« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月29日 (金)

東京レプタイルズワールドに行ってきた

東京レプタイルズワールドに行ってきた。

展示の中をぐるぐる回ったら、1つだけダンゴムシを出しているお店があった。



ネッタイコシビロダンゴムシが5、6匹で4000円。

高い。買えない。

しかも撮影不可。



あきらめた。

廊下にあったガチャガチャにあの裏庭の生き物-土壌動物大全-があった。



ハサミムシが出た。
Imgp8289_2
オカダンゴムシが欲しかった。

1回300円と高いので、オカダンゴムシが出るまではやらなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

裏庭の生き物-土壌生物大全- 発売されたが、結局手に入らず

少し前に、ガチャガチャのアイテムとして、オカダンゴムシが海洋堂から発売されました。

この話題を2人からされたので、探しに出かけたが、どこにもない。

しょうがないので、ダイオウグソクムシを手に入れた。


Imgp8201
ガチャガチャのダイオウグソクムシ



ダイオウグソクムシの雑誌の付録についていたペーパークラフトもつくった。
Imgp79112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

ガルパンに映ったコシビロダンゴムシの生息地

アニメやゲームの舞台となった現実の場所を「聖地」と呼んで、

聖地を巡ることは聖地巡礼と呼ぶそうです。



茨城県の大洗に行った。

コシビロダンゴムシを探した。

外来種のオカダンゴムシより珍しいので、探す価値がある。


Imgp4483
トウキョウコシビロダンゴムシ



採集場所が、何年か前に放送されたアニメ「ガールズ&パンツァー」のワンシーンに入っていた。

1
矢印の草むらにいる。

ここは神社の入口であり、この敷地にはコシビロダンゴムシが多くいた。

神社の敷地内はコシビロダンゴムシがいることが多い。



コシビロダンゴムシは乾燥に弱い。

神社の森は伐採されにくくて、コシビロダンゴムシが生きられる環境が続いてきたのだと思われる。




私の家の最寄り駅も、いくつかのアニメの聖地になっているらしい。

絵を検索したら、それなりに再現されていた。

ある人は自宅が聖地。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

日本農業新聞のダンゴムシの記事。しらすのウオノエ

日本農業新聞

日本農業新聞という新聞があることを最近知った。

野菜がこの新聞でくるまれていて、なんとなく読んだらオカダンゴムシが載っていた。


Imgp8180
2015年2月21日の9ページ

土壌について書いてあり、ダンゴムシが「ぼくらがおちばを食べているから草や木が育つんだね!」と言っている。

おなかのマークがクロワッサンにみえる



謎のキャラクターが書いてあるが、これはオカダンゴムシの「ダンゴム」だそうです。

デザイナーのとよさきかんじ氏がイラストを描いている。この人のブログに載ってた。




しらすのウオノエ

しらすを食べようとしたら、ウオノエの小さい個体が混ざっていた。

Imgp8211
小さいウオノエ

ウオノエは海にいるダンゴムシの仲間で、魚やエビの体液を吸っている種類が多い。

ちゃんとダンゴムシそっくりなふしの構造である。

陸のダンゴムシに寄生するタイプはないが、海には寄生する種は数多くいる。



スーパーの店員に魚のウオノエについて質問したら、異物の苦情だと勘違いされたことがあった。

ウオノエがあったら欲しいと言いたかっただけなんだけどな…

エビや魚の頭を見ると、ウオノエが寄生していないかチェックするようになった。もはやビョーキだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »