« 最終氷期の後、海のワラジムシ目の数が急増している | トップページ | 神戸の街中のダンゴムシ2種、ワラジムシ5種 »

2018年7月29日 (日)

ワラジムシ、ホソワラジ、クマワラジ、オビワラジの見分け方

日本ではダンゴムシと一緒にワラジムシがよくいる。
Imgp6952
ワラジムシ


日本で有名な外来種のワラジムシはこの5種

ワラジムシ
クマワラジムシ
オビワラジムシ
ホソワラジムシ
ヘリジロワラジムシ(チョビヒゲワラジムシ)


5種ともヨーロッパや北アフリカ由来の外来種。

ワラジムシは東日本に多く、ホソワラジムシとクマワラジムシは西日本に多い気がする。

ヘリジロワラジムシは侵入口となる港に多い。

オビワラジムシは珍しい。


住宅街の緑地に多い。(オビワラジムシだけちょっと違う印象)

wikipediaのワラジムシ亜目にホンワラジムシ Oniscus asellus が「全国に広く分布している」と書かれているが、実際は日本からの記録がないので間違い。ホソワラジムシの誤記だと思われる。


ワラジムシやホソワラジムシは飼いやすいらしい。

ホソワラジムシはエサとしてレプタイル系のペットショップで売ってることもある。

白化型やオレンジなどの美しい色のワラジムシやホソワラジムシもしばしば売られている。(私はこの手の販売品の魅力があまりよくわからない。自然にいるワラジムシこそ至高であり、それを自分で捕まえに行くのが楽しいと思っている。)



外来ワラジムシ5種の特徴


この5種と他の日本産ワラジムシの違いは、腹肢の白い部分(偽気管、白体)の数である。

2_2
矢印が偽気管

5種は偽気管が2対あることで他と区別できる。

他の外来種ナガワラジムシは0対、日本在来のワラジムシは0対か5対。


追記

ヘリジロワラジムシを完全に失念しておった。

偽気管が2対ある外来種ワラジムシは他にヘリジロワラジムシがいる。

このページの一番下に追記する。



外来ワラジムシ4種の同定


この種類は肉眼で見分けられる


ワラジムシ Porcellio scaber
Imgp2475
体形がスマート

Imgp1036
(場合によっては幅広だけど…)

Photo_2

腹尾節の後端(黄色)が尖る

尾肢外肢(緑)が体の割にあまり長くない

甲羅がゴツゴツ

体色は灰色が多いが、黄色や茶色、オレンジのこともある



クマワラジムシ Porcellio laevis
Imgp1935

メス(上)、オス(下)

体型がずんぐり。体の大きさは4種の中で最大

腹尾節の後端が尖る

尾肢が長くて鋭い

甲羅がテカテカのツルツル

色は、濃い灰色(+薄っすら茶色がかることがある)~黒



オビワラジムシ Porcellio dilatatus
Imgp2943
左がオビワラジムシ、右は在来種のハヤシワラジムシ科の仲間。

体型が4種の中で一番ずんぐり

腹尾節の後端が円い(微妙に尖る印象の個体もあり)
Imgp2945_20210614202001

尾肢が短い

甲羅はテカテカだがゴツゴツ

色は明るい灰色~茶色



ホソワラジムシ Porcellionides pruinosus
Photo_2
体型がスマート。足がはやい

甲羅に粉がふいているように見えることがある

色は白~明るい灰色、ほんのり赤味やオレンジ味を帯びることがある

触角が黒白のしましま(第4節と第5節の末端側に白い部分がある)



メモ

ワラジムシやホソワラジムシは体型がスマートだが性的二型があり、大人のメスは若干オスより幅広になる。成長によっても幅広になる。

Ismail TG. 2021. Seasonal shape variations, ontogenetic shape changes, and sexual dimorphism in a population of land isopod Porcellionides pruinosus: a geometric morphometric study. The Journal of Basic and Applied Zoology, 82(1), 1-15.


ホソワラジムシには隠蔽種があるため、ホソワラジムシ種群 Porcillionides pruinosus complex と呼ぶことがある。形態的に同じだが遺伝的に違う隠蔽種どうしでは交尾が起きないので完全に別種である。

Lefebvre F., Marcadé I. 2005 New insights in the Porcellionides pruinosus complex (Isopoda, Oniscidea): biological, behavioural, and morphological approaches. Crustaceana, 465-480.



Porcellio属とPorcellionides属の違い


第1~4胸節の後方側面が、Porcellionides属は円い。
Imgp2863
ホソワラジムシ


Porcellio属は外へ張り出し、尖る。
Imgp2942_20210614203301
オビワラジムシ




ヘリジロワラジムシ(チョビヒゲワラジムシ)Agabiformius lentus


Imgp0067

兵庫県の甲子園や神奈川県横浜市、沖縄県久高島などに侵入している。

地中海原産(模式産地アルジェリア)の外来種で、アジア、中東、アメリカ大陸などにも侵入している。

Schmalfuss H. 2000 The terrestrial isopods (Oniscidea) of Greece. 20th contribution: genus Leptotrichus (Porcellionidae). Stuttgarter Beiträge zur Naturkunde Serie A 618: 1–64.


ヘリジロワラジムシ Porcellio fuscatusモンツキワラジムシ Leptotrichus kudakaensis、チョビヒゲワラジムシ Leptotrichus chobihigeはシノニムである。

Iwamoto 1943の使用した和名であるヘリジロワラジムシが引き継がれているようである。


他の4種のワラジムシ科と比較して、頭部の眼の出っ張りが大きく、色も明るい傾向があるが個体差が激しい。

まるで別種だと勘違いさせられるほどなので、シノニムが極めて多い。

https://www.bmig.org.uk/species/agabiformius-lentus




日本のワラジムシ科Porcellionidae
┣ワラジムシ属 Porcellio
┃ ┣ワラジムシ Porcellio scaber
┃ ┣クマワラジムシ Porcellio laevis
┃ ┗オビワラジムシ Porcellio dilatatus

┣ホソワラジムシ属 Porcellionides
┃ ┗ホソワラジムシ Porcellionides pruinosus

┗チョビヒゲワラジムシ属 Agabiformius
  ┗ヘリジロワラジムシ Agabiformius lentus

 

|

« 最終氷期の後、海のワラジムシ目の数が急増している | トップページ | 神戸の街中のダンゴムシ2種、ワラジムシ5種 »

外来種のワラジムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワラジムシ、ホソワラジ、クマワラジ、オビワラジの見分け方:

« 最終氷期の後、海のワラジムシ目の数が急増している | トップページ | 神戸の街中のダンゴムシ2種、ワラジムシ5種 »