« 海にいるダンゴムシの仲間の化石 | トップページ | 日本農業新聞のダンゴムシの記事。しらすのウオノエ »

2015年4月26日 (日)

カラタチを食べる外来種のハムシ

千葉県某所のカラタチにハムシがついているのを発見した。

このトビハムシは、最近、中国南部から成田空港経由で侵入した外来種の虫である。

私が知る限り、2009年以前に千葉大学のカラタチを丸坊主にして、枝まで食べていた。

東京都にも侵入しているとあるブログにあった。ここもくわしい。


(追記)

月刊むしの2016年6月号を見ると、カラタチトビハムシ Podagricomela weisei のようだ。



千葉大とは別の場所でも新しく見つけたから、このハムシの分布は広がっていると思う。
Imgp8190
うまく撮れない。すぐ跳ねる。

土の中で成虫で越冬し、年複数回、発生する。

葉っぱは新芽の段階ですぐ食われるので、カラタチの木は枝だけになる。



Imgp8195
葉の先端にある白い粒が卵

新芽の先端に卵を産む。

このカラタチは葉が茂っているので、侵入は最近?



Imgp8182
幼虫

ハモグリガのように食べる。

ときどき外に出てきて、別の場所に再び潜ることを繰り返すので、食痕が一筆書きにならない。



Imgp8185
いっぱいいた。

たぶんこのカラタチも枝だけになると思う。

よく見ると、近くで寄生バエのような虫も飛んでいた。



Imgp8188
取り出した幼虫



柑橘系を食べ、特にカラタチの食害が酷い傾向にある。

もし食用のミカンの葉をたくさん食べるとしたら大問題だが、どうなんだろう?

|

« 海にいるダンゴムシの仲間の化石 | トップページ | 日本農業新聞のダンゴムシの記事。しらすのウオノエ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラタチを食べる外来種のハムシ:

« 海にいるダンゴムシの仲間の化石 | トップページ | 日本農業新聞のダンゴムシの記事。しらすのウオノエ »