« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月 1日 (土)

エビに寄生するエビノコバン

千葉大で大学祭をしていて、水族館が開かれている。

水族館の展示の中に淡水性のエビ、スジエビの展示がある。

エビを見ていたら、エビノコバンが寄生していた。


エビノコバン
Imgp7783
背甲の外側にくっついている。


珍しいものではないと淡水のエビの研究者は言っていた。

明日まで展示している。


エビノコバンはニセウオノエ科に属している。

スナホリムシダマシ科によく似ているが、maxillipedにenditeがないところが特徴。


ニセウオノエ科の属への検索表

1. Maxilluleの側面に1本の太く曲がった棘があり、その基部に1本以上の小さいフック状の棘がある━━Argathona
1. Maxilluleが上に当てはまらない━━2
2. Maxilluleの側面に2本の太く曲がった棘があり、その間に1~3本の小さい棘があることがある━━Alcirona
2. Maxilluleの側面の先端に1本の太く曲がった棘があり、その基部に小さいフック状の棘がない━━3
3. Mandibleに細長いincisorがある━━Excorallana
3. Mandibleに短いincisorがある━━4
4. Maxillaは3節か4節、先端の節は直線で細長い━━Lanocira
4. Maxillaは1節で先端が円い━━5
5. Maxillipedは狭く、基節は細長く、palpは5節━━Corallana
5. MaxillipedはCorallanaより幅広く、基節は細長くなく、palpは3~5節━━6
6. Maxillipedのpalpは3節、mandibleにmolar processやlaciniaはない━━Austroargathona
6. Maxillipedのpalpは3~5節、mandibleにmolar processはないがlaciniaはある━━Tachaea

Delaney, P. M., & Brusca, R. C. (1985). Two new species of Tridentella Richardson, 1905 (Isopoda: Flabellifera: Tridentellidae) from California, with a rediagnosis and comments on the family, and a key to the genera of Tridentellidae and Corallanidae. Journal of Crustacean Biology, 5(4), 728-742.



続きを読む "エビに寄生するエビノコバン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »