« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

水中で暮らすワラジムシ、陸上で暮らすミズムシ

ワラジムシ目(等脚類)のうち、ミズムシやスナホリムシなど、多くの種類が水の中にいる。

しかし、ダンゴムシ、ワラジムシ、フナムシを含めたワラジムシ亜目は全て陸にいる。



水中生活に戻ったワラジムシ

Williams, W. D. (1983). On the ecology of Haloniscus searlei (Isopoda, Oniscoidea), an inhabitant of Australian salt lakes. Hydrobiologia, 105(1), 137-142.

陸生のはずのワラジムシに、例外的に水生のものがいる。

オーストラリアの塩分濃度の高い湖に Haloniscus searlei が住んでいる。



塩分耐性が強く、<1‰~159‰(海水は35‰)まで生きられ、血リンパの濃度も維持できる。

生息場所は浅く、水深4mまでで、最深でも14m。



オーストラリア大陸に散らばる地底湖に点々と分布する。

陸上生活のワラジムシが、水生に進化したと考えられている。




陸上に暮らすミズムシ

Yamaki,  A.,  Shimomura,  M.,  Watanabe,  H.,  Karube,  H.,  & Kishimoto, T., 2011. Asellote isopods (Crustacea: Isopoda) from soil habitat in southern Japan. Proceedings of the  8th  International  Symposium  of  Terrestrial  Isopod Biology ISTIB, Bled, Slovenia, 117–118.

ミズムシ亜目はほとんど水生だが、例外的に1種だけ陸生の可能性がある種がいる。

南硫黄島の土壌に暮らすミズムシ Asellus sp. である。

採集記録が2007年の1度だけで、生態は不明。



ダンゴムシ、ワラジムシ、フナムシ以外で陸上に暮らす等脚類は、このミズムシだけである。

もし事実なら、進化学的に大発見であり、今後の調査に期待したい。



ワラジムシ目が陸上に上がったのは、南硫黄島のミズムシを除けば、一回だけで、そこからダンゴムシやワラジムシが進化したとされている。



科博の昆虫展に行った。
Imgp2134
ダンゴムシいた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

ダンゴムシガチャの改良

ダンゴムシのガチャの問題の胸脚の位置を修正した。


未改造
Imgp2062_2


改造後
Imgp2074

第1胸節に穴を開け、脚を一つずつ前にずらした。

第4胸脚~第7胸脚は左右の脚を交換した。




本物
Imgp1116
第1胸節から脚が生えている。

第4~第7胸脚は、上から見ると基節が見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

ダンゴムシのガチャを検証した(後編)

前のページの続き。


胸節 ○

Imgp2091

Imgp2399
節ごとに形が違うが、ガチャも本物の通りに形を変えている。


Imgp2119

Imgp2105_2
腹側の表面構造も真似ている。

noduli laterales on pereonite I and II of Armadillidium vulgare
Imgp2098
甲羅には棘があるが、ガチャには反映されていなかった。



腹節 ◎

Imgp2077

Imgp70332
節の形がほぼ再現されている。



腹尾節・尾肢 ◎

Imgp2065

Imgp70332
オカダンゴムシとほぼ同じ形をしている。

腹尾節の形が、扇型。



他のダンゴムシと比べると、ガチャはオカダンゴムシをモデルにしていることがよくわかる。

ハナダカダンゴムシ
Imgp6993

タテジマコシビロダンゴムシ
Imgp2320






(以下、ひわいな話を含む。)


腹肢 ?

Imgp2078
ガチャには、腹部に突起がある。

丸くするとき、頭部に引っ掛けるパーツ。

Imgp2112
メスには突起がない。

Imgp2113
オスには第1腹肢内肢と呼ばれる突起物があり、これを真似ているのかもしれない。


しかし、通常は倒れていて、ガチャのようになっていない。
Imgp2118


交尾のとき、立ち上がり、ガチャのようになる。
Imgp2117
手元の標本で交尾時を再現。

この突起は、人間でいうチ○コの役割がある。



科学的な考察の末、ダンゴムシガチャのモデルは、ぼっきしただんごむし(♂)説を唱えるに至った。



バンダイさん、ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンゴムシのガチャを検証した(前編)

ダンゴムシのガシャポンを東京駅でサンプリングした。

ダンゴムシの形をしているか確かめた。



結論から書くと、精巧にできており、オカダンゴムシそのものだった。

開発者はオカダンゴムシの図鑑を見て作ったらしいが、想像以上の完成度。

少し本物と違う所もあるが買う価値があった。




仮説:バンダイが発売したダンゴムシのカプセルトイのモデルは、オカダンゴムシ Armadillidium vulgare である。

検証方法:購入したダンゴムシのカプセルトイのパーツの形が、家の庭で採集したオカダンゴムシの形と同じかをチェックする。



体節の数 ◎

Imgp2073

We
頭胸部1節+胸部7節+腹部5節+腹尾節1節


丸くなるか ◎

Imgp2068

Imgp2560_2
丸くなる

節の重なり方もほぼ完璧。


触角 ○

Imgp2071

Imgp2102
鞭節2節+柄節5節

ガチャは柄節が1節少ない。

節の長さ、太さ、形は、本物に近い。


Imgp2083

Imgp2107
第1触角(矢印)が再現されていなかった。

逆三角形の頭楯や、丸まったとき触角をしまう溝は模られている。



 ○

Imgp2061

Imgp1565
左右に扁平で、縁に眼がある。

実際の眼は複眼だが、ガチャは単眼のように作られている


Imgp2067

1
丸くなったとき、オカダンゴムシは頭とお尻の間に隙間をつくる。コシビロダンゴムシは隙間がない。

オカダンゴムシの特徴である隙間が再現されている。



Imgp2132

Imgp2123
口はデフォルメされている。



胸脚 △

Imgp2062

Imgp2615
7対14本

ガチャの生えている位置が後ろにずれ、

第1胸節に胸脚がなく、腹節から第7胸脚が生えている。

ガチャの最大の問題点だが、製作上、仕方がなかったのかもしれない。



第1胸脚
Imgp2133

Imgp2128
実際の脚の先端は二叉に見える。

脚には全体的に毛が生えるが、細い構造は再現していない。

胸脚の形を少しずつ変えている。実物同様、第7胸脚は少し大きく作られている。



次のページへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

小さいコシビロダンゴムシが卵を持っていた

ダンゴムシのガチャが発売された。売り切れていて買えなかった。

9月中に再出荷されるらしい。



コシビロダンゴムシを捕まえた。

Imgp1970
親の体の幅ぐらいの赤ちゃんが丸まって入っている。

このコシビロダンゴムシはまだ小さい。
Imgp1963
5匹ぐらい抱えていた。





セスジスズメの幼虫
Imgp1955
地面を歩いて、草を食べ回っていた。



スズメガの幼虫の力は強い。

イモムシ・ケムシの護身術

ここによると、襲ってきたオサムシに怪我を負わせるほどらしい。



毛虫の毛、ミノムシの蓑も身を守るためで、このサイトを読み、証明済みであることを知った。

ダンゴムシも毛がある種類がいて、これも護身用かもしれない。

甲羅にとげがあるダンゴムシ: だんだんダンゴムシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »