« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月24日 (木)

ニセスナホリムシが人の体を食べた事例

前のページに、海に足を入れたらヨコエビ?に食われて重傷を負ったというニュースについて書いた。

BBCのニュース(画像に注意)ではニセスナホリムシの可能性も挙げている。


ニセスナホリムシは海に住む肉食のダンゴムシ。

スナホリムシ科には肉食の種類が多い。

死んだ魚を食べるが、人の死体を貪食することがある。



ニセスナホリムシによる土左衛門の蚕食例

平沢、喜田、柳瀬 1999. ニセスナホリムシの蚕食によって24時間で白骨化した一例(A Case Report of Encroached Corpse Skeletonized within 24 hours by the Ravage of Cirolana harfordi japonica) 法医学の実際と研究 42巻 221-223ページ

柏木、杉村、原 2010. 特異な蚕食を認めた水中死体の1剖検例:ニセスナホリムシによる死後損壊(A Forensic Autopsy Case of Drowning with Peculiar Encroaching Ravage: Postmortem Injuries by Cirolana harfordi japonica) 法医学の実際と研究 53巻 17-20ページ


どちらも白骨化した死体の写真が掲載されているので注意。

法医学はこういう分野だったのを思い出した。

人の死後何日で何の種類のウジやカビが出現するか、という研究を聞いたことがある。



1999年の三重県の事件

志摩半島沖で転覆した漁船に乗っていた漁師が、翌日、顔面が白骨化した死体で海底から見つかった、という三重県警の捜査一課による報告。

以下引用。

…「頭皮を残し…顔面、前頭部は軟部組織はなく白骨化し、」…

…「食道等は全てなく、…気管は一部蚕食され遊離し、頸椎前面を露出し、多数の小動物が這い出してきた。前胸部は蒼白で多数の小動物が蠢くが、皮膚表面に損傷はない。」…

…「胸腹部の諸臓器は概ね小動物によって蚕食されていた。」…


蠢く小動物は、ニセスナホリムシだと同定された。

眼や鼻、口、傷口から侵入し、内部を食べたと推測している。健康な皮膚からは侵入しにくいようだ。

24時間でこうなるようだ。



2010年の事件

入水したおばあさんの死体が、38~42時間後に海面を浮遊しているのが見つかった、という報告。

これも顔が集中して食われている。

…「ニセスナホリムシは粘膜や軟化した皮膚においては、小孔をあけて粘膜下ないし皮下に侵入することもあるが、未だ軟化していない皮膚においては、表皮をかじる程度」…



これらの事例から推測するに、健康な皮膚であればスナホリムシが問題になることはないと思われる。

スナホリムシは表皮に留まりたがらないようなので、じっとせず振り払えば問題ないようだ。

とりあえず安心して海水浴ができる。



海を漂う人の体を食べるのは、エビやカニ、ウミホタルのような甲殻類が多い。

サメのような魚も食べる。



Yahoo知恵袋にタコも死体を食べると書いてあるけれど、これは本当なの?

「法医学の実際と研究」には書いていなかった。

まーyahoo知恵袋だから信憑性がない



今まで書いてきた中で、一番きつい内容であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

海岸で足をかじられたというニュースを見た

オーストラリアの海岸で少年が海に入ったら、足から出血したというニュースを見た。

何かに足の皮膚を齧られたということらしい。



犯人はヨコエビということらしい。

BBCのニュース(画像に注意)ではニセスナホリムシの可能性も挙げている。




スナホリムシ類は雑食で、特に弱った魚やその死体を好んで食べる。

釣った魚をスカリに入れておいたら、スナホリムシに食われたという話を聞いたことがある。

しかし、日本中に世界中にスナホリムシがいるけど、人の被害は聞いたことがない。





本筋から外れるが

BBCの日本語版のサイトでは、

>ワラジムシの一種のニセスナホリムシ

と書いている。

スナホリムシは、「ワラジムシ目」の一種であり、「ワラジムシ」ではないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

ダンゴムシの病気:重金属汚染

ダンゴムシには消化器系の臓器の一つに肝膵臓 hepatopancreas (ヘパトパンクレアと読む?)がある。

消化酵素の分泌、消化されたものの吸収の役割がある。

さらに、生命活動に必須な金属元素を貯める、取り込んでしまった有害な金属を封じるなどの役割ももつ。

このミネラルの調節機構のおかげでダンゴムシは金属汚染に強い。


ダンゴムシのhepatopancreasの位置のイメ―ジ(斜め線の部分)
2
等脚類は体の真ん中に消化管が走り、胃のあたりから細長い袋状のhepatopancreasがある。

ダンゴムシやワラジムシ、ハマダンゴムシ、ヒメフナムシは hepatopancreas が4本あり、フナムシは6本である。

B細胞とS細胞という役割が違う細胞からなる。



ダンゴムシの重金属汚染


Hopkin SP, Martin MH, 1984 Heavy metals in woodlice. In: Sutton, S.L., Holdich, D.M. (Eds.), The Biology of Terrestrial Isopods. The Zoological Society of London. Clarendon Press, Oxford, pp.143–166.

エサが重金属に汚染されている場合、体に高濃度で蓄積する。

ダンゴムシの体内汚染レベルは、だいたいエサのレベルに比例する。

体全体に金属が溜まるわけではなく、乾重比で5%ぐらいに過ぎないhepatopancreasに体内の8~9割の金属が集中する。

亜鉛、カドミウム、鉛、銅はhepatopancreasに特に溜まる。



hepatopancreasの亜鉛濃度が1.5%を超えると、もしくはカドミウム濃度が0.5%を超えると死に至る。

健康な個体のhepatopancreasは黄~茶色だが、高濃度の重金属で汚染されると白からグレーに変色し、形もおかしくなる。

排出はできない。(できると書いている本もある)



イギリスの鉱山跡地や精錬所周辺で汚染ダンゴムシが見られるらしい。

日本でも見られるのだろうか?



