« アンドリュースキクイムシをもらった | トップページ | 木の切り口に集まったワラジムシ »

2017年10月22日 (日)

フトトゲコツブムシの食事

愛媛県の海岸でコツブムシを捕まえた。

Imgp1305
ニホンコツブムシのオスだと思う。

フトトゲコツブムシでした。

腹尾節や尾肢の形でだいたい種が決まる。

種の見分け方は、専門用語だらけで難しい。



Imgp1307
オスのフトトゲコツブムシは腹尾節の中心が尖らない。



市販の金魚のエサをやると、バリバリ食べていた。





Imgp1308
メス

この種は、雌雄で形が違う。

オスの方が毛深くて、がっしりした体つきをしている。



ニホンコツブムシのオスは腹尾節の中心が鈍く尖る。

ニホンコツブムシは、磯からよく見つかる。1500m以深の深海で見つかったこともある。



ニホンコツブムシのオスは、鳴くことが知られる。

掴むと、腹節をはじくように動かし、音を出した。

敵を脅したり、他のオスとの縄張り争いに使ったりするらしい。














関係ない話

家の周りは住宅街だが、ポツンと小さい森があった。

最近伐採されたが、土器が出てきたらしい。

縄文時代の遺跡は千葉県じゃ珍しくない。奥東京湾や印旛沼は貝塚だらけ。

千葉市が加曽利貝塚を宣伝し始めた。

加曾利貝塚にはコシビロダンゴムシがいます。(オカダンゴムシとコシビロダンゴムシの腹肢の違い: だんだんダンゴムシ

|

« アンドリュースキクイムシをもらった | トップページ | 木の切り口に集まったワラジムシ »

海のダンゴムシ:コツブムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フトトゲコツブムシの食事:

« アンドリュースキクイムシをもらった | トップページ | 木の切り口に集まったワラジムシ »