« 梅雨でダンゴムシが元気になっている | トップページ | 大きなコツブムシを見つけた。 »

2015年7月26日 (日)

岡山県のコシビロダンゴムシ

岡山に行ってきた。

コシビロダンゴムシを探した。



岡山市

Photo
灰色のコシビロダンゴムシ



備前市

Imgp8342
黒いコシビロダンゴムシ

セグロコシビロダンゴムシ?


Imgp8344
タテジマコシビロダンゴムシ?












関係ない話

さすがに距離が離れているためか、コシビロダンゴムシが関東と全然違う。

関西は人間もいろいろと関東と違う。

大阪駅で驚いたのは、エレベーターで右側に乗り、女性専用車両が真ん中にあったこと。

総武線では先端にある。真ん中は邪魔じゃないだろうか?




アメリカはもっと違うと最近思った。

JAFの月刊の機関誌を読んでいたら、「アメリカで銃の弾痕がついた標識を見かけてびっくり」という投稿が載っていた。




これを聞いて、だいぶ昔授業で聞いた先生の話を思い出した。

「アメリカに行ったら、穴の開いた道路標識を見た。

アメリカ人に理由を聞いたら、アメリカでは眠気覚ましにドライバーが看板を拳銃で射撃することがあるからだと言われた。

昼夜問わず標識のそばにいてはいけないと忠告を受けた。

ちなみに、アメリカの警官も平気で銃を撃ってくる。

警官に話しかけられたら、決して手をポケットや服の裏に入れたり、物を手に取ろうとしたりしてはいけない。ポケットからパスポートを取り出すときも、見せながら慎重に取り出す必要がある。

なぜなら、銃を取り出すと想像できる仕草をすれば、躊躇なく射殺されるからだ。」

アメリカ怖ぇーと思った。日本と違いすぎる。

|

« 梅雨でダンゴムシが元気になっている | トップページ | 大きなコツブムシを見つけた。 »

いろんな地域のダンゴムシ」カテゴリの記事

コシビロダンゴムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡山県のコシビロダンゴムシ:

« 梅雨でダンゴムシが元気になっている | トップページ | 大きなコツブムシを見つけた。 »