« 2019年9月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月28日 (火)

銚子でヘラムシを捕まえた

銚子の海に行ってきた。

カラフルなヘラムシがいた。
Imgp2731
名前なんだっけ


Imgp2720
スナホリムシ

飼っていたら子供(右上)が生まれた。


Imgp2723
尾肢


Imgp2741
同じ親から生まれた子供なのに色が違う。


シオフキ?
Imgp2708


クーマ?
Imgp2745

Imgp2758
等脚以外はさっぱりわからないがクーマ目だろうか?



wikipediaのクーマ目のページを見たら、等脚目に近いとある。

ちなみにwikipediaのダンゴムシのページは内容が貧弱で体系的でなくミスもある。

クーマ目の方がきちんとしてるってどういうことなの。

興味がない人が最初に見るであろうサイトなので、誰か加筆して欲しい。



ヨコエビのページは充実している。

ただ、書いた人がたぶん堅気じゃないから逆に読みにくい。

専門用語や小難しい単語が多くて、これはこれでどうかと思う。

| | コメント (0)

2020年7月24日 (金)

オオグソクムシとダイオウグソクムシの食べ物

メキシコ湾のダイオウグソクムシ

ダイオウグソクムシとは大西洋、インド洋、南シナ海(台湾沖とあるが東沙諸島)などの深海300~2000mで見つかる世界最大のダンゴムシ

Barradas-Ortiz, C., Briones-Fourzán, P., & Lozano-Álvarez, E. (2003). Seasonal reproduction and feeding ecology of giant isopods Bathynomus giganteus from the continental slope of the Yucatan peninsula. Deep Sea Research Part I: Oceanographic Research Papers, 50(4), 495-513.

メキシコ湾からトラップと底引き網で数百匹捕まえている。


オスは210mm以上、メスは180mm以上の体長で成熟する。

300mm以上は全てオス。性比はだいたい1対1。

夏だけappendix masculinaを持つ頻度が下がるので、ダイオウグソクムシのオスのアソコは生えたり消えたりするとしている。



夏も冬も、子どもも大人も、胃の中から出て来るのは半分以上が魚で、残りも甲殻類、頭足類(だいたいイカ)がほとんど。

甲殻類はエビ、ヨコエビ、シャコ、等脚類(スナホリムシ等)など。共食いもあり。

他には有孔虫、海綿、アニサキス、ゴカイ、腹足類、ツノガイ、コケムシ、サンゴ、そしてsoft matterという消化物が見つかる。



wikipediaにはクジラを食べるとあり、youtubeにはワニ肉を食べるとある。



オオグソクムシ

ダイオウグソクムシより小さいが、100mmを超える日本最大のダンゴムシ

Imgp4762

Shih, C. T. (1972). Note on the giant isopod genus Bathynomus Milne Edwards, 1879 with description of a new species.

消化管の内容物は、放散虫、魚、ソコミジンコと書いてある。


水族館のオオグソクムシはサバがエサらしい。


オオグソクムシが繁殖するには体長50mm(♂)88mm(♀)以上になる必要がある。

Soong, K., & Mok, H. K. (1994). Size and maturity stage observations of the deep-sea isopod Bathynomus doederleini Ortmann, 1894 (Flabellifera: Cirolanidae), in eastern Taiwan. Journal of Crustacean Biology, 14(1), 72-79.



ダイオウグソクムシもオオグソクムシも純粋な肉食のようだ。

ウオノエ亜目はだいたい肉食。

深海底に落ちる有機物の由来は、動物かそれ以外、陸か海、どっちが多いの?







ウオノエ亜目の画像を探していたら、ウオノエの炊き込みご飯を食べたという記事を見た。

可愛くて美味しい寄生虫『ウオノエ』 醤油味の炊き込みご飯は絶品?

