カテゴリー「青いダンゴムシ」の4件の記事

2018年11月 4日 (日)

探偵ナイトスクープ

今週の探偵ナイトスクープで、青いダンゴムシについて取り上げた。


Imgp1822
青いダンゴムシ


http://isopoda.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2018/09/18/imgp2068.jpg
きっかけの青いダンゴムシガチャ




青いダンゴムシは珍しいが、ちゃんと見つけていた。

兵庫の博物館が展示を始めた。

探偵!ナイトスクープに登場-青いダンゴムシ(ひとはくblog)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

また青いダンゴムシを見つけた

ダンゴムシがかかる病原体の一つにイリドウイルスがある。

青いダンゴムシ: だんだんダンゴムシ

これに感染すると、体が青く変色する。



千葉県香取市で青いダンゴムシを見た。

Imgp1819
微妙に左のオカダンゴムシが青い。右は健康。



何日か飼育したら、さらに青くなった。
Imgp1823



数百匹ぐらい見たが、これ1匹だけだった。



青いダンゴムシは全国で見られるが、

珍しい病気で、なかなか見つけられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

東京大学の青いダンゴムシ

ダンゴムシにも病気があり、イリドウイルスに感染することがある。

発症すると、体が青くなる。

体内にウイルスが溜まると、ウイルスの結晶構造が青い光だけを反射するから、と言われる。


Ws000327
発症したニホンタマワラジムシ Alloniscus balssi

病気が進行すると、見た目が青くなって死ぬ。



ある人から、茨城県のある林にいると聞いた。

実際、探すとすぐ見つかった。

発症すると必ず死ぬ病気だけど、ダンゴムシやワラジムシはいっぱいいる。



イリドウイルスがいるのは、ダンゴムシの密度が極めて高い地域だけ。



おそらく、ほぼすべてのダンゴムシ、ワラジムシ、フナムシが感染すると思われる。

人には感染しないらしい。触っても大丈夫かな。



北海道から沖縄まで、全国で見られる。以下のサイトが詳しかった。

青色ダンゴムシ情報




東京大学の本郷キャンパスの青いオカダンゴムシ

東大で、ダンゴムシを探した。

Photo
1匹だけ青いオカダンゴムシ Armadillidium vulgare がいた。



Photo_2
コシビロダンゴムシまで青くなっていた。



東京都心でもイリドウイルスがいる。

過去のイリドウイルスの報告の中に、新宿や目黒区も入っている。

Karasawa, S., Takatsuka, J., & Kato, J. (2012). Report on iridovirus IIV-31 (Iridoviridae, Iridovirus) infecting terrestrial isopods (Isopoda, Oniscidea) in Japan. Crustaceana, 85(10), 1269-1278.



詳しい話は↓

電車の広告にダンゴムシのイリドウイルスの話があった。: だんだんダンゴムシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月27日 (土)

電車の広告にダンゴムシのイリドウイルスの話があった。

電車の日能研の額面広告にイリドウイルス Iridovirus と青いダンゴムシの話があった。

Imgp82342
日能研の広告



「ダンゴムシは、ある種類のウイルス(イリドウイルスの一種)に感染すると、体の色が青くなる…」

イリドウイルスはダンゴムシに死をもたらす病原体。

感染したダンゴムシを青くする性質がある。

感染後、だんだんと青くなっていく。

末期症状として、甲羅の細胞内にウイルスが結晶化して、それが青く見えている(詳しくは後述の論文を読んで下さい)。



※ダンゴムシの血液は青い色素ヘモシアニンを含むが、ほとんど透明。



千葉県のヒメフナムシで見た。

Photo
青いフナムシ(左)。右下は正常な茶色。

感染ダンゴムシは美しい。

ダンゴムシ、ワラジムシ、フナムシを青くできる。



Photo
少し青いオカダンゴムシ

青くなり始めは、微妙に残念な色合い。



時間が経つにつれ青味が強くなり、肉眼でもはっきりするほど青くなったら死ぬ。

稀に長生きすると聞いた。



新宿など東京でも青いダンゴムシが見られる。

東京大学の青いダンゴムシ: だんだんダンゴムシ

見つかった場所をまとめているサイト→青色ダンゴムシ・ワラジムシ情報



イリドウイルスは日本中、世界中に分布するが、青いダンゴムシを見つけるのは非常に難しい。

私も見つけるのは1年に1回ぐらい。




「普通のダンゴムシは暗いところに隠れる習性がありますが、青いダンゴムシは明るいところに出てきやすくなります。」

聞いた話によると、実験したら青いダンゴムシは嫌いな明るさを気にしなくなったらしい。

しかし自然環境下でもそうなのか不明。



「このような体の色や習性の変化が感染したウイルスにとってはどのような利点があると考えられますか。簡単に説明しなさい」



解答、解説

「感染後の色と行動は、感染ダンゴムシを目立たせる。

目立つと鳥などに捕食されやすくなる。

ウイルスはふんに混ざり、再び外に出て、近くのダンゴムシに感染する。

捕食者を介した他のダンゴムシへの感染が起きやすくなり、ウイルスは仲間を増やせる。」



断定口調だが、これ本当?

日本や海外の文献をかなり探したが、ソースが見つからない。

先生に聞いたところ、確かめた人はいないようだ。



そもそも鳥はダンゴムシを食べるのか?

スズメはあまりダンゴムシを好まないと聞く。



他にダンゴムシを食べる生き物は、カエル、サンショウウオ、ムカデ、ハサミムシ、ゴミムシ、、、ってだいたい夜行性で目も良くない。

Photo_2
ダンゴムシの天敵ゴミムシ

色で目立って捕食者を利用できるのかな?



色の利点が「目立つ」こととあるが、色の理由はいろいろある。

ダンゴムシを弱らせる太陽光を反射するために、ウイルスは体色を青くしているとか…

ダンゴムシ以外でも感染で青くなるらしいので、色に何の意味もない可能性も?

青さの機能は証明されていないので、気になる。




イリドウイルスの形

イリドウイルスの結晶構造や感染ダンゴムシの病状について調べた研究がある。

Iridovirus infection in terrestrial isopods from Sicily (Italy), Tissue and Cell, 2013

リンク先に、青いオカダンゴムシやワラジムシの写真や、ウイルスの断面、結晶構造のイメージが載っている。



電顕写真の結果から、ウイルスは正20面体ではないかと書いてある。
5
イリドウイルスのイメージ

なんかすごくウイルスだ。



イタリア、日本、アメリカのウイルスの配列がほぼ一致している。(イリドウイルスは外来種?or 鳥を使って大移動してる?)

ウイルスは母子感染しないらしい。

日本でダンゴムシ研究をしている唐沢教授(福岡教育大学鳥取大学)の論文も引用されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)