« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

ダンゴムシの巣?

ダンゴムシの巣みたいなもの
Imgp4617_2
オカダンゴムシがプランターの下で部屋を作っていた。



日本在来のコシビロダンゴムシでも、実は同じような現象が見られる。
Imgp0016
落ち葉がいっぱい


慎重に落ち葉をひっくり返していく
Imgp0015


いた
2
何匹もいて、糞が溜まり、数cmの穴が掘られている。

周りと比べて湿っているわけでも落ち葉が豊富なわけでもないが、ダンゴムシは集中している。



巣とは、「動物がその生活の必要のために自分の体外に作る特別な構造」とwikiに書いてある。

これは巣?

巣とは言いにくい気がする。



巣にいるダンゴムシの数はまちまちで、ワラジムシも一緒にいることがある。

協調しているとは思えないので、集合フェロモンで一緒にいるだけかもしれない。




ダンゴムシの仲間のオオグソクムシは海底にわかりやすい巣を作ることが知られている。

オオグソクムシの巣穴や飼育法: だんだんダンゴムシ



砂漠にいるワラジムシ、ハクタイワラジムシ科の一種 Hemilepistus reaumuri もはっきりとした巣を作る。

家族で住むらしい。


Hemilepistus reaumuri が巣穴を掘る動画



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

ダイオウグソクムシの化石を探した。見つからなかった。

千葉県鴨川市で、コミナトダイオウグソクムシの化石を探した。

発掘場所らしき場所で転がる岩を砕いてみた。

全然見つからない。


二枚貝や巻貝の化石は見つかった。
Imgp9974


Imgp9977



房総半島はあちこちで化石がとれる。

貝の化石なら他の場所でも見たことがある。



近くの森でヒメフナムシとモリワラジムシを見つけた。

川沿いでヤマビルがいた。


ヒメフナムシ
Imgp9999


モリワラジムシ
Photo_4


ナガワラジムシ
Imgp9995

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

埼玉県のダンゴムシ

埼玉県でダンゴムシを探した。


コシビロダンゴムシ
Imgp0004
たくさんいた。

落ち葉がふかふかで良い環境なのかな?



オカダンゴムシ
Photo



在来種のワラジムシ
Photo_2
コシビロダンゴムシとワラジムシのツーショット



ヒメフナムシ
Photo_3
ヒメフナムシはあんまりいなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンブバッタが泥沼の三角関係

家の庭にオンブバッタがいた。

メス1匹にオス2匹が乗っかっていた。
Imgp9988
ダンゴムシもこういうことが稀にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

コシビロダンゴムシの子どもが産まれた

飼っているセグロコシビロダンゴムシの子どもが産まれた。

Imgp9963
白い。



こちらは2週間ぐらい前に産まれたトウキョウコシビロダンゴムシ

Imgp9966
一週間ぐらい経って色がついた。

暗いケースで飼っているが、色はつくようだ。



二歳のメスは十匹ぐらい子どもを産むが、一歳のメスは二匹しか産まなかった。

子どもは死にやすいから飼育がうまくいかない。

大きめのケースだと環境が安定して良い気がする。



昔、学校で生存曲線を習った。

人間は若いうちは死なないタイプだが、自然界でのダンゴムシの生存曲線はどうなっているのだろう?







関係ない話

そういえば、親戚で二十歳で白血病で死んだ人がいた。

それ以外で、若いうちに死んだ人の話は確かに聞かない。

若い人の自殺は稀に聞くけど…

最近も、再び電通の社員が過労自殺をしたとニュースをやっていた。

残業が月100時間を超えていたと報道されている。

別の親戚の話だが、月100時間以上の残業をしていた人がいる。(電通ではない)

終電を逃す日が何度も何度もあったとか。

月100時間以上の残業を新人させたら、ねぇ…



まー働いてない私には縁のない話なんですけどね。

今日も親に働けと言われた…




親戚つながりでシベリア抑留にあった人の話。

徴兵で満州あたりに行って、終戦後、ソ連に連れていかれた。

毎日饅頭一つで穴を掘らされていて、周りでバタバタと人が死ぬ。

穴とは、死体を埋める穴である。

穴を掘りながら、「この穴に入るのお前だろ」とか言い合っていた仲間が翌日に本当に入ることになったらしい。

電通もびっくりな地獄である。



脱走は、見つかり次第、その場で銃殺刑になる。

とはいえ、このままでは死ぬので脱走に賭けることにして、友と2人で脱走した。

その後見つからないように、友と別れた。その人がその後どうなったかは不明らしい。

追っ手のソ連兵を撒いて、なんとか逃げ出し、日本にたどり着いた。

帰国したときの風貌は「虱だらけの乞食だった」と聞いている。

私の親戚たちすごいな。自分の1週間の入院とか大したことないと思えてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »