴムシと丸まろうとするワラジムシ »