« 陸にもいるイタリアのハマダンゴムシ | トップページ | ハマ、ハマベ、ミギワ、シオサイ、ウシオ、ウミベ »

2022年10月 3日 (月)

跳ねるワラジムシを見てみたい

ワラジムシ亜目はSchmalfuss(1984)などで生態のタイプが分けられている。

Clinger:動きが鈍く、幅広の体型(Oniscus属など)
Runner:動きが早く、細い体型(ヒメフナムシ属など)
Roller:体を丸められる(オカダンゴムシ科、コシビロダンゴムシ科など)
など


RunnerにはJumperというタイプを加わえることがある。

Ischioscia属やBurmoniscus属の一部はヨコエビのように飛び跳ねる。

トビムシのように尾を叩きつけることで、種類によっては20cmも跳躍するらしい。

捕食者から逃れるためと書いてあった。


写真が楽しい
Tuf IH, Ďurajková B (2022) Antipredatory strategies of terrestrial isopods. In: De Smedt P, Taiti S, Sfenthourakis S, Campos-Filho IS (Eds) Facets of terrestrial isopod biology. ZooKeys 1101: 109-129.

|

« 陸にもいるイタリアのハマダンゴムシ | トップページ | ハマ、ハマベ、ミギワ、シオサイ、ウシオ、ウミベ »

コメント

採集する時に跳んだのを見た事ありますね
スコップで土ごとすくって、容器に飛び跳ねて入るように誘導してました

投稿: へまとん | 2022年10月29日 (土) 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陸にもいるイタリアのハマダンゴムシ | トップページ | ハマ、ハマベ、ミギワ、シオサイ、ウシオ、ウミベ »