« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月22日 (日)

フトトゲコツブムシの食事

愛媛県の海岸でコツブムシを捕まえた。

Imgp1305
ニホンコツブムシのオスだと思う。

フトトゲコツブムシでした。

腹尾節や尾肢の形で種が絞れる。


Imgp1307
オスのフトトゲコツブムシは腹尾節の中心が尖らない。



金魚のエサを食べるフトトゲコツブムシ





Imgp1308
メス

この種は、雌雄で形が違う。

オスの方が毛深くて、がっしりした体つきをしている。



ニホンコツブムシのオスは腹尾節の中心が鈍く尖る。

ニホンコツブムシは磯からよく見つかる。1500m以深の深海で見つかったこともある。



ニホンコツブムシのオスは、鳴くことが知られる。

掴むと、腹節をはじくように動かし、音を出した。

敵を脅したり、他のオスとの縄張り争いに使ったりするらしい。















関係ない話

家の周りは住宅街だが、ポツンと小さい森があった。

最近伐採されたが、土器が出てきたらしい。

縄文時代の遺跡は千葉県じゃ珍しくない。奥東京湾や印旛沼は貝塚だらけ。

千葉市が加曽利貝塚を宣伝し始めた。

加曾利貝塚にはコシビロダンゴムシがいます。(オカダンゴムシとコシビロダンゴムシの腹肢の違い: だんだんダンゴムシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

アンドリュースキクイムシをもらった

歌魚風月さんからキクイムシとキクイモドキをいただきました。

いただいた海底の材木の冷凍標本を割った。
Imgp1362
中に小さいトンネルがある。


Imgp1359
左から、キクイムシ属の一種、アンドリュースキクイムシ、キクイモドキ

3種類とも海中に沈む木材を食べる。

アンドリュースキクイムシとキクイモドキは初めて見た。



キクイムシは木材に穴を開けることができる。
Imgp1361
嘴のような顎を持っていて、木を削りとって食べている。




キクイムシ属とParalimnoria属の違い


ワラジムシ目キクイムシ亜目のうち、キクイムシ属 Limnoria Paralimnoria 属が日本にいる。

Paralimnoria 属はアンドリュースキクイムシだけが日本にいる。

尾肢の形で見分ける。
Ws000510_2
白抜きの矢印が尾肢。

ピンクの矢印が腹尾節。

頭の黒い点は眼。



アンドリュースキクイムシの尾肢外肢の先端
Imgp1342_2
Paralimnoria 属は爪が鋭い。

写真に写っていないが内肢も鋭い。



1
腹尾節の中心に2つの瘤がある特徴をもつ。



キクイムシ属の尾肢の先端
Imgp1356_2
アンドリュースキクイムシと違って鈍い。

分類は混乱しているようで種を特定できなかった。

日本のキクイムシはキクイムシLimnoria lignorumが多く記録されているが,おそらく全て間違い。


ヨコエビ目キクイモドキ科の一種


Imgp1360
キクイムシの作った穴の中に住む。

キクイモドキも木材を食べている。



木材は、こういう小さな生き物の貴重なエサになる。

港などの海底を清掃して回収されるゴミは大半が税金で焼却処分されているらしい。

木だけ分別して沖合に再投棄してくれないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

愛媛のフナムシ、ヒメフナムシ、チビヒメフナムシ

海岸にいるのが、フナムシ

森にいるのが、ヒメフナムシ、チビヒメフナムシ

フナムシ科の属、亜属: だんだんダンゴムシ

超珍しいフナムシ、チビヒメフナムシ: だんだんダンゴムシ



愛媛のフナムシ、ヒメフナムシ、チビヒメフナムシ


フナムシ三兄弟を愛媛県で取った。

Photo
左から、フナムシ Ligia exotica 、ニホンヒメフナムシ Ligidium japonicum 、イヨチビヒメフナムシ Ligidium iyoense

フナムシの大きさが圧倒的


Imgp1333
ヒメフナムシ、チビヒメフナムシを拡大


ヒメフナムシ、チビヒメフナムシは山の中、

フナムシは漁港で捕まえた。



チビヒメフナムシ


Imgp1336
イヨチビヒメフナムシは愛媛県だけにいる珍しいフナムシ

愛媛県のレッドデータブックに要注意種として載っている。


捕まえた地面
Imgp12572
大きめの砂利と、リターが積もっている。

植林されたと思われるスギが生えていた。伐採されたらいなくなりそう。



発見には苦労すると予想して、入念に準備した。

過去の記録と、今までのチビヒメフナムシの採集経験と、衛星写真で当たりをつけた。

おかげで見つけることができた。









クラウス

Imgp1243
道後温泉で、あっ、クラウスだ!と思ったら、本当にクラウス製蒸気機関車(レプリカ)だった。

日本にクラウスが輸入されてるのは知らなかった。

スチームドームが好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

日本在来のダンゴムシは山奥にいる?愛媛のコシビロダンゴムシ

愛媛県のダンゴムシ

愛媛県の山奥の集落のそばのスギ林でコシビロダンゴムシを捕まえた。
Imgp1276
コシビロダンゴムシの一種

コシビロダンゴムシがスギ林にいるのは珍しい。





「コシビロダンゴムシは山奥にいる」という噂

最近ヒアリが話題。

NHKを見てたら、日本に侵入した外来昆虫の話をやってた。

オカダンゴムシは有名な外来生物だと、取り上げられた。



記者が、

「在来種のダンゴムシは山奥にいて、外来種のダンゴムシのほうが身近です。」

と言っていた。



日本在来のダンゴムシとは、おそらくコシビロダンゴムシのこと。

ハマダンゴムシも在来だが海岸にいる。

「コシビロダンゴムシは山奥にいる」は違和感がある。



実際に探せばわかる。山奥にはあまりいない。特に本州。

いたとしても少しだけで、ワラジムシの方が数で圧倒している。

コシビロが数多くいるのは、いわゆる里山あたり。

都市部でもよく探せばいる。



コシビロダンゴムシが山奥にいない理由は、おそらく低温と開発とかだと思う。

コシビロは低温に弱く、スギ林や竹林にも少ない。

ワラジムシは低温やスギ林に強いから、山奥でもいっぱいいる。

日本中の山はスギが植林されているから、コシビロには厳しそう。




「ダンゴムシが一番陸に適応」という噂

もう一つ気になる噂は、

海に住む祖先→フナムシ→ワラジムシ→ダンゴムシと進化したから、ダンゴムシが一番陸に適応しているという話。



出現の順番はたぶん合ってる。

フナムシとハマダンゴムシは海産の種類と形が似ていて、系統関係を調べるとワラジムシがダンゴムシより基部に来るから。

(ただし、陸に上がったときフナムシの形をしていたか、ダンゴムシはワラジムシの形態をしていた種から進化したか?は化石がないのでわからない。)



陸に適応の意味が、乾燥に強いだとすると、変である。

なぜなら、ダンゴムシもワラジムシもフナムシも、種類によって乾燥耐性が違うから。

日本在来種では、コシビロダンゴムシより、ハヤシワラジムシ類の方が乾燥に強い。



世界で一番乾燥に強いのは、砂漠にいるハクタイワラジムシ科の Hemilepistus reaumuri だと思う。

砂漠にもワラジムシがいる: だんだんダンゴムシ



分布の広さも種類によって違う。

どれが一般的な種類かは答えられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »