« ダンゴムシの病気:寄生する線虫、ヤドリバエ | トップページ | ダイバーを襲うウオノシラミ属 »

2021年9月14日 (火)

単為生殖のダンゴムシ、ワラジムシ

単為生殖種の一覧

ほとんどのダンゴムシやワラジムシは雌雄があり、単為生殖は珍しい。


単為生殖をするワラジムシ


Trichorhina tomentosa (Budde-Lund, 1893)

シロワラジムシ、シロホソワラジムシとして出回るが正式な和名ではないようだ。

メスのみ。オスは知られていない。

色は白く、複眼は個眼1つ。

原産地はアマゾンなどの熱帯アメリカだが、世界中の熱帯や温室に侵入している。


Platyarthrus aiasensis
Legrand, 1954
1
↓の論文の画像

Montesanto, G., Caruso, D., & Lombardo, B. M. (2008). Genetic variability in parthenogenetic and amphigonic populations of Platyarthrus aiasensis Legrand from Sicily (Isopoda, Oniscidea). In Proceedings of the International Symposium of Terrestrial Isopod Biology (Vol. 7, pp. 59-67).

オカメワラジムシ科。

メスのみの単為生殖の集団とオスがいる両性生殖の集団あり。


Trichoniscus pusillus Brandt, 1833

CHRISTENSEN, B. (1983). Genetic variation in coexisting sexual diploid and parthenogenetic triploid Trichoniscus pusillus (Isopoda, Crustacea). Hereditas, 98(2), 201-207.

イギリスなどヨーロッパ原産。アメリカなどにも拡大している。

この種も両性生殖と単為生殖があり、倍数性は前者は2n、後者は3nである。


Ocelloscia floridiana (Van Name, 1940)

Johnson, C. (1986). Parthenogenetic reproduction in the philosciid isopod, Ocelloscia floridana (Van Name, 1940). Crustaceana, 51(2), 123-132.


Nagurus cristatus (Dollfus, 1889)
Nagurus modestus


ここまで単為生殖だと確認されている


このあたりも単為生殖かも
Stenoniscus pleonalis Aubert & Dollfus, 1890
Trichoniscus coelebs



単為生殖するかもしれないダンゴムシ

Armadillidium virgo Caruso & Bouchon, 2011

イタリアのシシリー島の洞窟だけにいるオカダンゴムシ属の一種。

色が白い。

メスのみが大量に見つかるため、単為生殖かもしれないらしい。

1
Caruso, D., & Bouchon, D. (2011). Armadillidium virgo n. sp. from caves in southeastern Sicily: Is it a parthenogenetic species?(Crustacea, Isopoda, Oniscidea). Italian Journal of Zoology, 78(1), 96-100.

|

« ダンゴムシの病気:寄生する線虫、ヤドリバエ | トップページ | ダイバーを襲うウオノシラミ属 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダンゴムシの病気:寄生する線虫、ヤドリバエ | トップページ | ダイバーを襲うウオノシラミ属 »