« 愛媛のフナムシ、ヒメフナムシ、チビヒメフナムシ | トップページ | フトトゲコツブムシの食事 »

2017年10月15日 (日)

アンドリュースキクイムシをもらった

歌魚風月さんからキクイムシとキクイモドキをいただきました。

いただいた海底の材木の冷凍標本を割った。
Imgp1362
中に小さいトンネルがある。


Imgp1359
左から、キクイムシ属の一種、アンドリュースキクイムシ、キクイモドキ

3種類とも海中に沈む木材を食べる。

アンドリュースキクイムシとキクイモドキは初めて見た。



キクイムシは木材に穴を開けることができる。
Imgp1361
嘴のような顎を持っていて、木を削りとって食べている。




キクイムシ属とParalimnoria属の違い


ワラジムシ目キクイムシ亜目のうち、キクイムシ属 Limnoria Paralimnoria 属が日本にいる。

Paralimnoria 属はアンドリュースキクイムシだけが日本にいる。

尾肢の形で見分ける。
Ws000510_2
白抜きの矢印が尾肢。

ピンクの矢印が腹尾節。

頭の黒い点は眼。



アンドリュースキクイムシの尾肢外肢の先端
Imgp1342_2
Paralimnoria 属は爪が鋭い。

写真に写っていないが内肢も鋭い。



1
腹尾節の中心に2つの瘤がある特徴をもつ。



キクイムシ属の尾肢の先端
Imgp1356_2
アンドリュースキクイムシと違って鈍い。


分類は混乱しているようで、いただいたキクイムシは種を特定できなかった。

日本のキクイムシはLimnoria lignorumが多く記録されているがおそらく全て間違い。


ヨコエビ目キクイモドキ科の一種


Imgp1360
キクイムシの作った穴の中に住む。

キクイモドキも木材を食べている。



木材はこういう小さな生き物の貴重なエサになる。

港などの海底を清掃して回収されるゴミは大半が税金で焼却処分されているらしい。

木だけ分別して沖合に再投棄してくれないかな?

|

« 愛媛のフナムシ、ヒメフナムシ、チビヒメフナムシ | トップページ | フトトゲコツブムシの食事 »

海のダンゴムシ:キクイムシ」カテゴリの記事

コメント

私は大阪市立自然史博物館で外来研究員をしている有山啓之と申します。ヨコエビの分類を研究しており、昨年「ヨコエビガイドブック」を出版しました。
一つお願いがあります。実は、いつになるかわかりませんがガイドブックの改訂版を出したいと思っており、それに是非ともキクイモドキも含めたいと考えています。残念ながら私は採集したことがないので、ネットを検索したところこのブログを発見しました。標本を入手可能でしたら着払いでお送りいただけませんでしょうか。冷凍がベストですが、固定直後ならホルマリン固定でも構いません。大変厚かましいお願いで恐縮ですが、ご検討いただけましたらありがたいです。

投稿: 有山啓之 | 2023年12月 8日 (金) 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンドリュースキクイムシをもらった:

« 愛媛のフナムシ、ヒメフナムシ、チビヒメフナムシ | トップページ | フトトゲコツブムシの食事 »