« アブラムシを食べる肉食ダンゴムシ | トップページ | 海にいるダンゴムシを採る方法 »

2013年6月 8日 (土)

海にいるダンゴムシを飼う方法

海の生き物は一般的に飼育が難しいようだ。

海のダンゴムシの仲間も難しい。

イワホリコツブムシとシリケンウミセミを飼っているが、シリケンウミセミは多くが死んだ。

コツブムシは2ヶ月経って7割ぐらい生き残っている。


Imgp4646
産まれたコツブムシの子どもは9割死んでしまった。

飼育は難しい。



太平洋の海水1L弱ぐらいに全部(5、6匹)入れて、10日に1回のペースで1/3ぐらいを水替えしている。

Imgp4859
あまり海水は汚れず、塩分濃度が多少ずれても問題なし。

ただ、調べたらイワホリコツブムシは海水を1.5倍量に薄めた方が生存率が高いらしいことがわかった。



コツブムシの餌は市販の「川魚のエサ」を試しにやっている。

おそらく有機物なら何でもいいと思われる。死んだ個体も食べていた。

餌をやったら水替えをした方がいいと思われる。

人工海水でも問題はない。





(追記)

イワホリコツブムシじゃなくてナナツバコツブムシかもしれない。

コツブムシの子ども: だんだんダンゴムシ

|

« アブラムシを食べる肉食ダンゴムシ | トップページ | 海にいるダンゴムシを採る方法 »

海のダンゴムシ:コツブムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海にいるダンゴムシを飼う方法:

« アブラムシを食べる肉食ダンゴムシ | トップページ | 海にいるダンゴムシを採る方法 »