>加熱により素晴らしい出汁が出て

>メスが抱卵している場合は味がより一層良く

と書いてある。食べてみたい。

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

カマキリはダンゴムシを食べない

庭でダンゴムシを見ていたらハラビロカマキリの子供がいた。
Imgp2717
アカイエカをやったら食べた。

ジョロウグモの子供もセスジスズメの幼虫も食べた。

ハサミムシははさみを潰したら食べる。


しかし
ダンゴムシは食べない。

オカトビムシもある程度齧って捨てる。

ダンゴムシはエサにしていないかもしれない。



水道メーターの蓋を開けたらオカダンゴムシだらけだった。
Imgp2768
天敵がいないのかも。


ダンゴムシを探すと昔はいなかったコウガイビルを見るようになった。
Imgp2616
ダンゴムシを食べるのだろうか。





どうでもいい話

GIMPを使ったスケッチの書き方。上の論文を見たら、論文の中で等脚類の線画の作り方を教える論文を見た。

Montesanto G (2015) A fast GNU method to draw accurate scientific illustrations for taxonomy. In: Taiti S, Hornung E, Štrus J, Bouchon D (Eds) Trends in Terrestrial Isopod Biology. ZooKeys 515: 191–206.

鉛筆で書いたスケッチ(もしくは深度合成した写真)を、フリーソフトのGIMPを使って、科学論文に投稿するためのダンゴムシのイラストにする内容。GIMPをインストール。Toolbox、Layers、Tool Optionsだけ表示。スケッチや写真の300dpiのPDFを取り込む。白背景の新しいレイヤーを作り、opacityを60-80に。もう一つ新しいレイヤーを作り、Layer Fill Typeをtransparencyに。Paintbrush Toolを選び、Tool OptionsでBrush、Hardness 075、Sizeは3-5 points。角や交点から始める。クリックし、シフトキーを押しながら、マウスで線をなぞる。適度なところでもう一度クリックして止める。スペースキーを押してマウスを動かして線画をなぞる。細かい所はsizeを変える。破線はPath toolをスケッチに沿って数回クリックし、Stroke pathを選び、Line styleはCap styleに、Dash presetはMedium dashedに。

どうでもいい話2

海外の英語やイタリア語のダンゴムシの本を読むとWCSについて書いてあるのだが、日本語だと一切資料がない。最近はググれば何でも出て来るような気持ちになるが、ダンゴムシの話題は少なくて、検索ワードを変えるレベルですらなくて困る。

そういえば「保健所不要論」なるものが過去にあり保健所の能力が大幅に削減されたと聞いてググったが何もわからなかった。(雑な陰謀論だけが引っ掛かった)これは検索ワードを「保健所 必置」に変えて、昔の朝日新聞も見て辛うじてわかった。平成初期に盛り上がったこと、感染症(特に結核)の減少で必要性が薄れたことを理由に他の部署(重視され始めた高齢者福祉の部署)と統合して効率化(つまり廃止)しようとしたこと、議論の際(食中毒など既知の局所的な感染症は考慮されたが)国家レベルの政策が要求される新型コロナのような感染症は考慮されなかったこと、政治家や一部の学者や朝日新聞は賛成し医師は反対したこと、実際に予算と数が大幅に減らされたことなど…

保健所ができる前の昭和初期以前は公衆衛生を警察が担っていて、衛生警察の設置が提案されたこともあったらしい。そもそもこの時代は国家が国民の福祉の充実を継続的に目指す政策が珍しかったらしい。ネットのなかった時代の出来事を知るのも意外と難しい。防疫を担当していた大分県の警察官が何人も殉職した1926年の記録を見つけた。大分縣警官遭難殉職録https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3460210/10

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

Stegosauroniscusの写真

すごく昔に棘があるダンゴムシについて書いた。

甲羅にとげがあるダンゴムシ: だんだんダンゴムシ

>Stegosauroniscus horridus :これが一番すごい。本当にステゴサウルスみたいな甲羅をしてる。リンク先の33ページにある。
1
>Schmolzer, K. (1974): Landisopoden aus Zentral - und Ostafrika (Isopoda, Oniscoidea). Sitzungsberichte Osterreichische Akademie der Wissenschaften. 182: 147-200.

と書いたわけだが、写真がなく、どんなダンゴムシなのか気になっていた。

ネットの海を漂っていたら見つけた。


Accademia Nazionale Italiana di Entomologiaイタリア国立昆虫学アカデミーなる組織の出版物。イタリア語でよくわからない。

http://www.accademiaentomologia.it/pdf/Monografie/Monografia_XXX.pdf

PDFが重たすぎる。


Stegosauroniscus horridusの写真が表紙に飾られている。
Ws000619
思ったよりいかつい。

名付けるなら、ステゴサウルスダンゴムシ、かな。





最近更新してない。

ココログの仕様が変わって使いにくい。

| | コメント (2)

« 2019年9月 | トップページ | 2020年8月 »