« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月14日 (木)

ダンゴムシの糞が肥料になる

日本環境動物昆虫学会の第20巻にダンゴムシを使った実験が載っていた。

ダンゴムシの摂食活動が植物生産に与える正の効果


Imgp0777
ダンゴムシとダンゴムシの長方形の糞



ウキクサを水に浮かべ、1ヶ月半育てている。

ダンゴムシの糞を水に入れた時、落ち葉を入れた時、何も入れない時のウキクサの葉っぱの数の増え方を見ている。



落ち葉だけ、何もなしのときはほとんど増えないが、ダンゴムシの糞を入れるとよく増えた。

枯れ葉が分解されて、植物の栄養となる無機物がたくさん溶けだしたからだと書いてある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンゴムシの甲羅はいつも綺麗?

土の中にいてもダンゴムシはだいたい綺麗
Photo_2
ダンゴムシの甲羅に砂はついていない。


Photo
汚れ気味のダンゴムシ。ここまで汚いのは珍しい。

奥のダンゴムシはきれい。


Imgp8033
ちょっと汚い

Imgp4654
みんな汚れていない



ダンゴムシだけでなく、土壌に住む昆虫類も体が泥まみれになったりしない。Imgp0815
ハナムグリ

毛で泥をはじいている。

ダンゴムシにも非常に小さい剛毛が甲羅にある。これではじいているのかな?
Imgp9395



土を掘っていると自分の手はドロドロになるのに、ダンゴムシはそうならなくて羨ましい。




と思っていたら、土と生き物: 発狂

>…SEM用の標本を選ぶのは結構ストレスがかかる。SEMは倍率が非常に高いので、小さなゴミが付いてるとそのゴミが大きく映ってしまう。そこで、できるだけ綺麗な個体を選ぶのだが、ワラジムシ類は体表面から色々な物質を出しているようで、ゴミが付着していることが多い。…

と書いてあった。

ダンゴムシの写真を拡大してよく見ると、確かに目に見えない小さい砂はついていることは多い。




獲物の眼から逃れ、嗅覚を妨害するために、土を付けた方がいいような気もする。

甲羅が土だらけだと土壌中を動き回るのに邪魔になるから、付けない?

きれいな甲羅の保ち方が気になる。








あんまり関係ない話

ある知り合いに朝鮮系の友達がいたらしい。

その友達の実家はパチンコ店で、廃棄する台と玉をもらって遊びで打っていたらしい。




玉は洗ってあるので普通はツルツルなのだが、洗わないとだんだん錆びてくる。

ある程度錆びると、入りやすくなると言っていた。

釘に絡むから?




ダンゴムシの甲羅も泥だらけだと、あちこちに引っ掛かって動きづらいのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

夏に産まれたコシビロダンゴムシの子ども達

飼っているコシビロダンゴムシの子どもが少し大きくなった。


石川のコシビロダンゴムシ
Photo_2
今年の夏に産まれた

Imgp1410
親子?



三重のコシビロダンゴムシ
Photo_3
今年産まれた

カビの生えた葉っぱを入れたら、すぐ食べた。

コシビロダンゴムシはキノコ好き?



Imgp1424
鹿児島のコシビロダンゴムシは掃除をサボったので、ケースが糞だらけになった。

こっちも子どもが産まれていた。



石川と三重の子どもは飼育下の1世代目、鹿児島の子どもは2世代目。

今年の子どもの数は、石川と三重は10数匹以上、鹿児島は4匹。

もしかしたら鹿児島のダンゴムシは近交弱勢が起きているのかもしれない。






最近、家の近くのコシビロダンゴムシの生息地が住宅地になってしまった。ショック。






最近、ヴィレヴァンがダイオウグソクムシリュックを売り始めた。

高い。買えない…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »