« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月26日 (金)

オオグソクムシの付属肢(後編)

前編からの続き



口の付属肢

口の付属肢は種によって形が違うので、ワラジムシ目の分類には欠かせないパーツである。

鳥羽水族館の飼育日記にも、ダイオウグソクムシの顎脚のページがある。



口の部分を腹側から撮影。
Imgp4788_2

顎脚と大顎の一部、その他のパーツの一部が見える。

小さい矢印は顎脚の基節内葉の鉤刺(coupling hook)がかみ合わさっているところ。



左側の肢を後ろから
(=表面から)順に紹介。



顎脚(がっきゃく, maxilliped, ногочелюсти)
Imgp9169
顎脚をはずした。

鬚(palp)は5節あり、それぞれ細かい羽毛状の毛が生えている。

この毛で口周りの掃除をするとされる。

もともと脚であったものが変化した付属肢であり、節の数が脚と同じである。(種類によって節数が少ないこともある。)



顎脚を裏返すと、

Imgp9173_2
基節(basis)から基節内葉(endite)が生えている。

基節内葉から4~5本の鉤刺が生える。




副肢 epipodはないの?)





第2小顎(だいにこあご, maxilla 2、second maxilla、maxilla、maxillae)
Imgp9177
顎脚をとるとmaxilla 2が見えてきます。

ぱっと見、3つにわかれているようにみえる。

実際は、底節内葉(写真で上側)と、先端が2つに分かれた基節内葉(右下側)からなる。



大きさ比べ
Imgp9178





第1小顎(だいいちこあご, maxilla 1、first maxilla
、maxillula、maxillule
Imgp91812
基節内葉(outer lobe)(右下のピンク色)と底節内葉(inner lobe, внутренней лопасти)(左上の白色)からなる。



基節内葉のとげは黒くて硬い。

咀嚼し食べ物を柔らかくする役割があるとされる。




大顎(mandible)
(「たいがく」と読むのか、「おおあご」と読むのか)(追記、オオグソクムシの本によると「おおあご」と読む。)
Imgp91862_3
線で囲った部分が大顎。(矢印の部分は間違えてピンセットで傷をつけた部分である。)



門歯状突起(incisor)(黒い部分)がとても硬く、3つの歯から成る。

食べ物を食いちぎる部分だとされる。



写真だと見にくいが、3節からなる鬚(palp, щупика)が前方に向かって伸びている。



Imgp91872_2
大顎の裏側には、
可動葉片(lacinia mobilis)(白く、鋸歯が発達している部分)と

臼歯状突起(molar process)(下に伸びる片側に細かい歯が並ぶ、白い部分)が見られる。



大顎は左右1対あるが、このパーツは左右対称ではなく、

口を閉じた時、左右で互い違いに噛み合う構造になっている。

そのため、口の中で食べ物を細かくする役割があるとされる。




スナホリムシの一種
の口器がわかりやすく写った電子顕微鏡写真がネットにある。




腹肢(ふくし, pleopod)
Imgp9200
左上から第1腹肢~第5腹肢

それぞれ、原節(peduncle)(上)、内肢(endopod)(左下)、外肢(exopod)(右下)からなる。

オオグソクムシは、もじゃもじゃした branchiae が内肢のあたりに見られる。

内肢はちょっと厚い。



呼吸器官である。

遊泳するときにパタパタ扇いで推進力を得るためにも使われる。




オスの腹肢のappendix masculina
Imgp47732
オスは第2腹肢にはappendix masculina(黒矢印)がある。

青矢印はオオグソクムシのペニスである。

どちらもメスにはない。




尾肢(びし, uropod, уропода)
Imgp9202
原節(peduncle)、内肢(endopod)、外肢(exopod)からなる。



Imgp92032
尾肢内肢(uropod endpod, эндоподит уропода)は三角形であり、内側と末端側の角度は106°である。

後端に、robust setaeと細い毛がある。



内肢の形、外肢の形は種によって異なる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オオグソクムシの付属肢(前編)

オオグソクムシ Bathynomus doederleini の付属肢について書く。


参考に読んだオンラインで読める論文

NOTE ON THE GIANT ISOPOD GENUS BATHYNOMUS MILNE EDWARDS, 1879 WITH DESCRIPTION OF A NEW SPECIES

BATHYNOMUS LOWRYI SP. NOV. (CRUSTACEA: ISOPODA: CIROLANIDAE), THE FIRST RECORDOFTHE ‘GIANT’MARINE ISOPOD GENUS, FROM THAILAND WATERS