母体に蓄積した金属が子どもに移行することはない。

昆虫よりダンゴムシの方が金属が蓄積しやすく、

土壌の汚染レベルの調査やバイオレメディエーションに使えるかもしれないと書いてある。

(バイオレメディエーションとは汚染された土や水を生物の力で浄化すること。…地表にしかいないダンゴムシにできる?)



追記

日本のフナムシを調べて、フナムシの重金属やダイオキシンの含有量は海岸の汚染レベルを反映しているという研究があった。

Honda M, et al., 2021 Contamination of Heavy Metals, Polychlorinated Dibenzo-p-Dioxins/Furans and Dioxin-Like Polychlorinated Biphenyls in Wharf Roach Ligia spp. in Japanese Intertidal and Supratidal Zones. Applied Sciences, 11, 1856.

でもこれMDPIか…



金属の吸収効率


海水はミネラルが豊富。しかし、陸にいるとミネラルが不足しがち。

海にいる等脚類は海水から腹肢を通して金属を吸収するとされるが、陸にいるダンゴムシなどは食べ物から効率良く金属を吸収する。


例えば、ダンゴムシの血液は銅を含むが、陸上に銅は極めて少ない。

そのため、陸にいるダンゴムシやワラジムシの腸は銅の吸収効率が高いとされる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

ウオノコバン属 Nerocila

歌魚風月様からウオノコバンをいただいて時間が経ってしまった。



Imgp1131
ウオノコバンの背中

脱皮途中



ウオノコバン属 Nerocila は約50種からなる。ウオノエ科に属する。

魚の表皮にくっついて、体液を吸っている。

ダンゴムシの仲間(ワラジムシ目)である。



古くから知られ、19世紀からも多くの新種記載がある。



名前の通り、魚に寄生する。

他のウオノエに比べて、ウオノコバンはいろんな魚に寄生できるらしい。



ウオノコバンに似るウオノエ科の種類として、

ウオノギンカ属 Anilocra、ウオノドウカ属 Renocila、カイテイギンカ属 Pleopodias

他に、CreniolaAmblycephalonPlotor があるらしい。

和名は、甲殻類学会誌Cancerの山内 2016に書いてある。(カイテイギンカ属の学名にミスが?あり、Preopodias になっている)




形態のことはよくわからなかった。
Imgp1133
尾肢が独特でおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

ダンゴムシの病気:シヘンチュウ

ダンゴムシには線虫が寄生することがあるらしい。

カマキリに寄生するハリガネムシと同じで体内に寄生する。



メルミスの一種Thaumamermis cosgrovei


Poinar, G. O. (1981). Thaumamermis cosgrovei n. gen., n. sp.(Mermithidae: Nematoda) parasitizing terrestrial isopods (Isopoda: Oniscoidea). Systematic Parasitology, 2, 261-266.


シヘンチュウ科Mermithidaeの Thaumamermis cosgrovei は、オカダンゴムシやワラジムシに寄生するセンチュウである。

Thaumamermis属はニュージーランドのヨコエビからも見つかる。


体内の血液中に住み着く。

色は真っ白で硬くて細長く、ダンゴムシの中に納まるために何回も折れ曲がっている。

線虫に寄生されたワラジムシPorcellio scaber
Fig. 1. A specimen of Porcellio scaber parasitized by Thaumamermis cosgrovei n. gen., n. sp. ( 7,5).
image
ハリガネムシのようだが、ハリガネムシではなく線虫の仲間。


アメリカのサンディエゴ動物園だけから知られている。

感染率は24%。イリドウイルスの媒介もするかもと書いてある。



シヘンチュウの生活史


おそらくシヘンチュウの卵がついた落ち葉を食べて、もしくは孵化した幼虫が通りかかったダンゴムシの外骨格を食い破って、感染する。

ダンゴムシの体内で血液を食べながらダンゴムシを殺さないように幼虫時代を過ごす。

大きくなると中から出て、ダンゴムシは死ぬ。

土の中に潜って成虫となる。土の下3-15cmにいる。

土中で交尾をしてメスは産卵のために外に出てくる。


(他のダンゴムシの寄生虫の話はダンゴムシの病気リケッチエラ: だんだんダンゴムシに書いた。)









私に寄生した線虫

上と全然関係ない話。

昔、私もギョウチュウに寄生された。両親に最近言われた。

たくさん薬を飲まされたらしい。家族みんな飲む羽目になったと今でも愚痴られる。

Wikipediaには、蟯虫は「直接にヒトからヒトに伝播することが可能であるため、現在においても広く寄生が見られる。カイチュウ等は一旦土壌に出てから感染が行なわれるため、糞尿が野外に出る事がない現在においては感染経路が保持できず、感染率が激減しているのとは対照的である。」と書いてある。

GHQが日本産野菜がカイチュウだらけで驚いたという逸話を聞いたことがある。今でもアフリカ等にはカイチュウが多くいるらしい。

アフリカといえば、南スーダンの紛争は自衛隊が撤退してからぱったり報道されなくなってしまった。

なんだかなー日本人はスーダン人の命よりも稲田の話題の方が大事のようだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »