« フナムシ、エビヤドリムシの特殊な脱皮(単相性脱皮) | トップページ | ダンゴムシの交尾、フナムシの交尾 »

2016年8月 7日 (日)

ダンゴムシの生殖脱皮、生理周期、求愛

交尾と脱皮

ダンゴムシの仲間(海にいる種類も含めて)は、メスが脱皮するときに交尾する。

このときの脱皮は、生殖脱皮(parturial molt)と呼ばれ、メスの体を子育てモードに切り替える役割がある。

※体を大きくするための脱皮は、成長脱皮(growth molt)と呼ばれる。

つまり、成体のメスは常に交尾ができるわけではない。



脱皮は、一ヶ月~数ヶ月おきに周期的にしか起こらない。(ダンゴムシの種類や栄養状態によって周期は異なる。)

冬など栄養状態が悪い時期は止まる。

よって、オスは脱皮直前のメスを探すために必死になる。




脱皮と排卵

生殖脱皮と同調して、卵巣からの排卵が起きる。

つまり、ダンゴムシは排卵も周期的である。

生殖脱皮の直前に交尾するのは、このためである。



オスは、メスに脱皮が起きそうかどうかを匂いで知ることができる。

メスは脱皮の数日前から、体臭(おそらく甲羅の表面に分泌されているの炭化水素の成分構成)が変化し、オスはそれを触角で感知して、メスを捕まえていると、昔から考えられている。

メスが交尾できる間(後述)は短いので、オスは事前にメスを捕まえ、脱皮をじっと待つのである。



個人的に、オカダンゴムシを観察して、匂い成分の炭化水素は不揮発性で、触角で甲羅に触らないと感知できないのだと思った。

しかし、コシビロダンゴムシの論文(次のページ)では、揮発した匂いにオスが反応するみたいに書いてあった。



1
メスの体のイメージ

黄色:卵巣(体内)、オレンジ:生殖孔(腹側に開く)、直線:胸節の境、点線:育房(腹側)



第5胸節(※)の腹側にある左右の生殖孔から精子が中に入り、卵と受精したり、貯精嚢(受精嚢?)に移動したりする。

生殖孔は、脱皮によって生じ、しばらくすると閉じる。この生じてから閉じる時間(数時間?)は交尾が可能となる。

閉じてから、再び脱皮が起きるまで数ヶ月あるので、オスは大変である。

※甲殻類はふつう第6胸節にある。ダンゴムシやヨコエビは本来の第1胸節が頭部と融合しているため、第5胸節にあるように見えている。



メスの生殖孔の写真はこちら

ダンゴムシのメスの交尾器: だんだんダンゴムシ



未受精卵は、左右の卵巣から出て受精し、腹側にある育房と呼ばれる袋の中に移動する。

生殖孔と育房も、脱皮によって形成される。

つまり脱皮によって、交尾と妊娠が可能な体に一時的に変化するのである。

育房内で卵は成長し、孵化すると幼生が一斉に外に出てくる。



排卵しても受精しなかった場合、未受精卵は再吸収される。



(図については、

Suzuki, Sachiko. "Reconstruction of the female genitalia at molting in the isopod crustacean, Armadillidium vulgare (Latreille, 1804)." Crustacean research 31 (2002): 18-27. と Appel, Carina, Aline F. Quadros, and Paula B. Araujo. "Marsupial extension in terrestrial isopods (Crustacea, Isopoda, Oniscidea)." Nauplius 19.2 (2011): 123-128.

を参考にした)




(この内容に関する論文はいろいろ出ていますが、どれもとても難しい内容でした。このページと次のページの内容が絶対に正しいことを保証できないです。また、実際はもっと研究が進んでいます。)




オカダンゴムシの求愛…じゃなくて

ダンゴムシが以下の行動をしているシーンをよく見かける。

22
下:メス、上:オス

これは交尾ではない。

交尾ができる時期のメスに、オスが抱きついているところである。



求愛と書いたが、正確には、脱皮待ちと、他のオスからの防衛をする配偶者防衛である

(どうもそうではないかもしれない)

メスの争奪戦は激しいので事前に準備している。



次のページで、交尾の流れを紹介する。

|

« フナムシ、エビヤドリムシの特殊な脱皮(単相性脱皮) | トップページ | ダンゴムシの交尾、フナムシの交尾 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ダンゴムシたちのおもしろい行動、生態」カテゴリの記事

オカダンゴムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンゴムシの生殖脱皮、生理周期、求愛:

« フナムシ、エビヤドリムシの特殊な脱皮(単相性脱皮) | トップページ | ダンゴムシの交尾、フナムシの交尾 »