« ダンゴムシの天敵ヒョウタンゴミムシ | トップページ | ペットのサソリ、キクイムシ »

2014年10月 8日 (水)

沖縄の那覇のダンゴムシ、ワラジムシ

沖縄県那覇市にある安里幼稚園に行った。

知らないダンゴムシがいっぱいいた。

幼稚園の敷地は安里八幡宮の参道と重なっていて、一般の人も入れる。



コシビロダンゴムシ

Imgp7542
触角が茶色いコシビロ


Imgp7546
触角が黒いコシビロ。1枚目のコシビロと同じで頭部や尾肢は茶色いが、少し黒みが強い。

種類が違うのかわからない。



沖縄はオカダンゴムシが少ないと聞いて、オカダンゴムシも探した。

結局オカダンゴムシは見つけられなかった。

沖縄本島はハマダンゴムシもいるらしいが、那覇にいるのだろうか?




ワラジムシ

Photo
ヤマトサトワラジムシに似ているワラジムシ

触角が茶色い。

神社にはモリワラジムシがいた。






幼稚園児との会話

幼稚園で探していたら、幼稚園児が「何をしているの?」と話しかけてきた。

「ダンゴムシを探している」と答えたら、「こっちにいっぱいいる」と案内してくれた。

本当にいっぱいダンゴムシがいた。ありがたい。

いっしょに探しはじめたら、幼稚園児はプランターの下にいたゴキブリに興味をもち、迎えにきた?保護者を困らせていた。



気まずい感じになった。

ゴキブリを素手で触っていた。すごい。



ふと、このコシビロダンゴムシは元からいたのか、移動してきたのか、気になった。

那覇市の一部は戦争で焼け野原になったと習ったから。

なので、この幼稚園児の保護者に戦争について聞いてみた。

曰く、幼稚園のまわりは、第二次世界大戦のとき、上陸してきたアメリカ軍と迎え撃つ日本軍の間で激しい戦闘があった。

日本軍は幼稚園から見えるビルのあたりに陣地を張り、たこつぼに隠れた日本兵が爆薬を抱いてアメリカ軍の戦車のしたに飛びこみ自爆して擱座させる戦術をとった。

安里八幡宮は空襲で全焼した。

「シュガーローフの戦い」がまさにこの場所であった。

このダンゴムシたちは、きっと戦後どこかからやってきたのであろう。

|

« ダンゴムシの天敵ヒョウタンゴミムシ | トップページ | ペットのサソリ、キクイムシ »

いろんな地域のダンゴムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の那覇のダンゴムシ、ワラジムシ:

« ダンゴムシの天敵ヒョウタンゴミムシ | トップページ | ペットのサソリ、キクイムシ »