« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月27日 (土)

ダンゴムシの天敵ヒョウタンゴミムシ

ダンゴムシの天敵は、サンショウウオ、カエル、クモ、鳥類など。

しかしダンゴムシ類はあまり好まれず、日本には代表的な天敵が存在しないと思われる。

(ヨーロッパには強力な天敵としてイノシシグモやワラジムシヤドリバエが知られる。)



そう思っていたが、どうやらヒョウタンゴミムシは天敵らしい。

前のページで書いたように、

ヒョウタンゴミムシと一緒にしたコシビロダンゴムシが食われてしまった。



ヒョウタンゴミムシが食べる種類

ヒョウタンゴミムシはダンゴムシなら何でも食べるのか?どのくらい食べるか?

いろんなダンゴムシと一緒に飼育した。



1.オカダンゴムシ3匹

大きい個体は消滅。子どもだけ生き残る。


2.コシビロダンゴムシ2匹

Photo_3
体の後半だけが残っていた。もう一匹は完全に消えた。


3.三浦半島で取ったタマワラジムシ5匹

Photo_4
1匹はぐちゃぐちゃな甲羅だけが残っていた。もう1匹もいなくなった。

子ども3匹は生き残っている。


4.ホソワラジムシ3匹

3匹とも生き残る




ダンゴムシが先に食われ、そのあとにワラジムシが食われた。

ホソワラジムシとダンゴムシの子供は小さいから食べられなかったのだろう。



ヒョウタンゴミムシは一日で何匹もダンゴムシやワラジムシを食べた。

強力な天敵のようだ。



ヒョウタンゴミムシのWikipediaにも、オカダンゴムシやハマダンゴムシを食べるとある。

固い甲羅が役に立たない恐ろしい天敵。

とはいえ、このゴミムシは数が減っているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

神奈川県三浦半島のダンゴムシ…を捕まえたけど

神奈川県の三浦半島に行った。

浦賀水道で貨物船とコンテナ船が衝突した事故で油が漏れたからヒジキ漁が禁止という張り紙が貼ってあった。大変だ。

魚とタコを釣った。タコを逃がしたら墨を吐いて泳いでいった。



ウミケムシ

浜辺でウミケムシを見つけた。

Photo
でかい。キモイ。

毒があるので、触らないように採集した。

打ち上げられたせいか弱っており、すぐ死んだので標本になっている。



ダンゴムシをヒョウタンゴミムシに食べられた

海岸なので、タマワラジムシがいっぱいいた。

近くの林には、かわいいコシビロダンゴムシもいて捕まえた。



しかし写真はない

なぜなら、一緒に捕まえてケースに入れたヒョウタンゴミムシに食べられたから。

Photo_2
ヒョウタンゴミムシ



手に入った6匹のダンゴムシが1日で食べつくされ、

ケースにはわずかな残骸が残るのみであった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

ヒメフナムシの心臓

ヒメフナムシの背中を顕微鏡で見ると心臓が見える。




体背面側の頭部から第五腹節まで、とても長い直線状の心臓がある。

かなり速いスピードで脈打っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

フナムシの血液

ダンゴムシやフナムシは開放血管系で、体内には血液ではなく血リンパが流れている。

顕微鏡で見ると流れている様子が見える。

Imgp7422
水滴に入れると、ヒメフナムシが死なず、表面張力で逃げ出さないので観察しやすい。



触角を流れる体液

触角の中を血球らしき物が流れている。

開放血管系であっても、触角や脚のような末端では、血液を循環させるために、仕切りが奥まで伸びていると授業で習った。




ダンゴムシに赤血球はない。

人間を含め、ほとんどの脊椎動物は赤血球と白血球を持つ。

しかし、脊椎動物以外の動物は、ごく一部を除いて赤血球を持たない。

節足動物のダンゴムシも持たない。酸素を運ぶタンパク質は直接血液に溶けている。



Wikipediaの赤血球のページに、節足動物の酸素を運ぶタンパク質はヘモシアニンであり、この色素により血液は青く見えるとある。

血液が微量なせいか、ダンゴムシの体液の色は青くなく透明。



白血球はある。

動画で流れているのは白血球だと思う。

土の中にいるので衛生状況はあまり良くなさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

巣の中で脱皮するコシビロダンゴムシ

コシビロダンゴムシを飼育していたら、土壌の中に巣をつくった。

その中で脱皮をしていた。


Imgp7389

落ち葉の上で脱皮する個体もいるが、安全な環境で脱皮することもあるようだ。

自然下でも、落ち葉の下の層に隠れて脱皮するダンゴムシがいるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

ジャギジャギのダンゴムシが脱皮した

ジャギジャギのダンゴムシが脱皮した。

甲羅の形はそのままだった。
Imgp73942
脱皮殻もゆがんだ形だった。

この形でも生きていくのに問題ないようだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »