« ダンゴムシの病気:シヘンチュウ | トップページ | ダンゴムシの病気:重金属汚染 »

2017年8月 5日 (土)

ウオノコバン属 Nerocila

歌魚風月様からウオノコバンをいただいて時間が経ってしまった。



Imgp1131
ウオノコバンの背中

脱皮途中



ウオノコバン属 Nerocila は約50種からなる。ウオノエ科に属する。

魚の表皮にくっついて、体液を吸っている。

ダンゴムシの仲間(ワラジムシ目)である。



古くから知られ、19世紀からも多くの新種記載がある。



名前の通り、魚に寄生する。

他のウオノエに比べて、ウオノコバンはいろんな魚に寄生できるらしい。



ウオノコバンに似るウオノエ科の種類として、

ウオノギンカ属 Anilocra、ウオノドウカ属 Renocila、カイテイギンカ属 Pleopodias

他に、CreniolaAmblycephalonPlotor があるらしい。

和名は、甲殻類学会誌Cancerの山内 2016に書いてある。(カイテイギンカ属の学名にミスが?あり、Preopodias になっている)




形態のことはよくわからなかった。
Imgp1133
尾肢が独特でおもしろい。

|

« ダンゴムシの病気:シヘンチュウ | トップページ | ダンゴムシの病気:重金属汚染 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウオノコバン属 Nerocila:

« ダンゴムシの病気:シヘンチュウ | トップページ | ダンゴムシの病気:重金属汚染 »