« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

epipodとはなにか。

以前の記事でオオグソクムシの脚を並べて紹介した。

オオグソクムシの付属肢(後編)



副肢 maxillipedal epipodはないの?、と書いた。

なぜ、このオオグソクムシに大顎の副肢がなかったのか。

BRUSCA, R. C. (1991). A phylogenetic analysis of the Isopoda with some classificatory recommendations. Mem Queensl Mus, 31, 143-204.



maxillipedal epipodの役割

maxillipedal epipod とはmaxillipedのcoxa節から前方に向かって生えている部位である。

口の部分のふたとしての機能がある。ウミナナフシ亜目などでは育房から卵が失われないようにする機能を持つ。

一部のコツブムシ、ヘラムシなどの、卵を抱えるメスでは後方に向くことがあり、卵の保護や卵に水流を送っていると考えられている。



maxillipedal epipodがない種

ヤドリムシ亜目やスナナナフシ亜目、カラボゾア亜目は、maxillipedal epipodは見られない。

ウオノエ亜目のオナシグソクムシ科、キクイムシ亜目のハドロマスタックス科なども、例外的に見られない。

オオグソクムシの属するスナホリムシ科グソクムシ科、ウオノエ科は、卵を抱えるメスを除いて、全ステージでmaxillipedal epipodがないか、小さい。



解剖したオオグソクムシは卵を抱えていないメスなので、epipodがないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

甲羅にとげがあるダンゴムシ

ダンゴムシの仲間には甲羅の表面にとげとげがある種類がいる。


とげとげのダンゴムシ

和名がないので学名を書く。

Calmanesia 属:棘が長い。マダガスカルにいる。

Echinodillo 属の2種:オーストラリアにいる珍しいコシビロダンゴムシ。Echinodillo cavaticus絶滅危惧種。

Pseudolaureola 属:セントヘレナ島、マダガスカルなど世界各地。

Tridentodillo squamosus:マダガスカルにいる。(記載論文がリンクしてある。18ページにスケッチがある)

Polyacanthus aculeatus:アフリカにいる。(リンクした記載論文には、アフリカのコシビロダンゴムシがいろいろ載ってる)

Stegosauroniscus horridus :これが一番すごい。本当にステゴサウルスみたいな甲羅をしてる。リンク先の33ページにある。
1

Schmolzer, K. (1974): Landisopoden aus Zentral - und Ostafrika (Isopoda, Oniscoidea). Sitzungsberichte Osterreichische Akademie der Wissenschaften. 182: 147-200.

Stigmops sp. :これもステゴサウルスみたい。
http://nzslaters.massey.ac.nz/images/fullscreen/Stigmops_lateral.jpg


学名で検索すると、トゲトゲな写真がいっぱい出てきておもしろい。

Barrowdillo pseudopyrgoniscus もトゲトゲしている。

外敵からの防衛?



海のダンゴムシであるコツブムシにも防衛用の棘を持つものがいるようで、2本のとげがあるものを見つけた。

Dynamene bidentata

日本にはとげが1本のシリケンウミセミがいる。

セロリスの仲間には、体の真ん中にライン状にとげが並ぶやつや、底板が発達してとげになっている種もいる。







ダンゴムシをかわいいと言っている小学生がいた

今日、道を歩いていたら、虫かごを持つ2人組の小学生を見た。



なんと、虫かごにオカダンゴムシが数匹入っているではないか!

丁寧にエサと濡れたティッシュまでいれてある。



「私のダンゴムシ、かわいい~」

「え~、私の方がかわいいよ~」

と話していた。



争ってはいけない。どのダンゴムシもかわいいのだ。

ダンゴムシの時代がきた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

三叉のミミズ

体がY字になった三叉のミミズを見つけた。
Imgp9419
初めて見た


Imgp9420
内臓も三叉のようだ。

三叉のミミズは稀にいるらしい。



調べていたら、日経サイエンスのおもしろい記事を見た。

進化した8の字ミミズの逆襲(問題)

内容はミミズとは関係なく、数学の話。

なんとなく理解できるのだが、なぜこれで証明になるのかわからないけど、

学校で習わない、おもしろい話だった。






電車のボタン

以下、全然関係ない話。

電車のドアは自動で開くが、最近、押しボタン式の電車に乗った。

押したくて、ワクワクしながら電車を待った。



そして、待ちに待った電車が来た。

そしたら、後から並んだ人が、先に押してしまった。

なんてこったい。



ドアの右側にボタンがあるので、右側に並べば良かったのだ。

一回閉じて、開け直すのも大人げないので、そのまま乗った。



帰り道。

人がいない先頭のドアに並び、充実した乗車を体験した。

すると、隣のドアで、未就学児とおばあちゃんが乗った。



おばあちゃんがボタンを押したらしく、

乗った後、少年が駄々をこねている。

「ボタン押したかったー押したかったよー」



わかる!!!!