BATHYNOMUS A. MILNE EDWARDS, 1879 (ISOPODA, CIROLANIDAE) FROM THE BRAZILIAN COAST, WITH DESCRIPTION OF A NEW SPECIES

The giant deep-sea scavenger genus Bathynomus (Crustacea, Isopoda, Cirolanidae) in the Indo-West Pacific

※甲殻類などの節足動物の体の構造やそれを使った種の分類については専門的な分野です。私はオオグソクムシの専門家ではありません。同じワラジムシ目の中であっても種類によって、体のパーツの名前が違ったり、ここが違うと別種だと言えるというような重要な部位が異なったりします。この辺りは過去の文献や記録を熟読して勉強し、多くの標本を見る経験が必要なので、正確で詳しい内容は専門家に聞くしかないです。上で挙げた論文がまともな論文なのか私は知らないです。




触角

第1触角(antenna(複数形 antennae) 1 =antennule =first antenna)
Imgp4786_2

太い節が柄節(peduncle)、細い節が鞭節(flagellum, жгутик)。

ダイオウグソクムシはもっと長く、3節+46~50節。


第1触角の鱗節状小節(矢印の小さい突起)(antennular scale)
Imgp47862
ワラジムシ目ではオオグソクムシ属、エビヤドリムシ科の幼生、キクイムシ科、ケウピリア科に見られる特徴。

第2触角の鱗節状小節(antennal  scale)はミズムシ亜目で見られる。

BRUSCA, R. C. (1991). A phylogenetic analysis of the Isopoda with some classificatory recommendations. Mem Queensl Mus, 31, 143-204.



第2触角(antenna 2 =antenna =second antenna, второй пары антенн)
Imgp4782
長い




付属肢ではないがついで。

1_2
頭部(cephalon)の前方中心が額角(がっかく、rostrum)。

その腹側に、額葉(がくよう、frontal lamina)、頭楯(とうじゅん、clypeus)、上唇(じょうしん、labrum)がある。

額葉と頭楯はくっついて1つになっている等脚類もいる。


Imgp47672_1
頭楯が触角の間にでっぱる。




胸脚
Imgp4776
胸節1つから1対の胸脚が出る。

脚の根本は底板 epimere (=epimeron, 複数形 epimara)と繋がっている。



第1胸脚(pereopod 1)
Imgp9158_2
節の名前は、先端から指節 dactulus, 前節 propodus, 腕節 carpus, 長節 merus, 座節 ischium, 底節 basis で合っているはず。底節 basis 入れるの忘れた。



脚についている黒いとげは、robust setaeと呼ばれている。

このとげの数や位置が種によって違う。

setaとspikeとspineの違いがわからない…



第2胸脚(pereopod 2)
Imgp9159_2

矢印の部分が種によって違うと書いてあるものがある。

爪が鋭くて長い



第3胸脚(pereopod 3)
Imgp9160
第2胸脚と形が似ている。



第4胸脚
Imgp9161
第4胸脚以降、がらっと形が変わる。



第5胸脚
Imgp9164
色が変なのは、死んで腐ったせい。



第6胸脚
Imgp9165



第7胸脚
Imgp9166




並べた
Imgp9167




後編に続く。口や腹肢です。







ふるさと納税のツイート

ふるさと納税のサイトでオオグソクムシのページを見ると、

「無益な殺生」とか、「わざわざ捕獲して殺すのか」と書かれている。



正直言って、これはすごい!

こういう言葉は、人間にとって愛着を感じる生物にむけて使われる。

犬を殺処分すると「かわいそう」「殺さないで」と言う声が出るが、ゴキブリやダンゴムシを殺処分するための殺虫剤は平然と売られている。

気になって、天然マグロという返礼品のページを見てみると、「わざわざ海から引きずり出して」という批判は書かれていない。



ということは、世間一般はもう

オオグソクムシ>マグロ

なのである。

オオグソクムシに対してこんなに同情の声(?)が集まるなんて嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダチョウの卵に乗った。食べた。

ダチョウの卵を初めて食した。

100kg以上の物が乗っても耐えられるということなので、乗ってみた。

Photo_2
卵は無事耐えた。



この後スタッフがおいしく頂きました。

味はニワトリより薄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

オカダンゴムシのオスメスの見分け方(オスはすね毛が濃い)

よく見るダンゴムシは「オカダンゴムシ」という種類である。

オカダンゴムシは雌雄によって形が違うところがある。

性別を見分けるポイントを5つまとめてみた。

(2と4はワラジムシ、フナムシにも適用可。5も?)



