« ダンゴムシの顔、ワラジムシの顔 | トップページ | 卵を抱えるダンゴムシは天敵に食べられやすい? »

2018年6月21日 (木)

ダンゴムシの標本を透明化して内臓を見る方法

ダンゴムシのカプセルトイが2018年8月に発売されるとバンダイが発表した。

買う予定。


話は変わって、ダンゴムシ(や甲殻類)の標本を透明にして、体内を可視化できるようにする技術が開発されたようです。



CUBIC

CUBICと呼ばれる、透明標本を作る方法がある。

理化学研究所で、脳を透明化して蛍光タンパク質で神経細胞の3D構造を観察する方法として開発された。

http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140418_1/



以下の研究で、ダンゴムシやカニの透明化に転用している。

Konno, A., & Okazaki, S. (2018). Aqueous-based tissue clearing in crustaceans. Zoological Letters, 4(1), 13.



ホルマリン、もしくは和光純薬株式会社の組織固定用4%パラホルムアルデヒド・りん酸緩衝液で固定して標本にする。

EDTAでカルシウムを除去し、過酸化水素で漂白。CUBICで脱色。処理途中で核を染めることもできる。

大顎と腹肢の偽気管は色付きのまま。

甲羅が完全に透明になるので、消化器官(胃の壁も)や生殖器官が観察できる。脚の筋組織も見える。

蛍光で細胞の核も見られる。



経験上、アルコールで標本を作ると、内臓は変形する。(外骨格は変わらない)

ホルマリンで固定するという点は重要かもしれない。



体内の構造を見るのは、固体化して切片を作るか、MRIやX線のCTスキャンでもできる。

|

« ダンゴムシの顔、ワラジムシの顔 | トップページ | 卵を抱えるダンゴムシは天敵に食べられやすい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンゴムシの標本を透明化して内臓を見る方法:

« ダンゴムシの顔、ワラジムシの顔 | トップページ | 卵を抱えるダンゴムシは天敵に食べられやすい? »