« 海岸の石の裏にいるシリケンウミセミ | トップページ | 高知県のワラジムシ+ワラジムシを触角で分類する »

2013年4月15日 (月)

海岸にいる赤いミギワワラジムシ

初めてミギワワラジムシ(ミギワワラジムシ科 Marinoniscidaeヒゲナガワラジムシ科 Olibrinidae)を見た。

海岸の岩場の石の下にいた。


ミギワワラジムシの一種 Olibrinus sp.
Imgp4410
捕まえたときはもっと赤かった。なぜ赤い?

死にそうだったので、標本にしたら色が抜けて真っ白になってしまった。


写真の個体は尾肢がないが、ミギワワラジムシの仲間は2本の太い尾肢が目立つ。

暖かい地方の海水につかる潮間帯から知られる。

あまり見かけないので、珍しい種類?


ヒイロワラジムシ(ハマベワラジムシかもしれない)
Imgp5438
同じように海岸にいるが、多少黒みがかった赤のワラジムシ

ミギワワラジムシよりは分布が広く、あまり人の影響を受けていない海岸林で高密度で見られる。

|

« 海岸の石の裏にいるシリケンウミセミ | トップページ | 高知県のワラジムシ+ワラジムシを触角で分類する »

在来種のワラジムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海岸にいる赤いミギワワラジムシ:

« 海岸の石の裏にいるシリケンウミセミ | トップページ | 高知県のワラジムシ+ワラジムシを触角で分類する »