« おしりにギザギザしたノコギリをもつコツブムシ | トップページ | ヒメフナムシの4本の触角 »

2016年12月24日 (土)

ダンゴムシの触角は2本ではなく4本。第一触角・第二触角

第2触角

ダンゴムシの頭には2本の触角がみえる。

Imgp2596
オカダンゴムシ



この2本の触角は第2触角と呼ばれている。
Imgp0177_2



第1触角

よく見ると、第2触角の他に小さい触角がある。これが第1触角である。

Imgp0183
頭の拡大


第2触角の根本を見ると…
Imgp0185
第1触角がある



Imgp0779
第1触角の拡大

(気泡がついてしまった…)



3_2
第1触角のスケッチ

ダンゴムシの第1触角は3節で、一番先端の節からは aesthetasc と呼ばれる特殊な毛がたくさん生えている。

第1触角が3節(鞭節1節+柄節2節)なのは、ダンゴムシ、ワラジムシ、フナムシに共通する。

この3つが1つの種から進化した証拠の一つだとされている。

(第1触角の他に27ヶ所ほど共通点がある。)



Taiti, S., & Rossano,C. (2015). Terrestrial isopods from the Oued Laou basin, north-eastern Morocco (Crustacea: Oniscidea), with descriptions of two new genera and seven new species. Journal of Natural History, 49(33-34), 2067-2138.

ここにEluma praticola の第1触角のスケッチがある。

エルマ属はオカダンゴムシ科のダンゴムシ。



http://lanwebs.lander.edu/faculty/rsfox/invertebrates/armadillidium.html

ここにもオカダンゴムシの体の構造について詳しく書いてある。



ダンゴムシジャパンさんも書いているが、

第1触角は、周囲の化学物質を感知して仲間や天敵の有無を調べる嗅覚、

第2触角は、物理的な接触を感知する触覚を司ると言われる。



ダンゴムシでは、第2触角が第1触角の役割も担っているのかもしれない。

でも毛が生えているから機能は残っているのかも。




ミズムシ、コツブムシの触角

他のワラジムシ目(等脚類)も触角は4本。


Imgp6918_2
ミズムシ


Imgp6267_2
コツブムシ



オオグソクムシ

オオグソクムシの付属肢(前編)



淡水や海水にいる種類は触角が4本とも目立つ

陸にいるダンゴムシやワラジムシだけ第1触角が退化している。




触角当てクイズ

下の図は、いろんなワラジムシ目の第1触角のスケッチです。

A~V、どれが何という種類でしょう?

22
Brusca, R. C., & Wilson, G. D. (1991). A phylogenetic analysis of the Isopoda with some classificatory recommendations. Memoirs of the Queensland Museum, 31, 143-204.



答えは次のページ

|

« おしりにギザギザしたノコギリをもつコツブムシ | トップページ | ヒメフナムシの4本の触角 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

海のダンゴムシ:コツブムシ」カテゴリの記事

海のダンゴムシ:ミズムシ」カテゴリの記事

オカダンゴムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンゴムシの触角は2本ではなく4本。第一触角・第二触角:

« おしりにギザギザしたノコギリをもつコツブムシ | トップページ | ヒメフナムシの4本の触角 »