これはおばあちゃんが悪い!

しばらく、大声で泣いていた。

おばあちゃんは必死に慰めていた。



途中で少年は泣き止んだが、ボタンを押して乗り降りする人達をずっとうらやましそうに見ていた。

がんばれ。少年。次があるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コシビロダンゴムシ(トウキョウとセグロ)の見分け方と分布

前のページ(関東地方のダンゴムシの種類と分布)の続き

本州では、トウキョウコシビロダンゴムシ Spherillo obscurus とセグロコシビロダンゴムシ Spherillo dorsalis があちこちで見られる。



都市~住宅地~郊外、海岸林~山麓までいる。

オカダンゴムシと一緒にいることも多い。




場所

トウキョウコシビロダンゴムシ

千葉県千葉市(35°37'31.8"N, 140°07'23.9"E)
茨城県大洗町(36°18'50.4"N, 140°35'13.2"E)
東京都小石川植物園(生物採集禁止。数もとても少ない。)
東京都皇居(いるらしいが、入れない。)

小石川植物園などはオカダンゴムシだらけで、コシビロダンゴムシはかなり少なかった。



セグロコシビロダンゴムシ

本州全体で見られる。

mushinavi.comさんの「セグロコシビロダンゴムシ」はトウキョウコシビロダンゴムシの間違いだと思われる。



どちらも、自然の残る森林、緑地、公園にいる。都市でも自然が残る場所にいる。

どこも生息範囲が限定的で、数も少ない。採集し過ぎないほうが良い。




見分け方

トウキョウコシビロダンゴムシとセグロコシビロダンゴムシは、非常によく似る。

見分ける力が必要となる。



2014年に発行された日本土壌動物学会誌のEdaphologia 93号を参考にしています。

Redefinitions of Spherillo obscurus (Budde-Lund, 1885) and S. dorsalis (Iwamoto, 1943) (Crustacea: Oniscidea: Armadillidae), with DNA markers for identification. Edaphologia, 2014, 93

詳しく知りたい人は、学会誌を購読してみて下さい。




色で見分ける


トウキョウコシビロダンゴムシ
Imgp4698

黒の中に、灰色や茶色の部分がある。



セグロコシビロダンゴムシ
Imgp8267
セグロコシビロダンゴムシは真っ黒。



※「ダンゴムシの本」奥山風太郎+みのじ著

この本では、2種の写真を逆に載せてしまっている。実際はセグロの方が黒い…はず…だよね…?



