« 卵を抱えるダンゴムシは天敵に食べられやすい? | トップページ | オカダンゴムシは近親交配の悪影響が起きる »

2018年6月29日 (金)

ダンゴムシのメスの交尾器

オカダンゴムシのオスの交尾器とメスの生殖孔の電顕写真が、一番最後のページにある。

Fortin, M., Debenest, C., Souty‐Grosset, C., & Richard, F. J. (2018). Males prefer virgin females, even if parasitized, in the terrestrial isopod Armadillidium vulgare. Ecology and evolution, 8(6), 3341-3353.



ダンゴムシのメスの裏側
Imgp2615_2_3
第5胸節(黒枠)に生殖孔ができる。

上のリンクに、メスの第5胸節のgenitalia opening の拡大写真もある。

直径約80μmと書いてある。



論文では、オカダンゴムシの未交尾メスと既交尾メスを比較している。

オカダンゴムシのオスの交尾に使う部位(第1腹肢)の先端は棘があり、交尾後にメスの交尾器が傷つくか確かめている。

見た目では傷ついていないと書いてあった。



自分のメスの標本を見てみた。

ちょうど交尾中だった個体の第5胸節
Imgp1826
これ?




交尾

Bouchon, D., Zimmer, M., & Dittmer, J. (2016). The Terrestrial Isopod Microbiome: An All-in-One Toolbox for Animal–Microbe Interactions of Ecological Relevance. Frontiers in microbiology, 7.

FIGURE 1 (E). The pillbugs, Armadillidum vulgare during mating;

図1にオカダンゴムシの交尾の写真が載っている。



オスのアレ

Lee T, Ho S, Wilson G, Lo N (2014) Phylogeography and diversity of the terrestrial isopod Spherillo grossus (Oniscidea: Armadillidae) on the Australian East Coast. Zoological Journal of the Linnean Society, 170: 297-309.

なぜかオスの○○○カバーが載っている。

ダウンロードは有料だがSpherillo grossusで画像検索すると写真だけは見られる。

|

« 卵を抱えるダンゴムシは天敵に食べられやすい? | トップページ | オカダンゴムシは近親交配の悪影響が起きる »

オカダンゴムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンゴムシのメスの交尾器:

« 卵を抱えるダンゴムシは天敵に食べられやすい? | トップページ | オカダンゴムシは近親交配の悪影響が起きる »