1. 甲羅の色

Imgp1973おす
オスは黒い部分が多く、黄色い斑点が少ない


Imgp1320めす
メスは黄色い斑点が多い


Imgp2218めす
茶色や白もいる


特にメスはいろんな色があり、バリエーションに富んでいる。

微妙なこともあり、性別を完全に分けるのは難しい。



2. 腹肢

確実な見分け方は腹肢を見ることである。

ダンゴムシの腹肢は呼吸と交尾のために使われる。

エビで言うところの、身の内側の殻につく何本ものピラピラしたやつ。


Imgp0958_4オス
オスは腹部の腹面に2本の突起が見える。


Imgp2615 メス
メスは突起がない。


オスに見える突起は第1腹肢内肢である。
Imgp9124
オスの右の第1腹肢の拡大写真。上の長方形は外肢、下のフックのある節は内肢、最も下のY字はオスの生殖器。

腹肢は第1腹肢から第5腹肢からなり、それぞれ左右に1対ずつあり、それぞれ外肢と内肢がある。

(オスの子どもは長さが短く不完全である。)


この突起はペニス(オスの生殖器)ではなく、変形した肢である。

交尾のときにメスの生殖孔に内肢の先端部(写真左のフック状の部分)を挿入する。

生殖器から出た精液をメスに送るパイプのような役割を担うと言われているがメカニズムは未解明である。


メスの生殖器についての記事

ダンゴムシの生殖脱皮、生理周期、求愛: だんだんダンゴムシ

ダンゴムシの交尾方法についての記事

ダンゴムシの交尾、フナムシの交尾: だんだんダンゴムシ



3. 第1胸脚のすね毛

Imgp9114
オカダンゴムシの標本から脚を外して顕微鏡で観察すると、オスメスの違いがみえてくる。

胸部には脚が第1胸脚から第7胸脚まで14本ある。

このうち一番前にある脚、第1胸脚に違いがある。



メスの第1胸脚(一マスは0.25mm四方)
Imgp9122

節に名前があり、先端(右)から前節(propodus)、腕節(carpus)、長節(merus)と呼ばれる。

メスは腕節に疎らに毛が生える。(矢印)


オスの第1胸脚
Imgp9117
オスはメスに比べ、腕節の内側に密集した剛毛が見られる。(矢印)


つまり、オスのオカダンゴムシの太ももは毛深いということである。

一番前の脚のすね毛の濃さを見れば性別がわかる。


これは一部のダンゴムシやワラジムシだけで見られる現象である。

オカダンゴムシの他に、南西諸島にいるネッタイコシビロダンゴムシCubaris murina(英語)が知られる。

オスの胸脚(pereiopod)の第1、2、3、7は毛深いと書かれている。(写真つき)


なぜオスが毛深いのか?

交尾のときに必要なのではないか、と先生は言っていた。

交尾のとき、オスはメスを脚で抱きかかえる。

ダンゴムシの生殖脱皮、生理周期、求愛: だんだんダンゴムシ

毛が長い方がメスをキープしやすいのではないか、長い毛は邪魔なのでメスは短いのではないか、とのこと。

毛を剃ったら、交尾に失敗するのだろうか?

抱き付く種類でもオスが毛深くないものもいる。謎である。



4. ダンゴムシのアレ

Imgp2615
黒枠で囲った胸節と腹節の間を拡大するとペニスが見える。



Imgp9128オス
写真ではかなりわかりにくいが、1本の突起物がある


Imgp9125
メス
何もない

メスの生殖孔はここではなく、脇腹(第5胸脚のつけ根付近)にある



5.触角

肉眼では非常にわかりにくいが、オスは触角が長めになる。

オスの方が約13.5%長い。

オスは触角を振ってメスを匂いで探すので、長い方が見つけやすいからだとされる。

Lefebvre F, Limousin M, Caubet Y (2000) Sexual dimorphism in the antennae of terrestrial isopods: a result of male contests or scramble competition? Can J Zool 78: 1987–1993.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉食者のエサ取り

川崎ピースケ氏から、ワラジヘラムシ属 Synidotea は肉食で、ヨコエビなどを食べると聞いた。


Imgp8095
ワラジヘラムシの標本


Imgp1410
海藻によくくっついている。

この種は肉食だったのか。



Imgp91102
スナホリムシの一種。ニセスナホリムシだと思ったけど違うような気もする。(やっぱり違うみたいです。)

肉食。

よく泳ぎ回る。

2匹いれたら、共食いして、1匹に。

エサを食べるときの反応がかわいいと、みんな(2人。私を含む。)が絶賛している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »