« ハマダンゴムシは海水に浮くものと沈むものがいる | トップページ | 葛西臨海水族園のオニナナフシ »

2014年3月 3日 (月)

飼っているコツブムシがカニに食べられた

夷隅川河口からとってきたコツブムシを飼っている。

小さいカニを一緒に入れておいた。


Imgp583322
左:カニ 右:コツブムシのおしり



ふと、コツブムシの飼育ケースをのぞいたら、カニがコツブムシの体をくわえて食べていた。
Imgp68222
カニはコツブムシを食べるようだ。


2
食べられて半分になったコツブムシの体


Imgp62162
コツブムシは硬そうだからカニは食べないと思ったのが間違いだった。

コツブムシは常に木材に穿孔しているから、数が減っているのかわからないので、発見が遅れた。


Imgp62172
取り除いたカニたち



コツブムシが木材の奥深くに穿孔するのは、捕食者から逃れるためなのだろう。

カニはどうやって木に潜るコツブムシを襲ったのだろう?

(飼育のやり方が悪くて死んだコツブムシを食べてた?だとしたらカニは冤罪だが。)





何か月も飼い続け、2014年6月にはコツブムシが次々死んでしまって、残り一匹になった。

海水を頻繁に変えないとダメみたい。木材穿孔性なので木を入れたので、腐敗が速かった。

残ったコツブムシは「ロンサムジョージ」と名付けよう。

|

« ハマダンゴムシは海水に浮くものと沈むものがいる | トップページ | 葛西臨海水族園のオニナナフシ »

海のダンゴムシ:コツブムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飼っているコツブムシがカニに食べられた:

« ハマダンゴムシは海水に浮くものと沈むものがいる | トップページ | 葛西臨海水族園のオニナナフシ »