« ダンゴムシも卵の薄皮が好き? | トップページ | フナムシのおなかの白い点々 »

2017年3月23日 (木)

ダンゴムシが鰓をパタパタしていた

ダンゴムシの鰓みたいな部分

ダンゴムシには、昔に海にいた名残と思われる性質が少し見られる。



ダンゴムシの呼吸は主に、腹肢の偽気管(白体)と呼ばれる、スポンジ状の板のような器官で行われる。

Imgp6992
黒線の白い部分。

体の腹部(おしりの方)の腹側にある。



陸にいるとき、腹肢をほとんど動かさない。

しかし、水に沈めるとエビのように動かし始める。

腹肢の部分を撮影した。

 


水の中では、パタパタさせた方が呼吸の効率が良いのかもしれない。

と言っても、そんなに水中で長い時間生きられない。



魚の鰓呼吸みたいだったから、鰓と書きましたが、正確には鰓じゃないです…

ダンゴムシに鰓はないです。



フナムシの腹肢

ヒメフナムシも陸上にいるとき、腹肢は動かさないが、

水に沈めると、盛んに動かし始める。

動かさないときは、ほんの少し温めるとよい。



腹肢を動かす筋肉は、普段使わないはず。

維持しているのはなぜ?

よく水につかるから?









ダンゴムシの祖先は海の中で生きていた。

ワラジムシ目(Isopoda)はデボン紀に、さらにワラジムシ亜目(Oniscidea)は石炭紀に海で誕生したらしい。

甲殻類
┣ヨコエビ目
┣十脚目
┣ワラジムシ目
… ┣ワラジムシ亜目(陸棲)
   ┣コツブムシ亜目(水棲)
   ┣ミズムシ亜目 (水棲)
   …


ほとんどのワラジムシ目は海産であり、最初のワラジムシ亜目も海産だったと考えられている。

ワラジムシ亜目の一部は陸にあがってダンゴムシ、ワラジムシ、フナムシに進化し、

海に残ったワラジムシ亜目は絶滅したと思われる。

|

« ダンゴムシも卵の薄皮が好き? | トップページ | フナムシのおなかの白い点々 »

ダンゴムシたちのおもしろい行動、生態」カテゴリの記事

コシビロダンゴムシ」カテゴリの記事

フナムシ、ヒメフナムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンゴムシが鰓をパタパタしていた:

« ダンゴムシも卵の薄皮が好き? | トップページ | フナムシのおなかの白い点々 »