« ナガワラジムシの一家? | トップページ | ダンゴムシは頻尿 »

2020年9月30日 (水)

ハヤシワラジムシ科とハクタイワラジムシ科の違い

外来種のワラジムシの白体(偽気管)は腹肢に2対ある。

日本在来のワラジムシは5対ある、もしくは偽気管がない。
Imgp71852

5対ある在来ワラジは、ハヤシワラジムシ科とハクタイワラジムシ科に分けられる。

ハヤシワラジムシ科とハクタイワラジムシ科は偽気管の構造が違う。



ハヤシワラジムシ科Agnaridaeの偽気管


ハヤシワラジムシ科は、偽気管が腹肢に5対(Agnara、Hemilepistusなど)または3対(Orthometoponなど)あり、枝分かれする偽気管が腹肢の外側の側面の縁で1つの管となって開口する、という特徴で定義づけられている。

Ferrara F, Argano R. 1989. Terrestrial isopods from Sri Lanka, V: trachelipidae and Porcellionidae (Crustacea). Rev Suisse Zool. 96:219–229.

ワラジムシ科Porcellionidaeはこのタイプの偽気管を腹肢に2対持つ科である。


日本全体にいる。

千葉県の森で採ったヒナワラジムシ属 Agnara?
Photo_20200824181201



1_20200824181201
第1腹肢外肢

Imgp2802
細かい網目の外側に1つの穴がある。



ハクタイワラジムシ科Trachelipodidaeの偽気管


ハクタイワラジムシ科は、偽気管があまり覆われておらず、スポンジ状の部分が露出していることで区別される。原始的な形質と言われる。

日本では沖縄県と東京都の小笠原諸島にいる。

国頭郡で採ったハクタイワラジムシ科
Imgp7617


3
第3腹肢外肢


Imgp2805
スポンジのような網目があるだけ。



ハクタイワラジムシ科とハヤシワラジムシ科の腹肢の違いのイメージ
1_20200910150501
わかりにくい









どうでもいい話

ウオノエの研究者が作ったと思われるサイトを見つけた。

ウオノエおるおるhttps://uonoe-oluolu.wixsite.com/index/blankという図鑑。

まだ種数が少ないが、今後増やしていくらしい。



千葉県のナラ枯れ

鴨川に行ったら夏なのに山の木々が茶色くなっていた。

Imgp2822
緑は生きた木、茶色は今年枯れた木、灰色は去年以前に枯れた木。


鴨川周辺ではブナ科のナラ枯れで多くのマテバシイが枯死しているらしい。

2、3年前に行ったときはこうではなかった。

ここ数年、マテバシイの純林で大規模に発生しているらしい。


Imgp2823
生きた木は幹から樹液が浸み出ている。


Imgp2824
樹液が出る穴


Imgp2825
見渡す限り全てのマテバシイが、根本をフラスと思しき木くずで覆われていて、健全木は発見できなかった。

マテバシイを皆伐して、ブナ科以外の木を植えるしかなさそう。



ナラ枯れの犯人はワラジムシ目でない、昆虫の方のキクイムシ。

これはワラジムシ目のキクイムシ。
Photo_20200910141901

 

|

« ナガワラジムシの一家? | トップページ | ダンゴムシは頻尿 »

在来種のワラジムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナガワラジムシの一家? | トップページ | ダンゴムシは頻尿 »