ただし、紛らわしい色のものもいる。

Photo_2
これはセグロコシビロダンゴムシ

トウキョウコシビロダンゴムシのような色をしている。




特殊な毛で見分ける

確実な見分け方は noduli laterales の並び方を見ること。

nodulus lateralis とは、ダンゴムシとワラジムシの甲羅にある、特殊な毛で、

他の甲羅に生える毛よりも、非常に太くて長い。

この毛が甲羅のどの位置に見られるか、何本見られるか、ということがダンゴムシの種を見分けるために役に立つと言われている。



矢印の白い毛が noduli laterales
Imgp9399_3
トウキョウコシビロダンゴムシの甲羅

非常に見にくい。



論文曰く、

セグロコシビロダンゴムシは noduli laterales が前から後ろに直線的に並び、

トウキョウコシビロダンゴムシは第1、4胸節の noduli laterales が、他の節の noduli laterales より正中線側にずれている




生きた状態での見方

ダンゴムシを丸くした状態にして、顕微鏡で光を当てると、

noduli laterales がきらりと光る。

ダンゴムシを少しずつ転がしていくと見つけられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

関東地方のダンゴムシの種類と分布

日本のダンゴムシは大きく3つの種類に分けられる。

1.オカダンゴムシ、ハナダカダンゴムシ
2.ハマダンゴムシ
3.コシビロダンゴムシ

みんな触ると丸くなる。



1.オカダンゴムシ Armadillidium vulgare
Imgp1317
日本中どこでもいる。

最大で2cm近くなる。

オカダンゴムシは外来種である。



ハナダカダンゴムシ Armadillidium nasatum
Imgp7017
オカダンゴムシと近縁なダンゴムシ。

ハナダカダンゴムシも外来種である。

主に横浜で見られる。関東ではまだ珍しいが分布を拡大させている。

横浜港周辺にいると聞いた。横浜市中区にいるらしい。



2.ハマダンゴムシ Tylos granuliferus
Imgp4851
あまり人の手が入っていない砂浜の海岸にいる。

太平洋に面した千葉県南部や茨城県北部の砂浜でよく見る。

数が減っているらしい。

塩分によって他のダンゴムシがいない特殊な環境に進出している。

夜行性であり、昼は見かけない。夜に砂の中から出てきて、打ちあがった海藻などの有機物を食べる。



3.コシビロダンゴムシ4種

離島を除く関東のコシビロダンゴムシは、

・シッコクコシビロダンゴムシ Spherillo sp.
・タテジマコシビロダンゴムシ Spherillo russoi
・トウキョウコシビロダンゴムシ Spherillo obscurus
・セグロコシビロダンゴムシ Spherillo dorsalis

が見られる。(日本産土壌動物第2版)

八丈島や小笠原諸島などには、島固有のコシビロダンゴムシが見られる。

(ハチジョウコシビロダンゴムシ Spherillo hachijoensis 、ハハジマコシビロダンゴムシ Spherillo hahajimensis 、ムニンコシビロダンゴムシ Spherillo boninensis など)



どの種類も森にいる。

コシビロダンゴムシはオカダンゴムシより小さくて見つけにくい。

オカダンゴムシと一緒にいることもある。

ダンゴムシに詳しい人と探すことをお勧めします。



オカダンゴムシとコシビロダンゴムシの見分け方は

オカダンゴムシVSコシビロダンゴムシ: だんだんダンゴムシを見てください。




シッコクコシビロダンゴムシ
Imgp6984
たぶんこれがシッコクコシビロダンゴムシ

とても黒い。

頭やおしりがオレンジ色。




タテジマコシビロダンゴムシ

茨城県のタテジマコシビロダンゴムシ
Imgp0070
茨城県自然博物館によれば、霞ケ浦周辺にいる。

樹種や人為的な開発に関係なく、木が生えているならばいる。かなり少ない。



千葉県のタテジマコシビロダンゴムシ
Imgp7951
少し色が薄い。




シッコクコシビロダンゴムシやタテジマコシビロダンゴムシは西日本で多く発見できる。

見たいなら九州や石垣島に行った方が早い。




トウキョウコシビロダンゴムシ、セグロコシビロダンゴムシ

よく見るコシビロは、トウキョウコシビロダンゴムシ、セグロコシビロダンゴムシ。

長くなるので、次のページで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

鹿児島で捕まえたコシビロダンゴムシがまだ生きてる

昨年の3月ごろ、鹿児島でコシビロダンゴムシを捕まえた。

子どもが産まれている。
Imgp9457
左から、昨年採集時に子ども、昨年夏に誕生、先月誕生、のダンゴムシ。


Imgp9460
産まれたばかりの子ども。白くてかわいい。



飼い方


密閉できるプラスチックケースに入れ、ティッシュを敷き、常に水で濡れた状態を保つ。

ティッシュは、半分が湿り、半分が渇き気味がちょうど良い。

湿気を保つために、密閉できるものがいい。酸素不足にはならない。

ティッシュを厚めにして、水の持ちを良くする。


そのうえに、落ち葉を置く。落ち葉は、できるだけコシビロがいたところのものを用意している。

温度は室温。氷点下、40℃以上はダメ。

糞がたまったら、糞を多少除き、新品に取り換える。

不思議なことに、常に落ち葉にくっついているわけではなく、ティッシュの隙間にいることもある。

取り換えるときは、ティッシュについてないか、慎重になる必要がある。

補充用の落ち葉は、鹿児島に取りに行けないので、家の近くのコシビロがいる場所の落ち葉を使っている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

怪我をしたダンゴムシが復活した

今年の3月に脚が欠けたダンゴムシを捕まえた。
Imgp92272
右の第1、2、5、6、左の第5胸脚がない。



6月に見ると
Imgp9408
脚の数は正常に戻っていた。

元気が良すぎて、ぶれた写真しか撮れなかった。

「ダンゴムシは脚がなくなっても再生して元に戻る」という話は本当のようだ。



フナムシも脚は再生する。

フナムシの尾肢の再生: だんだんダンゴムシ

石垣島の小学生のフナムシ: だんだんダンゴムシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

コシビロダンゴムシが最近よく死ぬ。

コシビロダンゴムシを飼っている。

最近、暖かくなってきた。

そしたら、突然死するやつが増えた。

Imgp9368

臭いがきつい。

数日以内で、元気だった一緒のケースに入れていたダンゴムシ数匹が全滅するという恐ろしさ。

同じように飼育していた別ケースはみんな生きている。

悪い細菌が繁殖した?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »