« オカダンゴムシとコシビロの子どものふん、ダンゴムシの糞食について | トップページ | 千葉大の大学祭に行った。 »

2015年10月31日 (土)

日本のダンゴムシの分布

このブログのアクセス数を見ると、やはりダンゴムシが人気である。

ダンゴムシは身近にいるからかな。




ダンゴムシやワラジムシの分布は以下のサイトにまとめられている。

http://isopoda.sakura.ne.jp/map/map.php

「表示する種を選択」で、ダンゴムシの学名を選択して、「地図上に表示」を押す。

学名についてはこのページを参考にしてみて下さい。

場所は正確ではなく、見つけた町の代表的な場所が表示されるだけである。





関東地方のハナダカダンゴムシやコシビロダンゴムシの分布は、以下のページにまとめた。

関東地方のダンゴムシの種類と分布: だんだんダンゴムシ






ここでは、テキトーにダンゴムシのいそうな環境について語っていく。






外来種のダンゴムシ

オカダンゴムシ(学名:Armadillidium vulgare

Imgp1973

もっともよく見るダンゴムシ。どこの住宅地でも必ず見る。

上の分布マップを見ると、日本中にいることがわかる。



Imgp2399
白、オレンジ、黄、黒など、いろんな色がある。

最大1.5cmと大きい。(ダンゴムシの中では)





ハナダカダンゴムシ(学名:Armadillidium nasatum

Imgp7017

主に横浜と神戸で見られる。飼育するとオカダンゴムシよりも乾燥に弱かった。

乾燥した港ではなく、背後の少し湿った郊外の林に多いと聞いた。

近年分布を拡大中である。




福岡教育大学の動物生態学研究室で外来ダンゴムシの分布について調べられてるそうです。
https://sites.google.com/site/dotodoubutsu/home







・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


在来種のコシビロダンゴムシ。カガホソコシビロダンゴムシ(Spherillo spp. )

在来種のダンゴムシは、だいたいカガホソコシビロダンゴムシSpherillo の仲間。

見つけるのが少し大変。

外来種との見分け方は、以前に書いた。
神戸のハナダカダンゴムシ。他のダンゴムシとの違い。

ダンゴムシやワラジムシの外来種がブラックリストに載るかも




暖かい地方には、数が多い。北海道はいない(はず)。

Imgp8011
鹿児島大学キャンパス内のコシビロダンゴムシの一種



Photo_3
タテジマコシビロダンゴムシ(学名:Spherillo russoi )。落ち葉と保護色。

関東以南に分布。九州では普通に見られる。




Photo
セグロコシビロダンゴムシ(学名:Spherillo dorsalis

関東以南?に分布




山の奥深くにはいない。里山みたいなところに多いと思う。

平地でも保全された場所(例:皇居)に、見られることがある。

都会の住宅街で見つけたいならば、斜面の森がおすすめ。

斜面の部分は攪乱を受けにくいので、在来種が残るみたい。

竹林や針葉樹の純林にはいない傾向がある。








カガホソコシビロダンゴムシ属以外のコシビロダンゴムシ

コシビロダンゴムシのうち、カガホソコシビロダンゴムシ属以外に日本で2属が見られる。




ネッタイコシビロダンゴムシ(学名:Cubaris murina)=フチゾリネッタイコシビロダンゴムシ(Cubaris iriomotensis

昔は、フチゾリネッタイコシビロダンゴムシ or イリオモテコシビロダンゴムシと呼ばれた。

キューバ、ブラジル、シエラレオネなど世界中の熱帯域に広く分布する。日本では、西表島などの先島諸島にいる。

Cudaris という誤記が見られる。Cubaris である。)





さらに、イシイコブコシビロダンゴムシ (学名:Hybodillo ishiiが沖縄島にいる。

これらのコシビロダンゴムシはちゃんとした調査が必要かも。






・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


海岸にいる在来種のダンゴムシ

ハマダンゴムシ(学名:Tylos granuliferus)

Imgp4964
ハマダンゴムシ

在来種のダンゴムシの中で最大サイズ。オカダンゴムシを超える。


北海道から沖縄まで、日本中の海岸の砂浜や礫浜で見られる。岩の海岸にはいない。

夜行性なので、昼間はスコップで砂や打ちあがったゴミを優しく掘り返していく必要がある。



人工の砂浜にはおらず、開発とともに生息範囲が減っている。

残っているところはすごい数いるけど。





・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

総評

1番かわいいのは、コシビロダンゴムシである。

種によっていろんな色があるが、どれも大変良い和風テイスト。

さらに、いそうでいない、いなさそうでいるところが奥ゆかしい。




2番目がオカダンゴムシ。

やはり大きいと、丸くなった時の存在感が際立つ。

他のダンゴムシよりマイペースな歩きが見ていて飽きない。

ただし、色がカラフル過ぎるところがマイナス。(いやそこもいいところなんだけどね)





3番目がハマダンゴムシ。

いる場所が限られるため、見つけただけでうれしくなる。

場所によって色や大きさ、密度が違うので、サイエンスな興味をかきたてられる。

個人的に顔が微妙。





ハナダカダンゴムシは評価できず。

野生のハナダカダンゴムシを見たことがなく、長期間飼育の経験もないので、よくわからない。

|

« オカダンゴムシとコシビロの子どものふん、ダンゴムシの糞食について | トップページ | 千葉大の大学祭に行った。 »

いろんな地域のダンゴムシ」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

オカダンゴムシ」カテゴリの記事

コシビロダンゴムシ」カテゴリの記事

ハマダンゴムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1672424/61575518

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のダンゴムシの分布:

« オカダンゴムシとコシビロの子どものふん、ダンゴムシの糞食について | トップページ | 千葉大の大学祭に行った。 »